2019年度 戯曲セミナー

受講生募集!
申込み受付中!

▽開講期間:2019年5月下旬〜2010年3月初旬
▽応募資格:特になし

第25回劇作家協会新人戯曲賞

応募受付期間:
2019年6月1日(土)〜7月1日(月)

応募要項



第22回 鶴屋南北戯曲賞

受賞作決定!

平田オリザ『日本文学盛衰史』
(原作:高橋源一郎)


日本劇作家大会2019 大分大会

終了しました
多くの方々のご参加・ご協力に感謝申し上げます。

月いちリーディング

リーディングとディスカッションの戯曲ブラッシュアップワークショップ。2019年度は盛岡・東京・神奈川・大阪・長崎・宮崎で開催。

趣旨・概要・プロモーションビデオ
東京・神奈川
東北支部FB
関西支部FB
九州支部FB

【東京】6/1(土)
戯曲応募締切:4/18(木)
ご予約は4/26(金)より承ります

担当:西山水木、吉田康一、関根信一

【大阪】6/29(土)
戯曲応募受付中! 締切:4/15(月)
ご予約受付中!

担当:ごまのはえ、樋口ミユ

【神奈川】9/21(土)
短編戯曲を取り上げます!
戯曲応募締切:8/4(日)

担当:山田百次、丸尾 聡

【Youtube】
2年分の録画公開中!
https://bit.ly/2PoqnSZ

 Webサイトのリニューアル作業中のため、表示の崩れやリンク切れがございます。
 しばらくの間 ご容赦ください


第15回AAF戯曲賞問題の経緯について
支部情報  2017年度の支部事業は追ってご案内いたします

北海道支部
 終了:2016年8/13(土)・14(日) 教文演劇フェスティバル短編演劇祭
 終了:2017年3/7(火) 東海連合VS北海同盟(仮)

東北支部
 終了:2016年11/19(土)・20(日) 東北演劇見本市in盛岡

東海支部
 2017年9/15(金)〜17(日) 劇王XI アジア大会開催決定!
 終了:2017年3/18(土)・19(日) ミノカモ学生演劇祭
 終了:2017年1/21(土)・22(日) 劇本2 
 終了:2016年9/24(土) ナビイチリーディング プレ開催
 
関西支部
 終了:2016年度 関西版月いちリーディング
 終了:2016年11/23(水) スペシャル企画「劇作バトル!」
 
中国支部
 2016年3月21日発行  中国支部短編戯曲集「せぼね」
 終了:2016年10/9(日)・10(月・祝) 第四回中国ブロック劇王決定戦

九州支部
 終了:2017年2/5(日) 月いちリーディングin北九州

言論表現の自由のよって立つところ
 ── なぜ劇作家協会は「安全保障関連法案」に反対するのか。
 言論表現委員の永井愛に聞く ──

シリーズ ー 表現の自由を語ろう ー
日本の現状と未来への展望を、様々なジャンルのゲストと劇作家が語るシリーズ
第4回 九条やめたら運が逃げますよ 沢田研二×マキノノゾミ×永井愛
第3回 少しでも隙間を作っていく ─ 表現者の想像力 赤川次郎×永井愛
第2回 何で捕まったかわからない ─ いま、横浜事件を考えてみる ふじたあさやインタビュー
 第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか? 赤松健・福井健策・青井陽治・坂手洋二・谷賢一


第4回劇作家協会新人戯曲賞

1998年度

後援 一ツ橋綜合財団
 


一次選考通過作品一覧(24作品)
 

