座・高円寺3階の演劇資料室(アーカイブ)には、日本劇作家協会の協力により、現代日本の劇作家を中心とした戯曲や上演台本、演劇関係書籍、約4500冊(2012年3月時点)の資料が保存されています。身分証明書をご持参になればどなたでも閲覧が可能です。所蔵の書籍については座・高円寺の資料検索サイトでご確認いただけます。

  開室時間
   火~金 15~18時
   土・日 12~18時
   *毎週月曜、年末年始、及び特別整理日は休室
  閲覧場所
   
3階フリースペース、及び2階カフェ“アンリ・ファーブル”
   *閉架式(書庫への入場はできません。また、書籍の貸出は行なっておりません)
  閲覧方法
   
ご利用方法詳細や資料の複写については、
   座・高円寺の演劇資料室ご案内ページで必ずご確認ください。
   あらかじめ、同ページからリンクされている所蔵資料検索サイトで
   閲覧希望書籍をお探しになるか、あるいは座・高円寺2階受付の
   目録検索用端末をご利用ください。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2017年度のプログラム(全11企画)

11月2日(木)〜21日(日)
カムカムミニキーナ
『>(ダイナリィ)
〜大稲荷・狐色になるまで入魂〜』<

11月17日(金)〜26日(日)
燐光群
『くじらと見る夢』(仮)

最近更新された記事

  • 東京・神奈川の「月いちリーディング」2017 +

    ツイート ドラマリーディング+ディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ月いちリーディング/東京・神奈川 概要 続きを読む...
  • 関西版「月いちリーディング」2017 +

    ドラマリーディング+ディスカッションの戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ関西版 月いちリーディング チラシPDF 続きを読む...
  • 21世紀戯曲文庫 +

    二十一世紀戯曲文庫 日本では毎年、膨大な数の戯曲が生まれています。けれど書店などに置いてある戯曲はわずかで、 人気劇作家の作品ですら読む機会が限られています。戯曲は売れにくい…。結果として出版は控えられ、出版されても部数が少なく高価なものになってしまう。手に入らないから読者は減り、減るから更に出版されない…。そのような悪循環が起こっています。この問題は、現役劇作家の作品だけに留まりません。岸田國士、三好十郎、森本薫、宮本研、田中千禾夫、等々。日本が生み出して来た偉大な劇作家達の名作戯曲ですら、絶版になる状況です。これは次世代への継承を考えるうえでも大きな問題です。日本劇作家協会では、「二十一世紀戯曲文庫」として、戯曲のオンデマンド出版・電子出版をしています。一度は読みたかった名作戯曲から、現役劇作家の未出版戯曲までの、幅広いラインナップ。 続きを読む...
  • せりふを読んでみよう 《17年8月》 +

    [受講] 俳優募集! 受付期間:6月29日(木)〜7月13日(木) 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 日本劇作家協会は、過去3度も廃案となった「共謀罪」が、問題の本質は変わらぬまま、「テロ等組織犯罪準備罪」として国会に再度提出されることに、強い危機感を覚えています。 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3

アピール・決議

  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年2月22日付 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 高市総務大臣の「電波停止」発言に際し 公権力のメディアへの介入・圧力に抗議する緊急アピール (2016年2月26日付) +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 高市総務大臣の「電波停止」発言に際し公権力のメディアへの介入・圧力に抗議する緊急アピール 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3