リーディング発表の映像公開中!

関西支部企画
次代を担う劇作家を育成するためのプロジェクト

2023「長編戯曲の改稿講座」受講生募集

関西で活躍する劇作家が受講生の戯曲改稿に伴走します。
3回の講座と改稿を繰り返し、作品を磨き上げる貴重な機会です。
最終提出作品から1作品を取り上げて、リーディングとディスカッションを行います。

リーディング&ディスカッションの模様をYouTubeで公開中!
https://youtu.be/-3kmmAazCeE



助成:文化庁文化芸術振興費補助金
(舞台芸術等総合支援事業(次代の文化を創造する新進芸術家育成事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会
主催:一般社団法人日本劇作家協会
制作:一般社団法人日本劇作家協会
関西支部

  講師・ゲスト  概要  応募について  お問合せ・担当  ハラスメント防止ポリシー (別ページ)  
講師

高橋 恵(たかはし・めぐみ)
大阪府出身。劇作家・演出家。「虚空旅団」代表。『誰故草』で第22回OMS戯曲賞大賞を受賞。
2009年より2020年まで伊丹想流私塾、想流劇塾マスターコースにて師範を務める。観ているうちに気持ちが濾過(ろか)され、穏やかに日常に戻れる作品づくりを目指す。
主な作品にアイホール+岩崎正裕共同製作『フローレンスの庭』(演出:岩崎正裕/劇団太陽族)、メイシアタープロデュース『人恋歌~晶子と鉄幹~』(演出:大熊隆太郎/劇団壱劇屋)など。
劇場プロデュース公演への書下ろしも多数手がける。


南出謙吾(みなみで・けんご)
石川県出身。劇作家・演出家。半芸半サラ。
大阪で「りゃんめんにゅーろん」を主宰しながら、東京で「らまのだ」の座付作家として活動。グロテスクな感情の起伏や設定の作為を避けた抑制的な表現で、観客の想像力に委ねる作風。
『触れただけ』で、2016 年度日本劇作家協会新人戯曲賞受賞。『終わってないし』『夕映えの職分』で、それぞれ第2回、第7回北海道戯曲賞優秀賞受賞。『青いプロペラ』でシアタートラムネクストジェネレーションvol.11選出。


ゲスト
ピンク地底人3号(ぴんくちていじんさんごう)
劇作家・演出家。
生者と死者の境界を曖昧にしながら社会を描く、苛烈な会話劇を得意とする。近年は手話を使った作品を立て続けに発表。セゾン文化財団セゾン・フェローⅡ(2023-2026)助成。
主な受賞作品は、『鎖骨に天使が眠っている』(第24回劇作家協会新人戯曲賞)、『華指1832』(第66回岸田國士戯曲賞最終候補作品)、 KAVCプロデュース手話裁判劇『テロ』(第1回関西えんげき大賞最優秀作品賞/観客投票ベストワン賞 ダブル受賞)。




講義の概要

日程と講師
《講義日程》
全3回×3時間
・講座内で受講生の戯曲についてコメントします。
・そのため戯曲は事前に全員で共有することをご了解ください。
◯1回目 10月18日(水)20時〜23時/講師:南出謙吾
↓(改稿期間:リライト締切11月1日)
◯ 2回目 11月8日(水)20時〜23時/講師:高橋 恵
↓(改稿期間:リライト締切11月29日)
◯ 3回目 12月6日(水)20時〜23時/講師:高橋 恵・南出謙吾
↓(改稿期間 *2週間ほど)
12月20日(水) 最終戯曲提出

《リーディングとディスカッション》
◯ 提出後にリーディング作品の選考 (4名の作品より1作)
・ 選考は講師以外の戯曲講座担当委員(上坂京子、田辺剛、はしぐちしん)が行います

◯ 実施日:2024年2月17日(土)
・稽古から本番終了まで、10時頃〜18時頃の拘束です。
・ 戯曲についてのディスカッションには、劇作家・演出家のピンク地底人3号をゲストに迎えます。
・後日にYouTubeで期間限定で公開します
◯ 会場:人間座スタジオ (〒606-0865 京都府京都市左京区下鴨東高木町11)

定員
4名まで
*居住地・活動拠点は問いません


受講料
一般      12,000円
劇作家協会会員 10,000円


応募について 応募受付は終了しました
オンライン(Zoom)講座へのご参加
・講座はZoomで行います。参加に支障のない方のみご応募ください。
・20時ー23時まで常時接続でお願いします。通信料は受講生の負担となります。
 ・講座内で画面共有をするので、見やすいデバイス(パソコンやタブレットなど)からご参加ください。
・パソコンにカメラがついていない場合は別途ご用意ください。
・Zoomをご使用になったことがない場合は、アプリのダウンロードについてこちらでご確認ください。

応募条件
・ブラッシュアップしたい長編戯曲(おおむね60分以上120分以下)をお持ちの方。
・3回のオンライン講座と、リーディング/合評の収録に参加できること。
・リーディング作品に選ばれた方には、ご遠方の場合は交通・宿泊費を5万円まで補助します(要領収書、後払い、宿泊費上限規定あり)

応募方法
戯曲PDF このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。送付。
・件名は「長編戯曲の改稿講座応募」としてください
・作品の末尾に、下記の情報を添えてご応募ください。
  作品のあらすじ
  作者名
  作者プロフィール
  住所
  電話番号
  メールアドレス
  
戯曲は上演済みか未上演か。上演済みの場合は上演期間とカンパニー名
・応募多数の場合は選考があります。

《手書き原稿ついて》
戯曲は原則データでの応募をお願いいたします。
手書き原稿はスキャンしてPDF化いただければ応募は可能ですが、リーディング採用時はテキストデータ化をしていただくことが条件となります。

応募締切
2022年8月20日(日) 24:00必着
・応募後3日以内に受付連絡をいたします
・受講の可否については締切後3週間以内にメールでご連絡申し上げます。
・1週間以内に受講料をお振込みください

戯曲賞に現在応募中(審査中)の作品と同一の作品は応募できません。
この講座は戯曲のブラッシュアップを目的とする講座です。一方で戯曲賞は、完成された戯曲に賞を授与するものです。その趣旨に照らし、賞に応募中/審査中の作品のご応募はお控えください。戯曲賞に応募して入選に至らなかった作品のご応募は承っております。

長編戯曲の改稿講座は文化庁の人材育成事業です
受講の方は人材育成対象者となり、5年間にわたり演劇活動状況をお尋ねすることになります。ただし、劇作家協会は受講の方ぞれぞれの活動スタンスを尊重します。特に活動のない年があっても問題ありません。


互いに尊重し合える場のために
日本劇作家協会は、協会事業に関わる人のすべてが、属性や思想信条によって差別されることなく、対等の人格として互いに尊重し合い、身体的・精神的に安全に過ごすことができる環境をつくろうとしています。
→「長編戯曲の改稿講座 ハラスメント防止ポリシーを必ずご一読ください。

2022年5月発表
演劇の創造現場からあらゆるハラスメントや性加害をなくしていくために私たちは発言し行動します
2020年4月改定公開
ハラスメント防止ガイドライン


お問合せ
日本劇作家協会 関西支部
TEL: 050-3690-6910  (つながりにくい場合は090-8379-4072 秋津まで)    
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

担当委員・スタッフ
戯曲講座部会  上坂京子 田辺 剛 はしぐちしん 南出謙吾 
事務局(関西)   秋津ねを

企画事業部 人材育成委員会  古川 健 山田裕幸
事務局(本部)   勢藤典彦 国松里香

サイト内検索