道化 山口真央
セルロイド 詩森ろば
演劇神髄-ペルシア編 津島洋治
サンライズシネマクラブ 青柳省吾
ペナルティ・マリア EMI
もっとほめて。 門肇
魔笛-根南志具佐隠れ続編当世神仏品定め グラベル
あくびと風の威力 角ひろみ
春月の柳 立山ゆき
ランチ タイム セミナー はせひろいち
煙 立ち昇るとき 森本孝文
キャバレー-わたしたち夢売ってます 丸尾聡
TOGETHER AGAIN-ゴッホからの最後の手紙 宇都宮裕三
熱帯夜-王朝詩絵久寿比阿 藤田恵子
タアトルネック 尾久田露文
心が明日を夢みたら 鈴木志子
TOSHIKO-コンクリの女 山本篤
IROHA(いろは) 皇龍一郎
ホエタマカイの夜-又は、座蒲団をめぐる詩人たちのブルース 上田真弓
マクベスの妻と呼ばれた女 篠原久美子
knob 夏井孝裕
夜の風の闇のにおい 金井博文
二十一世紀ノ森 草加ヨウゾウ
南の国のアリス-あるいは日本語を巡る冒険 鈴木次郎



最終候補作品一覧(5作品)
 

ペナルティ・マリア EMI
あくびと風の威力 角ひろみ
TOGETHER AGAIN-ゴッホからの最後の手紙 宇都宮裕三
マクベスの妻と呼ばれた女 篠原久美子
knob 夏井孝裕



受賞作
 

knob 夏井孝裕


佳作・北海道知事賞
 

あくびと風の威力 角ひろみ




最終選考会は、1999年1月16日、劇作家大会開催中のかでる2.7(札幌市)において公開で行われた。
審査員は、井上ひさし、別役実、清水邦夫、鴻上尚史、横内謙介、平田オリザ、渡辺えり子。

受賞作と最終候補作をすべて掲載した「優秀新人戯曲集1999」は、
ブロンズ新社から発売中(本体1,500円+消費税)。
ISBN4-89309-163-8 C0074


 


総評/選考経過/選評



 

総評・選考経過
                                  永井愛


 公開審査会は劇作家大会3日目の1月16日、かでるホールで開かれた。審査員は井上ひさし、別役実、清水邦夫、渡辺えり子、鴻上尚史、横内謙介、平田オリザの各氏、司会は小松幹生氏と永井愛。
 188本の応募作から、二次にわたる選考を経て、最終候補作は5本となった。そのうち、女性の作品が3本と過半数を占めたのは初めてのことである。また、フェミニズムとディスコミュニケーションの描き方が論議の中心となったのも今回の特色だった。
 特に受賞作となった『knob』は、男性審査員と渡辺えり子氏で賛否が二分された。私自身、渡辺氏の意見と重なる部分が多かったので、これが男性と女性の物の見方の違いなのか、審査員の顔ぶれでたまたまこう分かれてしまったのかと興味深かった。
 ここには男性にマゾヒスティックな愛情表現をする女性しか登場しない。この作品を強く推す平田氏も懸念されたことだが、これを作品に不可欠な男女関係と読むか、渡辺氏のように作者の差別的女性観の反映と読むかで、他の描写への信頼も変わってくる。
 ここで扱われるコミュニケーション不全も、現代を描く手法として有効だと高く評価する男性陣と、「思わせぶりな小ワザ」だとする渡辺氏は相容れず、論戦となった。
 フェミニズムもコミュニケーション不全も現代劇作家の重要なテーマであるだろう。今後も様々な試みがなされてほしいが、性差を越えて共感できるような作品の登場に期待したい。また、他者と結び合えず個に閉じこもってゆくにしても、ゴッホやゴーギャンのように壮大な敗れ方は、もはや過去の人物に託さなければ描けないのかとも考えさせられた。

