求人!事務局スタッフ募集!

募集案内

 

リーディングフェスタ2022

映像公開中!
◯ 俳優と戯曲でセッション
公募短編戯曲リーデイング
出演:
安藤理樹
おぐりまさこ (空宙空地)
西山水木
福井 夏 (柿食う客)
山田百次 (ホエイ)

◯ 新人戯曲賞 佳作リーデイング
『わたしのそばの、ゆれる木馬』
作:仁科久美
演出:日澤雄介
出演:
石田迪子
小山萌子
七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味)
高畑こと美
西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
山田宏平
山本郁子(文学座)

 

第28回劇作家協会新人戯曲賞

佳作決定!
審査員による選評

 

新!劇作家協会のナカミ

インタビュー公開中!
劇作家協会の活動と人を紹介するインタビュー企画
公開中!
Vol.1 会長 瀬戸山美咲×聞き手 桑原裕子
Vol.2 教育部理事 鹿目由紀×聞き手 堀川 炎

 

若手劇作家応援プラン!

受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

劇作家協会公開講座2022年夏

戯曲から始まるアクセシビリティ
催しは終了しました
アーカイブ公開については追ってご案内いたします

第26回鶴屋南北戯曲賞

受賞作決定!
内藤裕子
『カタブイ、1972』

 

戯曲デジタルアーカイブ

550以上のタイトルが揃った戯曲の図書館(別サイト)


戯曲デジタルアーカイブとは (当サイト内)

 

月いちリーディング

趣旨・概要・プロモーションビデオ
俳優によるリーディングと、ゲストたちとのディスカッションにより、戯曲改稿のヒントを探るワークショップです。支部運営も含め、居住地にかかわらずどこからでもご応募いただけます。

2年分のアーカイブ(YouTube)

◎ リーディングWG

リーディングWG

【2023/1/28(土)16:00】オンライン
ご予約受付は終了しました
沖縄支部と共同開催
戯曲:知花錦『幸か不幸か』
ゲスト:竹田モモコ 中屋敷法仁

【2023/2/25(土)16:00】オンライン
ご予約は2月はじめより承ります


【2023/2/25(土)】オンライン

◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB
【2023/1/28(土)】大阪市内
戯曲募集中!

◎ 九州支部
九州支部FB

 

演劇緊急支援プロジェクト

ハラスメント対応

基本要綱と申告用のチャート
 
会員意見募集中→募集期間終了
ハラスメント防止ガイドライン(案)

 

演劇の創造現場からあらゆるハラスメントや性加害をなくしていくために私たちは発言し行動します

2022年5月13日付け発表

 

ロシアによるウクライナ侵攻に対する反対声明

2022年3月4日付け発表

AICT「ロシア軍によるウクライナ侵攻に際して」への賛同について

2022年3月7日付け賛同

 

会報『ト書き』

67号と68号の、全ページ閲覧/ダウンロードが可能です

 

劇作家が知らなければいけない「著作権」の話

会報「ト書き」より、福井健策氏連載のバックナンバー公開!

 


2012年8月18日(土)・19日(日)開催 
教文演劇フェスティバル2012「短編演劇祭」


北海道代表決定! 
納谷真大 (イレブン☆ナイン)


札幌市の教文演劇フェスティバルでは、2008年より「教文短編演劇祭」を行なっています。
北海道内外で活躍する劇団やユニット、10チームが集まって、しのぎを削る2日間。

今年の決勝戦には、二連覇中の王者「イレブン☆ナイン」がシード参戦するほか、2012年2月の劇王IXの覇者・平塚直隆率いる「オイスターズ」も電撃参戦
書類審査を経て、予選に進めるのは8チーム。会場費もスタッフ費用も無料でご参加いただけます。

 『劇王X~天下統一大会』概要

 詳細は教文短編演劇祭のサイトで必ずご確認ください。
 お問合せは、下記に記載の教文演劇フェスティバル実行委員会事務局まで。
 *劇作家協会事務局では承っておりません。


 予選進出8チーム
劇団アトリエ(札幌) 『ふつうに愛、』
劇団『風蝕異人街』(札幌) 『最後の夏』
大人の事情協議会(札幌) 『N(エヌ)』
オパンポン創造社(大阪) 『ストラーイクッ』
Bee Hive(札幌) 『真猛者(マコトタケキモノ)』
TBGS:THE BIRDiAN GONE STAZZIC.(札幌) 『愛のテーマ』
words of hearts(札幌) 『さけびつづけるえれじい』
パセリス(東京) 『ゴッドブレス』

 5月27日に行なわれた公開書類審査の模様は、教文演劇フェスティバルのサイト でご覧いただけます。

【開催スケジュール】
4月30日(月) 応募受付締切
5月27日(日)14:00〜 公開書類審査・即日発表
8月10日(金) 総見
8月18日(土) 予選
8月19日(日) 決勝戦

【優勝特典】
☆ 「劇王X」への出場権
☆ 斉藤雅彰委員長手作りのチャンピオンベルト
☆ 2014年3月 教文小ホールでの上演権(平日3日間利用・80万円相当の会場付帯設備の提供ほか)
☆ 次回の教文短編演劇祭のシード権

【お問合せ】
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目 札幌市教育文化会館内
教文演劇フェスティバル実行委員会事務局
TEL 011-271-5822 MAIL このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

主催 札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団) 教文演劇フェスティバル実行委員会
協力 日本劇作家協会北海道支部
後援 札幌市 札幌市教育委員会


募集は以下のように行なわれました
 募集要項

【劇王 作品共通ルール】
・上演時間20分以内
・数分で舞台転換可能
 *劇王本戦には役者3名以内というルールがありますが、教文短編演劇祭には人数の制限はありません。

【作品の規定・諸注意】
・オリジナル作品であること。1団体(1個人)につき1作品のみ。
・数分で舞台転換が可能なこと。
・照明・音響ともに、仕込みは統一プラン。音響ネタは各チームで用意。音源等の著作権は各チームで処理されていること。
・舞台スタッフ(舞台監督・照明・音響)はフェスティバル実行委員会で手配。
・舞台はリノリウム敷き。
・公演時の上演記録映像の著作権は実行委員会に帰属。

【応募資格】
・意欲的な演劇活動をしている団体(ユニットや個人も可)またはプロデュース集団であること。
  *活動地域は不問
・書類審査で選ばれた場合、参加費として5000円をお支払くださること。
 *書類審査は無料です
・8月10日(金)に札幌市教育文化会館で行なわれる、総見及び打合せに参加できること。
 *遠方の方は事前にご相談ください
・優勝した場合、劇王X(2013年2月9日~11日)に参加できること。

【応募方法】
上演台本、応募用紙(400字程度のあらすじを添付)、チーム写真を、
フェスティバル実行委員会事務局宛てに、郵送または持参またはメール送付してください。
 *応募用紙はフェスティバルのサイトからダウンロード、または実行委員会事務局に請求。
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎

▽ 3月15日(水)〜21日(火祝)
視点
『SHARE'S』
プロデュース:ハセガワアユム 吉田康一