日本劇作家協会は1993年創設、
2010年より一般社団法人 日本劇作家協会となりました


 


 一般社団法人日本劇作家協会とは?

 劇作家協会は、井上ひさし初代会長の、「子どものためにクリスマスの劇を書いたお父さんも入会できるように」という理想そのままに、プロとアマチュアの分け隔てなく、劇作に携わるすべての人に参加する資格のある協会です。
 劇作家の権利を守るために著作権や上演料について提言をしているほか、創設以来現在までの間に7回の劇作家大会を開催。新進劇作家の登竜門とも言える新人戯曲賞や、第一線で活躍する劇作家が講師を務める戯曲セミナー、劇作家育成のためのドラマリーディングやワークショップ、劇作指導書や英訳・仏訳戯曲など演劇関係書籍の出版、杉並区の公共劇場「座・高円寺」の企画・運営のサポートなど、多岐にわたる事業を継続して行っています。




目的
この法人は、戯曲又は演劇に関する講座、セミナー、育成、調査、資料収集、助成、表彰、コンクール、自主公演、主催公演の事業を行い、もって、わが国における戯曲文学の普及発展に貢献し、あわせて海外の演劇関係者との交流を行うことによって、広くわが国の舞台芸術の発展に寄与することを目的とする。

組織
◇ この法人は、劇作家である正会員と、劇作家以外で協会の主旨に賛同した賛助会員によって構成される。
◇ 正会員はプロ、アマ、経歴、国籍などを問わず、すべての劇作家に入会の資格がある。(2019年現在、会員数は約570名)
◇ 2年に1度の選挙により代議員を選出し、会長(代表理事)と理事、運営委員を決める。

 



サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2019年度のプログラム(全12企画)

▽ 3月11日(水)〜15日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『罪男と罰女』
作・演出:丸尾丸一郎

<2020年度>
▽ 4月4日(土)〜12日(日)
青年団プロデュース公演
『馬留徳三郎の一日』
作:高山さなえ 演出:平田オリザ