 EMI氏の『ペナルティ・マリア』は、ある女性の起こした殺人事件を軸に、死刑制度の是非を問いかける芝居。多くの審査員が作者の力業は認めながらも、「国家論にまで踏み込まねばならない問題を途中で逃げてしまったのが惜しい」(井上氏)など、展開が殺人犯の事情の方に流れてしまったことに物足りなさを感じたようだ。
 角ひろみ氏の『あくびと風の威力』は少女のまま成長を止めたかのような女性の寝室で小学校時代が幻想的に甦り、それが阪神大震災に繋がる過去でもあることが暗示されている。「セリフがいい。詩だ」(鴻上氏)「死の匂いのする作りが劇的」(清水氏)と高い評価が相次ぐ中、「感覚的なひらめきは感じるが、構造の確かさがない」(別役氏)との声もあった。
 宇都宮裕三氏の『TOGETHER AGAIN-ゴッホからの最後の手紙』は、ゴッホと弟のテオ、ゴーギャンの交流が描かれる。三好十郎の『炎の人』を越えないオリジナリティーの弱さが平田氏に指摘されたが、「今どきこういうテーマに挑戦した。テクニックだけでない可能性を感じる」(横内氏)「やっかいな純粋さを描いたのが好き」(渡辺氏)と、好意的な批評も出た。
 篠原久美子氏の『マクベスの妻と呼ばれた女』は『マクベス』を城の女中たちの立場からリメイクした「フェミニズムの視点」を渡辺氏が指示、着想の面白さは全員に買われた。だが、「マクベス夫人の追いつめが弱い」(井上氏)「男にとっても魅力的でないマクベス夫人をやっつける必要が感じられない」(横内氏)など、人物の類型化や「フェミニズムが一般論に終わっている」(別役氏)点が惜しまれたようだ。
 夏井孝裕氏の『knob』は開発中止になったビルに入り込んだ男女の「関係不全症候群の様子が描かれている」(別役氏)と言えるかもしれない。「構成が5作の中で一番いい」(平田氏)「この年令でしか書けない感性で世界を切り取った」(鴻上氏)「現代をどう映しとるかでは一番鮮烈。偶発的な死も新しい描き方」(別役氏)「正体はつかめないが、非常にいろんなものを投げかける」(清水氏)など、ほとんどの男性審査員の支持を集め、「あなたの病気はこうですよと投げ出されただけのような気がする」と積極的には推さなかった井上氏も、作者の筆力は高く評価した。
 対して渡辺氏は、作者の女性観、世界観、演劇観のすべてを受け入れがたいとし、「手法も古く、またかの感がある。マニアックな世界から逃れようとしないご都合主義で、思わせぶりな空間を作っているだけ。これを認めることは私の演劇人生を否定すること」と真っ向から対立した。
 第1回投票(1人2票)を経て、最終候補作は『あくびと風の威力』(6票)と『knob』(5票)にしぼられた。ここでまた渡辺氏と男性審査員の激しい応酬となったが、最終投票(各1票)では前者が3票(井上、渡辺、鴻上)、後者は4票(別役、清水、横内、平田)となり、僅差で『knob』が受賞、『あくびと風の威力』は佳作とされた。
 4時間に及ぶ審査会だったが、客席の反応もよく、後半の論戦にはたびたび笑いが起きた。最終候補者の皆さんには痛い言葉も飛びかったと思うが、審査員もまたマナイタに乗っているのだと実感させられた。
 大奮闘の審査員各氏はもちろん、一夏をかけて一次、二次の選考に関わってくださった劇作家の皆さん、今回から後援を引き受けてくださった一ツ橋綜合財団の方々に深く御礼申し上げます。


 




選評


井上ひさし

 みごとな鎮魂曲
 『あくびと風の威力』(角ひろみ)と『マクベスの妻と呼ばれた女』(篠原久美子)の2作品に授賞――これがわたしの夢だった。
 『マクベス……』は発想に手柄がある。こんなことに、たぶんこれまで世界中で気づいたひとはいなかったのではないか。もっとも、その発想を正確にふくらませて、もっともっと凄いものに育て上げる手続きは、あえて直言すれば、幼い。もう一度、書き直して、早く上演なさってください。むしろ外国で評判になるかもしれない。
 作品の完成度は、『あくび……』の方が、はるかに勝っている。阪神大震災で亡くなった小学6年生の子どもたちが、10年後に同級会を開くという仕掛けがすばらしい。その上、対話は、どこを取っても活き活きと弾んでいる。そして最後に向って静かに、だが強く高まっていく劇的な圧力……。やがて舞台は透明な詩にまで浄化される。これはほんとうに新鮮で、みごとな鎮魂曲である。
 『knob』(夏井孝裕)、『TOGETHER AGAIN』(宇都宮裕三)、そして『ペナルティ・マリア』(EMI)の3作品については、公開審査会で申し上げたことにつきる。いまさら付け加えるべきことはなにもない。


