日本語 / English
 
ロシアによるウクライナ侵攻に対する反対声明

 私たち日本劇作家協会有志は、ロシアによるウクライナ侵攻を強く非難します。
 誰も殺されてはなりません。演劇は2000年以上前から、人間の命をもっとも尊いものと考え、異なる思想を持った人間と人間がお互いの自由を守りながら共存していく知恵を追求してきました。ロシアはアントン・チェーホフという優れた劇作家を生み出した国です。その知恵は国境を超え、時を超え、現代に生きる私たちの未来をも照らしてくれています。その国で今、戦争反対の言葉が封じられ、望まない戦争に参加させられる人たちがいることも大変遺憾に思います。
 私たちはロシア政府に対し速やかな軍事行動の停止と対話による交渉を求めます。
 そして、この残酷な行為をやめさせるために、芸術を通してつながった仲間たちと、胸を痛めている世界中のすべての人々と連帯し、立ち上がることを望みます。

2022年3月4日 
一般社団法人日本劇作家協会 会長 瀬戸山美咲 
日本劇作家協会有志
 
  



STATEMENT CONDEMNING RUSSIA’S INVASION OF UKRAINE

March 4, 2022
Misaki Setoyama, President, Japan Playwrights Association
Members of the Japan Playwrights Association


We, members of the Japan Playwrights Association, strongly condemn the invasion of Ukraine by Russia.
 
We object to all killing. For more than 2,000 years, theater has upheld the belief that human life is the most precious thing and that people with different ideas can coexist while protecting each other's freedom.

The wisdom of Russia's outstanding playwright, Anton Chekhov has transcended national borders as well as time, illuminating the future for those of us living in the present day. It is a matter of great regret that Russian people are forced to participate in a war they do not want to fight and that their words are ignored.

We stand in solidarity with our colleagues connected through art and with all the heartbroken people of the World who are against these cruel acts.

We call on the Russian government to immediately cease its military actions and to engage in peace talks.
 
  

サイト内検索