2020年度 戯曲セミナー

受講生募集!

[開講期間] 2020年5月27日〜2021年3月3日
[日程] 水曜/19時〜21時/全30コマ
[会場] 座・高円寺 けいこ場2
[応募受付開始] 2020年2月25日(火)
セミナー紹介のインタビュー記事や講師のコメント動画を公開中!

 

第23回鶴屋南北戯曲賞

受賞作決定!

第23回鶴屋南北戯曲賞は、
谷 賢一 福島三部作第二部『1986年:メビウスの輪』に決定しました

第25回劇作家協会新人戯曲賞

選考経過と選評

第25回劇作家協会新人戯曲賞は、
三吉ほたて『泳げない海』に決定しました

最終審査員の男女比について

 

ハラスメント対応について

基本要綱
この度、日本劇作家協会は、「セクシャル・ハラスメント事案への対応に関する基本要綱」策定し、被害の申告への対応手順をまとめました。

 

要求書への賛同について

一般社団法人日本劇作家協会は、日本映像職能連合加盟8団体が2019年12月12日付で発表した「自由な創作表現活動に関する要求書」に賛同いたします。

抗議文への賛同について

一般社団法人日本劇作家協会は、特定非営利活動法人 舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)が2019年9月27日付で発表した「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の決定について」に賛同いたします。

緊急アピール発表

一般社団法人日本劇作家協会は2019年8月6日付で、
「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール
を発表しました。
賛同団体
・日本新劇製作者協会(8月13日付)
・公益社団法人国際演劇協会日本センター 理事会有志(8月23日付)
・公益社団法人日本劇団協議会(8月29日付)
・特定非営利活動法人 舞台芸術制作者オープンネットワーク (ON-PAM) 有志 (9月16日付)
・全国児童・青少年演劇協議会 運営委員会(9月21日付)

 

月いちリーディング

リーディングとディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ。2019年度は盛岡・東京・神奈川・大阪・長崎・宮崎で開催。

趣旨・概要・プロモーションビデオ
東京・神奈川
東北支部FB
関西支部FB
九州支部FB

【神奈川】2/22(土) 17:00-
ご予約受付中!
作品:ハセガワアユム『無い光』
ゲスト:伊東由美子 横山拓也
担当:藤﨑麻里 丸尾 聡

【東京】2/29(土)
ご予約受付中!
作品:大西弘記『最後に歩く道』
ゲスト:柴 幸男 はせひろいち
担当:サカイリユリカ 吉田康一 山田裕幸

【Youtube】
2年分の録画公開中!
https://bit.ly/2PoqnSZ

日本劇作家大会2019

上田大会(2019年8月)

台風19号の被害へのお見舞い

上田大会全44企画の記録写真

大分大会(2019年1月)

大分大会 全63企画の記録写真

 Webサイトのリニューアル作業中のため、表示の崩れやリンク切れがございます。
 しばらくの間 ご容赦ください


第15回AAF戯曲賞問題の経緯について
支部情報  2017年度の支部事業は追ってご案内いたします

北海道支部
 終了:2016年8/13(土)・14(日) 教文演劇フェスティバル短編演劇祭
 終了:2017年3/7(火) 東海連合VS北海同盟(仮)

東北支部
 終了:2016年11/19(土)・20(日) 東北演劇見本市in盛岡

東海支部
 2017年9/15(金)〜17(日) 劇王XI アジア大会開催決定!
 終了:2017年3/18(土)・19(日) ミノカモ学生演劇祭
 終了:2017年1/21(土)・22(日) 劇本2 
 終了:2016年9/24(土) ナビイチリーディング プレ開催
 
関西支部
 終了:2016年度 関西版月いちリーディング
 終了:2016年11/23(水) スペシャル企画「劇作バトル!」
 
中国支部
 2016年3月21日発行  中国支部短編戯曲集「せぼね」
 終了:2016年10/9(日)・10(月・祝) 第四回中国ブロック劇王決定戦

九州支部
 終了:2017年2/5(日) 月いちリーディングin北九州

言論表現の自由のよって立つところ
 ── なぜ劇作家協会は「安全保障関連法案」に反対するのか。
 言論表現委員の永井愛に聞く ──

シリーズ ー 表現の自由を語ろう ー
日本の現状と未来への展望を、様々なジャンルのゲストと劇作家が語るシリーズ
第4回 九条やめたら運が逃げますよ 沢田研二×マキノノゾミ×永井愛
第3回 少しでも隙間を作っていく ─ 表現者の想像力 赤川次郎×永井愛
第2回 何で捕まったかわからない ─ いま、横浜事件を考えてみる ふじたあさやインタビュー
 第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか? 赤松健・福井健策・青井陽治・坂手洋二・谷賢一




Financial Report 2012 of the Earthquake Support


Following is the report of the account of “SHINSAI Theaters for Japan 2012”:

・Total revenue  ¥2,493,897
・Total expenses  ¥335,120
・CF to 2013   ¥2,158,777

▽ Revenue
(1)BF from 2011                 ¥111,729
(2)SHINSAI donations (from The Dramatists Guild Fund)    ¥2,284,204
(3)Donations into bank account(home)                   ¥10,000
(4)Donations in cash(home)                  ¥87,964

