定員に達しましたためお申込みの受付は終了しました。
2021年10月6日(水)開講、毎週水曜、3月まで
2021年度 戯曲セミナー オンライン講座

日本を代表する劇作家たちが教えます。
オンラインだから、どこからでも。



昨年度は休講した「戯曲セミナー」がオンラインで復活。

PCやタブレットがあれば、全国どこからでも受講できます。
戯曲を基礎から学べる「ベーシックコース」と、
プロットのたて方などより実践的な講義や戯曲講評も受けられる「プレミアムコース」、
2つのコースを用意しました。
戯曲の書き方を学ぶ、演劇の楽しみ方を学ぶ、日本でただ一つのセミナーです。
初心者の方も、より専門的に学びたい方も、ぜひご参加ください。

[主催] 一般社団法人 日本劇作家協会



《「こんな講義です!」映像コンテンツのご紹介》
⇒YouTubeで視聴する https://youtu.be/RAXHTGaXmwg

タイムインデックスの有効なYouTubeでの視聴をおすすめします


《講義収録後の講師インタビューより抜粋映像「劇作とは」》
⇒YouTubeで視聴する https://youtu.be/d2TLXrZUqY8

タイムインデックスの有効なYouTubeでの視聴をおすすめします



講義の概要   特典映像   日程・授業料・応募条件   お申込み   お問合せ   尊重し合える場のために (別ページ)
講義の概要


(写真は渡辺えり、鴻上尚史、横内謙介、平田オリザ)

プレミアムコースの一部を除き、講義日の翌々日から3月30日(水)まで、それぞれ受講しているコースのアーカイブ映像を繰り返しご覧いただけます。
配信当日に時間が合わなくてもほぼ全講義のご視聴が可能です(質問受付は講義当日に限ります)。


◯ベーシックコース 定員80名 受付終了
戯曲の基礎を学ぶ全18回のコース。ライブ配信と事前に収録した講義をご覧いただけます。
(講義中に受講生の方の顔が映ることはありません)。
基本的に講師が話すのをお聞きいただく講義です。ご質問はチャットからお寄せください。
その他、受講特典として映像コンテンツをご覧いただけます。


<講義内容>

ライブ配信 (10回)

10人の講師がさまざまなテーマで臨場感たっぷりに講義します。
チャットでの質問にもライブでお答えします。
(下写真 左から) 長田育恵、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、鈴木聡、永井愛、前川知大、横山拓也
(下に写真なし) 赤澤ムック、川村毅、坂手洋二、横内謙介

 

 
収録映像配信 (8回)
20年間のセミナーの歴史の中で、定評ある講義を特別に収録しました。当セミナーで初公開。


鴻上尚史 「劇作家になるため、いい作品を書くため、重要なこと」
瀬戸山美咲「取材からつくる演劇」
土田英生 「台詞について」
成井 豊  「私の脚本の書き方」
平田オリザ
 vol.1「コンテクストとはなにか?」
 vol.2「演劇は対話・ダイアローグを必要とする」
 vol.3「対話・ダイアローグを生み出すために」
 vol.4「登場人物・プロット・エピソード」
 vol.5「現代口語演劇が求めるもの」
マキノノゾミ「発想の順番」
横内謙介 「 “ストーリー” と “プロット”」
渡辺えり 「演劇は生きる力」

**各講義は60分です。平田オリザ講師のみ45分✕5コマで1パッケージです。



(写真は瀬戸山美咲、土田英生、成井豊、マキノノゾミ)



◯プレミアムコース 定員20名 受付終了
ベーシックコースの講義(18回)に加え、プロットのたて方などより実践的な講義を5回、さらに、ご自身が執筆した戯曲の講評が個別に受けられるコースです。(計23回+戯曲講評)
(プレミアムコースの講義では、画面上に顔を出していただきます)。
グループ単位で課題に取り組んでいたたく可能性もあります。
その他、受講特典として映像コンテンツをご覧いただけます。


<講義内容>
ベーシックコースの講義(ライブ、収録とも) 18回。
鐘下辰男、中屋敷法仁、長谷基弘


(写真:中屋敷法仁)


受講特典 (両コース共通)

