── 表現の自由を語ろう ──

第2回  何で捕まったかわからない
      ── いま、横浜事件を考えてみる



第2回は、70年前に治安維持法下で起きた横浜事件のことを、劇作家・演出家のふじたあさやさんに語っていただききました。

ふじたさんの父・藤田親昌氏は、当時 総合雑誌「中央公論」の編集長でしたが、ある日突然 特高に逮捕されました。逮捕から起訴猶予までのいきさつ、その後の戦中・戦後の生き方、そして、冤罪の背景の究明まで。「横浜事件」について語ることは、現在の「特定秘密保護法案」や「共謀罪新設」について語ることにつながっています。


  2013年10月15日
  場所:喫茶室ルノアール・会議室


Index

「横浜事件」という事件はない
 >> どういう嫌疑か、本人も家族も会社もわからない
 >> 一年間の拘留、拷問、会社も退職
 >> 神奈川県の特高は手柄を焦っていた

戦後の「冤罪究明・無罪獲得」のための再審裁判
 >> 日本の捜査の自白主義の問題
 >> 相互不信をテーマに戯曲を書いた
 >> 事前検閲と、事後検閲

治安維持法がひどくなるきっかけだった
 >>「泊会議」なき「泊事件」
 >> 戦後の自由は、本当に自由?
 >>「検閲なにしてるんだ」と軍部が言い始めた

「横浜事件」もアメリカの公文書館の資料を証拠にした



註をまとめるにあたっては、『横浜事件・再審裁判とは何だったのか ──権力犯罪・虚構の解明に挑んだ24年──』(高文研)を参照・引用させていただきました。(インタビュー中にふじた氏が読み上げているのも本書)


Profile

 ふじた あさや

劇作家、演出家。1934年東京生まれ。
早稲田大演劇科在学中に『富士山麓』(福田善之氏と共作)を発表。劇団三十人会を経て73年フリー。92年『しのだづま考』で文化庁芸術祭賞。児童劇団への作品提供、演出指導や若い演劇人らの育成にも力を入れる。

 

 聞き手:くまがい マキ

劇作家、チェスキー・ケー代表。
 
 日本劇作家協会 言論表現委員会 編集部:青井陽治 くまがいマキ
 撮影:藤田卓仙



次回予告

劇作家の創作活動も、社会の変化と無関係ではありえません。
日本劇作家協会の言論表現委員会では、様々なジャンルからゲストをお招きし、日本の現状と未来への展望を、劇作家と語り合っていただくシリーズを企画しました。

「─ 表現の自由を語ろう ─」第3回は、作家の赤川次郎さんをゲストにお迎えし、劇作家協会の永井愛が、改憲や原発、民主主義のあり方についてお話をうかがいます。

**ふじた氏の緊急インタビューを入れたため、第1回の次号予告と変更になりました。訂正してお詫び申し上げます。

第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか?

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2017年度のプログラム(全11企画)

11月2日(木)〜21日(日)
カムカムミニキーナ
『>(ダイナリィ)
〜大稲荷・狐色になるまで入魂〜』<

11月17日(金)〜26日(日)
燐光群
『くじらと見る夢』(仮)

最近更新された記事

  • 東京・神奈川の「月いちリーディング」2017 +

    ツイート ドラマリーディング+ディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ月いちリーディング/東京・神奈川 概要 続きを読む...
  • 関西版「月いちリーディング」2017 +

    ドラマリーディング+ディスカッションの戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ関西版 月いちリーディング チラシPDF 続きを読む...
  • 21世紀戯曲文庫 +

    二十一世紀戯曲文庫 日本では毎年、膨大な数の戯曲が生まれています。けれど書店などに置いてある戯曲はわずかで、 人気劇作家の作品ですら読む機会が限られています。戯曲は売れにくい…。結果として出版は控えられ、出版されても部数が少なく高価なものになってしまう。手に入らないから読者は減り、減るから更に出版されない…。そのような悪循環が起こっています。この問題は、現役劇作家の作品だけに留まりません。岸田國士、三好十郎、森本薫、宮本研、田中千禾夫、等々。日本が生み出して来た偉大な劇作家達の名作戯曲ですら、絶版になる状況です。これは次世代への継承を考えるうえでも大きな問題です。日本劇作家協会では、「二十一世紀戯曲文庫」として、戯曲のオンデマンド出版・電子出版をしています。一度は読みたかった名作戯曲から、現役劇作家の未出版戯曲までの、幅広いラインナップ。 続きを読む...
  • せりふを読んでみよう 《17年8月》 +

    [受講] 俳優募集! 受付期間:6月29日(木)〜7月13日(木) 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 日本劇作家協会は、過去3度も廃案となった「共謀罪」が、問題の本質は変わらぬまま、「テロ等組織犯罪準備罪」として国会に再度提出されることに、強い危機感を覚えています。 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3

アピール・決議

  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年2月22日付 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 高市総務大臣の「電波停止」発言に際し 公権力のメディアへの介入・圧力に抗議する緊急アピール (2016年2月26日付) +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 高市総務大臣の「電波停止」発言に際し公権力のメディアへの介入・圧力に抗議する緊急アピール 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3