▽ Expenses
(1)Tohoku branch “Beyond March 11th” rehearsed reading (Morioka City) 
  ・Transportation expenses for the participants (gas, express way) , 8 cars  ¥174,120
  ・Lodging charges of participants for 20 nights ¥120,000
  ・Staff remuneration(part-time)    ¥41,000



 As a substitute for the report
  Kuramochi Hiroyuki  
(Japan Playwrights Association, Head of Tohoku Branch)
 



I was moved to tears when I learned that a play-reading event, “SHINSAI Theatres for Japan,” would be held throughout the USA to raise donations in support of theatre people in the Great Eastern Japan Earthquake-stricken Tohoku area; at the same time I felt slightly embarrassed that I had not already done anything directly for victims of the earthquake.
 And when I, as a theatre person from Tohoku, came to the point when I had to decide how to use that donated money, I was at my wit’s end.
 The stricken areas are wide-ranging. They include, for example, Sendai, where there are persons who earn half of their living via theatre, and other areas such as Iwate and Fukushima, where there are actors who make their living while holding other jobs but perform only once a year for decades. There are other areas where theatre itself is non-existent.
 The needy areas cover territory equal to that between San Francisco and Los Angeles, so I didn’t know how to distribute the donated money, to what kind of theatre people and for what purpose.
 We heard that in a coastal area in Iwate Prefecture, all the props kept in a warehouse had been washed away. In Iwate and Miyagi Prefectures there were theatre people who have lost their dwellings. On the other hand, there were actors from Tohoku who went to give performances in stricken areas. In what ways can we encourage those theatre people under different situations how best to use the contributions so generously sent by our American counterparts?
 To ponder for myself had a limit, and the Tohoku theatre people I would normally ask for advice were scattered. I talked to a few people face-to-face or on the phone and was given some good ideas:
 ・Create a play and tour with it.
 ・Make an anthology of earthquake-related scripts written by Tohoku playwrights.
 ・Get together anyway.
 Eventually we decided to use the donations to underwrite a rehearsed reading. Fortunately there was to be an Iwate Art Theatre Convention, which we used as a framework; in that way we were able to use the venue and thus save the costs.
 I talked with others who said they would be grateful to use their grant to underwrite future costs. We were united in mutual support.
 Some day a Tohoku theatre may create a play with a message to our American counterparts or a play communicating the current situations of the stricken areas. Until then we will live these post-earthquake days with grateful hearts.



The 65th Iwate Art Festival Theatre Convention “Beyond 3.11, rehearsed reading”: as a token of appreciation for “SHINSAI Theaters for Japan”

 Date 4th November, 2012
 Venue: Town Hall, Morioka Theatre

The charity project “Shinsai Theaters for Japan” was held on 11th March, 2012 in more than 70 areas in USA; in response “Shinsai Theatres for Japan in Tokyo” was held on 5th August. Both of them consisted of series of 19 short scripts related to the earthquake and written by Japanese and American playwrights.
And on 4th November six out of those scripts were rehearsed and read at Morioka City in Tohoku.


◎ Program
1. Hassaku (selection) by Ishihara Nen
  performed by Trouble Café Theatre(Iwate)
2. Wind from Northwest by Shinohara Kumiko
  Performed by Unit Rabits (Fukushima)
3. A Problem of Blood by Sakate Yoji
  Performed by Numayama Hanako, Eto Masaru(Aomori)
4. Child is Father to Man written by Philip Kan Gotanda, translated by Yoshihara Toyoshi
  Performed by NakaJo Nobu (Miyagi)
5. A Guide to Japanese Etiquette written by Doug Wright, translated by Tsuneda Keiko
  performed by Gekidan Seminar (Iwate)
6. Sayonara II (selection) written by Hirata Oriza
  Performed by Produce Team Will Power (Akita)

◎  Post-Performance Talk: “Support in the aftermath of the earthquake and theater”
How have the plays created after the earthquake changed or have not changed.
What is the role of theatre in the post-earthquake support? What are the thoughts of the theatre people who are supported?
We will think about the distance of each person between the earthquake-stricken area.

 
Panelists: Shinohara Kumiko, Hase Hiroichi, Takamura Akihiko, and representatives from each prefecture.
MC: Kuramochi Hiroyuki
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2019年度のプログラム(全12企画)

▽ 3月11日(水)〜15日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『罪男と罰女』
作・演出:丸尾丸一郎

<2020年度>
▽ 4月4日(土)〜12日(日)
青年団プロデュース公演
『馬留徳三郎の一日』
作:高山さなえ 演出:平田オリザ

アピール・決議

  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2019年12月15日付 続きを読む...
  • 日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同について +

    日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて +

    「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール 続きを読む...
  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

Facebook

会報『ト書き』

 

劇作家大会特設サイト

日本劇作家大会2014豊岡大会の記録写真を特設サイトで公開しています。