催しは終了しました。アーカイブ公開の情報はしばらくお待ちください。
《劇作家協会公開講座 2022年 夏》
戯曲セミナー公開講座/ 次代を担う劇作家を育成するためのプロジェクト

戯曲から始まるアクセシビリティ
公募作品から選出した短編戯曲に、アクセシビリティを付けて上演!
耳の聴こえない方向けの「舞台手話通訳」と「字幕」、目の見えない方のための「音声ガイド」を、誰にでも見える・聞こえる形で紹介します。
「上演を振り返るシンポジウム」と「当事者と考えるシンポジウム」は、バリアフリー演劇の超入門編。
アクセシビリティの最初の一歩を踏み出したい方、観てみたい方におすすめの公開講座です。


日時: 2022年8月7日(日) 18:00ー20:50
 ⇒催しは終了しました。追ってアーカイブを期間限定公開いたします
会場: 座・高円寺2
 JR中央線 高円寺駅 北口 徒歩5分


文化庁委託事業「令和4年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

主催:文化庁、一般社団法人 日本劇作家協会 制作:一般社団法人 日本劇作家協会 
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク / 座・高円寺 後援:杉並区
 

プログラム   チケット案内   お問合せ 
感染症対策   ハラスメント防止
戯曲から始まるアクセシビリティ

《1》公募短編戯曲のバリアフリー上演
 夏井孝裕『再起動の夜』

舞台手話通訳、字幕、音声ガイドとともに上演をお楽しみください。
手話通訳は翻訳。日本語とは異なる言語体系で台詞が表現されます。
字幕は視認性のため、台詞を短くすることも多々。音声と字幕の台詞の違いにご注目を。
音声ガイドは動きをことばで説明します。その面白さもぜひ味わってください。
*音声ガイドによる舞台説明も、18:00の開演後に行います。

出演
神農直隆    コロ
(COROBUCHICA.) 松永玲子 (ナイロン100℃)

    

作:夏井孝裕
演出:八鍬健之介
演出助手:金田一央紀

舞台手話通訳:米内山陽子
音声ガイド:檀鼓太郎
字幕制作:丸山垂穂
出演協力(株)クリオネ (株)オフィスPSC 
短編戯曲の応募受付は終了しました⇒ 応募要綱

《2》上演を振り返るシンポジウム
「作り手からの視点 ー実践を経てー」

バリアフリー演劇の超入門編。アクセシビリティ付き上演に初めて臨んだ劇作家や、演技以外の音声(ガイド)と動き(手話通訳)がある舞台に立った俳優が、感じたことを伺います。今回のアクセシビリティの方法とその過不足も、スタッフが丁寧に検証します。
[登壇]
劇作:夏井孝裕 演出:八鍬健之介
出演者:神農直隆 
コロ 松永玲子
アクセシビリティスタッフ:米内山陽子 檀鼓太郎 丸山垂穂
司会:高羽 彩

《3》当事者とともにこれからを考えるシンポジウム
「みんなで劇場に行こう!」

聴覚・視覚・肢体・介助。それぞれのアクセシビリティを必要し、かつ演劇に様々なスタンスで関わっている当事者をお迎えします。当事者が求めるものは何なのか、劇作家の視点からどう応えられるか ── 。これからの演劇界のアクセシビリティを考えます。
[登壇]
廣川麻子(特定非営利法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)理事長)

美月めぐみ(バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり)
和泉将朗(座・高円寺)
劇作家協会WGメンバー:はしぐちしん 齋藤里絵 高羽 彩

司会:金田一央紀


チケット案内 
催しは終了しました。
  入場料 
指定席/前売・当日共通
◯ 一般 1,500円
◯ 劇作家協会会員・杉並区民割引 1,300円
◯ 障がい者割引 1,300円 **メール予約のみ承ります
対象:身体障害者手帳、療育手帳(「愛の手帳」等)、精神障害者保健福祉手帳、被曝者健康手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方。
*介助の方はおひとりさま無料(2人目からは正価)
対象:第1種の身体障害者手帳、最重度・重度(1度・2度)の療育手帳(「愛の手帳」等)、1級の精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方


購入方法
感染症対策のため、電子チケットのご購入をお願いいたします。
障がい者割引をご利用の方は、メールでご予約ください。
**車椅子のご利用など、スタッフのお手伝いが必要な場合は、事前にメールかお電話にてご相談ください。

  電子チケット
LivePocket -Ticket-
・お支払いはクレジットカード、携帯キャリア決済、コンビニ決済よりお選びいただけます。
・クレジット、携帯キャリア決済は手数料はかかりません。
・コンビニ決済の場合は、別途手数料220円(税込)がかかります。
・LivePocket-Ticket-の会員登録が必要です。
・映画館のようにご自身で座席をお選びいただけます。
・当日はQRコードを提示するだけで、スムーズにご入場いただけます。
・劇作家協会会員・杉並区民割引の方は、ご入場時に会員証または住所が確認できる書類をご提示ください。

 メール予約
・LivePocket -Ticket-がご利用になれない場合、メールでご予約を承ります。
・件名を「公開講座予約」とし、
1)お名前
2)ふりがな
3)お電話番号
4)ご希望の券種(一般・劇作家協会会員・杉並区民)
5)枚数
6)障がい者割引をご利用のお客様は、介助の方の有無や、お手伝いが必要な場合はその内容などお書き添えください

