── 表現の自由を語ろう ──

第3回  少しでも隙間を作っていく── 表現者の想像力



第3回は、作家の赤川次郎さんをゲストにお迎えし、劇作家の永井愛と、今の時代について思うことを語り合いました。橋下大阪市長の文楽発言から、ジャーナリズムのこと、憲法を変えようとする流れや原発のこと、そして、学校で起こっていることなどなど…
さまざまな「どうすればいいんだろうか」を、作家の視点からしなやかに考え、これからの作品作りにもひろがる話となりました。




  2013年7月30日
  場所:劇団俳優座


Index

表現者の社会的・政治的発言
 >> 赤川さんが朝日新聞に投書した
 >> リベラルな考え方はワンフレーズではできない
 >> 日本人って想像力ないのかな?

選挙後の政治の動き
 >> ジャーナリズムの役割
 >> 日本は外圧に弱い
 >> 弱者を助ける思想であったはずなのに

想像力の問題
 >> 近代史を教えられていない
 >>「もっと忘れて、忘れて」
 >> 自分たちで自由を勝ち取ったワケではない

表現者の役目

 >>「正しいことは、言えば通じる」?
 >> 弱い者が弱い者をいじめる
 >> 抗議するより黙って耐える
 >> それぞれのあり方で国というものを考える

 >> 想像力を育てる鍛錬

 >> 終わりに


Profile

 赤川 次郎
Image小説家。
1976年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1978年『三毛猫ホームズの推理』がベストセラーとなり、「三姉妹探偵団」シリーズや「杉原爽香」シリーズなど、さまざまな人気シリーズを生み出す。1980年 『悪妻に捧げるレクイエム』で角川小説賞受賞。2006年には日本ミステリー文学大賞受賞。推理小説以外の代表的作品に映画化された『セーラー服と機関銃』『ふたり』など。著作数は2012年には550作になり、著作の累計発行部数は3億部を超える。

 永井 愛

Image劇作家、演出家。二兎社主宰。
『僕の東京日記』で紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。『見よ、飛行機の高く飛べるを』と『ら抜きの殺意』の二作で芸術選奨文部大臣新人賞受賞、『ら抜きの殺意』は鶴屋南北戯曲賞も受賞。『兄帰る』で岸田國士戯曲賞を受賞。『萩家の三姉妹』で読売演劇大賞優秀演出家賞、読売文学賞(シナリオ戯曲賞)受賞。『こんにちは、母さん』と『日暮町風土記』の二作で朝日舞台芸術賞秋元松代賞を受賞。『歌わせたい男たち』で読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。
 
 日本劇作家協会 言論表現委員会 編集部:青井陽治 釘本光 くまがいマキ
 撮影:藤田卓仙



次回予告

劇作家の創作活動も、社会の変化と無関係ではありえません。
日本劇作家協会の言論表現委員会では、様々なジャンルからゲストをお招きし、日本の現状と未来への展望を、劇作家と語り合っていただくシリーズを企画しました。

「─ 表現の自由を語ろう ─」第4回は、歌手・俳優の沢田研二さんをゲストにお迎えし、憲法9条や震災と原発を歌うことなどについて、劇作家のマキノノゾミがお話をうかがいます。

第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか?
第2回 何で捕まったかわからない ──いま、横浜事件を考えてみる

二十一世紀戯曲文庫