受講生の方には開講後から2022年3月30日(水)まで、下記の映像コンテンツをご覧いただけます。

<レジェンド講義>

故・井上ひさしさん、故・別役実さんの生前の名講義の音声を抜粋して構成。
それぞれ120分間の貴重な講義です。

⇒井上ひさしさんの講義の一部をご紹介
劇作家協会公開講座2021年夏「戯曲セミナー蔵出し ── 井上ひさし名講義に学ぶ」


<リーディング映像>
全5本の名作戯曲のリーディングと、それぞれの演出家インタビュー。

『リチャード二世』(原作:W.シェイクスピア 訳:小田島雄志 上演台本・演出:寺内亜矢子)
『紙風船』(作:岸田國士 演出:鐘下辰男)
『トランス』(作・演出:鴻上尚史)
『にしむくさむらい」(作:別役実 演出:関根信一/Zoom収録)
『DOLL』(作:如月小春 演出:瀬戸山美咲/Zoom収録)


概要

◯開講期間
日程表 (PDF)
・水曜/20:00より(各回60分〜90分)
<ベーシックコース>
2021年10月6日(水)〜2022年3月16日(水)/全18回

<プレミアムコース>
2021年10月6日(水)〜2022年3月23日(水)/ベーシック18回+プレミアム5回
戯曲講評は4月以降となります


◯授業料
・ベーシックコース 88,000円 (税込)
・プレミアムコース 165,000円(税込)
**インターネット接続に伴う通信料はご自身の負担となります。
**接続中のデータ通信容量が大きいため、無料WiFiやデータ量無制限契約回線などのご利用をおすすめします。

◯応募条件
インターネット環境があり、Zoomに接続が可能なこと
アプリダウンロード方法と接続テスト (別ページ)

<ベーシックコース>
・パソコン推奨。
・タブレット可。

・スマートフォンの場合は画面が小さいため文字が読みづらいことをご承知おきください。
事前説明会に必ずご参加ください。主としてZoomとビデオグに関する説明です。セミナー全体のガイダンスは講義初日に行います。
説明会は、9月22日(水)20:00/9月25日(土)17:30/9月29日(水)20:00の中からお選びください。


<プレミアムコース>
・パソコンを強く推奨 (パソコンにカメラ・マイクがついていない場合は別途ご用意ください)。
・タブレット可。

・スマートフォンでのご参加はお控えください。
個別の接続テストを行います
 ⇒ 接続テスト実施日程 (PDF)
 入金予定日より4日以上先の日にちをお選びください。
 もし双方向講義に支障がある状況の場合、今回の受講の見合わせをご相談する場合があります。


◯互いに尊重し合える場のために
受講の皆さまが安全に学びを深められる場となるように努めます。
ベーシックコースはもちろん、特に講師と受講生のやりとり、受講生同士のやりとりが生まれるプレミアムコースにおいては、時間をともにしている全員が互いに敬意を持ち合い、個人の尊厳が守られることを期して運営してまいります。
皆さまもご協力をお願いいたします。
受講にあたっての留意事項を必ずご一読ください

◯他
・お申込みのご本人のみが受講・ご視聴ください。
・映像の一部または全部を、複製・転載・改変・配布・販売することは固くお断り申し上げます。



お申込み
◯募集期間
8月25日(水)〜9月22日(水)
定員に達しましたため受付を終了しました。

◯お申込みの手順

1)フォームの送信

2)授業料のお振込み
フォームの送信後、こちらからの返信を待たず、授業料を下記口座にお振込みください。
三菱UFJ銀行 高円寺支店
(普通) 0043289 イッパンシャダンホウジン ニホンゲキサッカキョウカイ

・お申込み時と同じお名前でお振込みください。(名義が異なる場合は必ずご連絡ください)
・銀行振込、一括払いのみ受付。
・開講後の申込者都合のご返金には応じかねますことをご了承ください。
・開講前のキャンセルの場合は、振込手数料を引いてご返金申し上げます。

3)お申込みの確定
・入金確認をもってお申込みの確定とし、こちらからメールをお送りするとともに、領収証・受付証・会報をお送りいたします。
・ベーシックコースの方は事前説明会、プレミアムコースの方は個別の接続テストに必ずご参加ください。
Zoomウェビナーの各操作方法、ビデオグの視聴方法をご説明します。おおよそ15〜20分の所用時間を予定しております。



お問合せ
日本劇作家協会 事務局
TEL: 03-5373-6923
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

お問合せにあたっては、上記 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 および このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 からのメールを受信できるよう、ご設定ください。
不着対応のため、お差支えなければお電話番号の付記をお願いします。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2021年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 11月4(木)〜11(木)
JACROW
『廻る礎』

▽ 11月19(金)〜28日(日)
燐光群
『シアトルのフクシマ・サケ(仮)』

▽ 1月26日(水)〜30日(日)
ニットキャップシアター
『チェーホフも鳥の名前』