別役実

 私は今回、夏井孝裕の『knob』を受賞作として推した。現代というものを、風景として最もシャープに写し出している、と考えたからである。「対人関係不全症候群」と一般には言われているらしい、それぞれにそれらしい関係を築くことの出来ない男女が、場所とも言えない場所を右往左往しながら、「現代」という奇妙な状況を探っている作品、とでも言えばいいだろうか。
 それぞれの登場人物に対する、いわば「突き放し方」に歯切れのいいものを感じた。全体の運びは淡々としていながらも、弛緩を感じさせないのは、そのせいであろうと思われる。
 他では、角ひろみの『あくびと風の威力』に関心を持った。全体にナイーブで初々しいものがあり、科白つくりも大変魅力的であったが、やや作り方に細工をしすぎているように思われ、それによって、本来ならそうあるべきのびやかさが、欠けているように思われた。


鴻上尚史

『マクベスの妻と呼ばれた女』は、せりふが魅力的で、大変、アイデア溢れる作品でした。書きたい想いが、一番溢れた作品でもありました。ただ、想いが溢れるあまり、作品が、少々図式的になっているところがあり、残念でした。
『TOGETHER AGAIN-ゴッホからの最後の手紙』の作者は、大変、筆力のある人でした。筆力が、作品を破綻なくまとめようという意識に強く出たのではないかと思います。もう少し遊びがあるとよかったと思います。
『あくびと風の威力』と『knob』は、甲乙つけがたく魅力的でした。ほんの少し、『knob』の方が、構成がしっかりしていました。共に、みずみずしい感性が、ちゃんと言葉になっていて、素敵でした。これから、どんなふうに成長するか楽しみです。
最後に、公開選考会ですからさまざまな「暴言」が飛び出しますが、応募者の方たちが、深く傷ついていないことを祈るだけです。がんばって下さい。


清水邦夫

 『ペナルティ・マリア』は、劇的な〈力〉のある作品だった。しかし、読んでいくうちに、整いすぎているのが気になってきた。もっと枠外にはみ出していって欲しいと思った。
 『あくびと風の威力』は映画『スタンド・バイ・ミー』を想起させた。あれは少年たちが“死体”を見にいく話だ。ここには“死体”は直接出てこないが、かけがえのない日々の背後に“死”が見える。
 『TOGETHER AGAIN-ゴッホからの最後の手紙』は、技術的には作者の力量を感じさせた。ただ、もっと資料の〈闇〉をドラマに利用すべきだ。そうすれば、そこに独創が生れる。
 『マクベスの妻と呼ばれた女』は、“マクベス夫人には名前がない”という出だしに意表をつかれた。その着想はすばらしいと思った。が、ドラマにはその着想がうまく機能していなかった。惜しいと思う。
 『knob』は、スリリングな作品だった。登場する人間たちが、それぞれあやうい感情の綱渡りをしている。さりげないえがき方をしているが、感情の真の無法地帯がある。くり返しでなく、こういう質の作品が次に書けるか…。
 わたしは、『あくび…』と『knob』のいずれかが当選作と思っていたが、結局『knob』の“作品からはみ出してくるもの”を買った。