をご明記のうえ、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てにお送りください。
・チケット料金は、当日に受付でお支払いください。現金精算のみ承ります。
・劇作家協会会員・杉並区民割引の方は、受付時に会員証または住所が確認できる書類をご提示ください。
・お席はご自身でお選びいただけません。
・48時間以内に返信がない場合は、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 からのメールが受信できるようご設定のうえ、お電話番号を明記して再度ご連絡ください。

ご案内
・受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。
当日券は開演40分前より、座・高円寺 地下2階の会場受付で販売します


企画担当
劇作家協会コンプライアンス委員会シアターアクセシビリティWG
金田一央紀 齋藤里絵 瀬戸山美咲 高羽 彩 はしぐちしん 米内山陽子 八鍬健之介

スタッフ
舞台監督:大地洋一
音響:佐久間和子 照明:吉嗣敬介 (ch.4429) 奥村誠志郎 田島拓也

記録映像:坪井俊樹(劇団スクランブル) 藤岡至央
映像操作:重信臣聡

手話通訳:NPO法人 シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
字幕(文字)支援:RoiS株式会社
当日運営:薄田菜々子 梅咲ミヤビ 及川晴日 越智良知 木村麻美
坂上裕美 勝 理治 安井和恵

制作:飯塚なな子 松本 悠 (青春事情)
劇作家協会事務局:勢藤典彦 国松里香(劇作家協会事務局)



お問合せ
一般社団法人 日本劇作家協会 事務局

TEL 03-5373-6923
MAIL このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


感染症対策のためのお願い 
 
本講座は座・高円寺のガイドライン、緊急事態舞台芸術ネットワークのガイドライン等を参考に、下記の感染防止策をとります。ご不便をおかけすることもございますが、ご来場の皆さまに安心してお楽しみいただけるよう、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  ご予約時の注意点
チケットのご予約時にご登録いただいた個人情報は、感染症拡大防止の目的で保健所等の公的機関より要請を受けた場合に限り、同機関に情報を提供いたします。あらかじめご了承ください。
(個人情報は厳重に管理し、感染症拡大防止以外の目的には使用いたしません。また公演後1カ月が経過しましたら安全な方法で破棄いたします。)

 下記に該当する方はご来場をお控えください
・体調の優れない方
・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方、あるいは疑われる方
・ご家族や身近なお知り合いに感染の疑いがある方
・直近に海外渡航歴があり「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置」に基づく待機期間中の方

 ご来場時のお願い
・劇場内では常にマスクをご着用ください。
・劇場入口での検温にご協力ください。(37.5度以上の場合、また明らかな体調不良が疑われる場合は、入場をお断りいたします)
・手指消毒・手洗いにご協力ください。
・劇場内での会話はお控えください。
・咳、くしゃみなどをする際は、咳エチケットをお守りください。
・整列が必要な場合は、前後のお客様と十分な間隔を保ってお並びください。
・必要な水分補給を除き、客席・ロビーを問わず劇場内でのご飲食はご遠慮ください。
・お手荷物のお預かりは承りかねます。客席に置けない大きなお荷物はお持ちにならないでください。
・面会はお断り申し上げます。

 ご感染症拡大防止への取組み
・劇場内の換気設備は常に運転し、十分な換気を行います。
・定期的に施設や備品の消毒を行います。
・スタッフはマスクを着用して対応いたします。
・客席からステージまで2m以上の間隔を設けます。
・出演者や登壇者が客席のお客様に近づく、あるいはお客様と会話をするような演出は行いません。
・感染状況の変化によって、感染症対策の内容を変更する場合があります



ハラスメント防止ポリシー 
 《互いに尊重し合える場のために》
日本劇作家協会は、協会事業に関わる人のすべてが、属性や思想信条によって差別されることなく、対等の人格として互いに尊重し合い、身体的・精神的に安全に過ごすことができる環境をつくろうとしています。
2020年にハラスメント申告受付の手順を定めた「セクシュアル・ハラスメント事案への対応に関する基本要綱」、2022年に声明「演劇の創造現場からあらゆるハラスメントや性加害をなくしていくために私たちは発言し行動します」を発表し、さらに包括的なガイドラインと対応要綱を準備中です。
公開講座においては、稽古場やバックステージにハラスメントがないことが、出演者・登壇者・スタッフの創造性の発現のみならず、ご来場のお客様の安心したご観劇・ご観覧につながることも念頭をおき、ハラスメント防止を実行します。

◯ご申告の受付
協会事業内で起こったハラスメントに関してご申告を受け付けております。
セクシュアル・ハラスメントの場合は申告フォームをご利用ください。対応要綱に従って、聞き取りと調査は臨床心理士・弁護士などの専門家が行います。ハラスメント全般の要綱とフォームも準備中です。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽2023年1月11日(水)〜15日(日)
劇団HOTSKY
『ほおずきの家』
作:釘本 光 演出:横内謙介

▽ 1月18日(水)〜22日(日)
演劇集団Ring-Bong
『さなぎになりたい子どもたち』
作:山谷典子 演出:藤井ごう

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