平田オリザ

 上演と離れて戯曲を書くということが、難しい時代です。これまでの受賞の傾向を考えても、やはり上演を前提とした戯曲、上演を経た戯曲が高い評価を得ているように思います。それは単に、上演を経て、完成度が高まっているというだけではなく、舞台上演という制約の中で、「書きたいこと」と実際の舞台で「実現できること」の間の緊張関係を経た作品の方が、やはり読み応えのあるものになっているのではないかと思うのです。
 『マクベスの妻と呼ばれた女』は、素晴らしいアイデアを持った作品ですが、後半、書きたいことが先に出てしまっている分、損をしているように思いました。
『knob』は、構成のしっかりとした意識の高い作品でした。難を言えば、これは他の応募作品にも言えることですが、戯曲賞に応募する以上は、ト書きなどを、多少読み手を意識する形に書き換えてもよかったのではないでしょうか。


横内謙介

 『knob』と『TOGETHER AGAIN』を推した。といっても『TOGETHER AGAIN』の方はエコ贔屓をした。人間の出会いと別れという、いわば芝居の王道を小細工なく堂々と、しかもゴッホとゴーギャンという超有名人を使って描くという愚直さに惚れたのだ。体温が低い感じの登場人物たちが、衝突もなくすれ違っている様を淡々と描いているような芝居が多い昨今、古臭いかもしれないけど、こういうダイナミックな芝居を応援したかった。ただ、あまりに愚直過ぎて、少々独善的な仕上がりだった。かなりのテクニックも持った作家だと思うので今後に期待したい。
 一方『knob』は私の趣味ではないのだが、よく磨き込まれたセリフと緻密で企みに溢れた構成が見事で、その完成度が抜きんでていた。そんなに人間が嫌いで、生きることに絶望して、何で演劇なんかやってるのかという質問を作者に向けたくなるほど、暗く冷たい世界だ。しかし「消えない傷が欲しかった……」という終盤の女主人公のセリフに一縷の希望を感じた。すれ違いじゃ、もうダメなんだ。この一点において、私はこの作品を許す。にしても、正面からの大衝突を剛速球で描いた作品があれば、この虚無的な世界は簡単に吹き飛ばせるのにと思う。来年は、そういう逞しい作品が出現してくれることを願う。
 触れる余裕がないが他の作品も秀作揃いだった。今回は特に上手い人が揃ったと思う。どの作家もいいプロデューサーか演出家と出会えば、すぐにプロの仕事が出来る力を持った人たちだ。特に篠原さんは使い頃だ。


渡辺えり子

 私は角さんと篠原さんの作品にひかれた。両者とも言葉に個性的なリズムがあり、書こうとする強い力が感じられた。
 角さんの作品には、震災で奪われた少女達の時間を思い出にしてはならないという真摯な心情が底にしっかりと流れている。死んだ少女達と、今を生きる私達の世界が舞台上で同化する時、傷を負い生きることの痛みが癒されるのかもしれない。死者と生者の両者への柔かできびしい鎮魂の劇のように思えた。
 篠原さんは、色々な意味でなかなか手を出しづらいテーマにストレートに挑んでくれた。その勇気にまず拍手を送りたい。手を出しづらいというのは、この作品に対する男達の反応を見れば言わずもがなである。そして台詞の生きが良く力強い。ケイト「あたし男は余ってんだけど、みんな帯に短し襷に長しで困ってんのよね」ジュリエット「短いのは継ぎ足して帯に使う。長いのは二つに折って襷に使うのよ」シーリア「どっちにしろ使うんですか?」ジュリエット「そう」お見事!である。男には書けまい。
 宇都宮さんの作品も好きだった。演劇を続ける事の意味を、誰もが思い浮かべることのできる二人の画家の個性を借りて描こうとしたのだろう。自分自身に向けられた激しい刃で、読む側も突かれる思いがする。芝居の好きな人である。
 EMIさんも達者で力のある人だと思うが、このテーマなら身の回りの設定で描く事は出来なかったのだろうか? 自分自身の傷口をオブラートで包みすぎてはいないだろうか。
 夏井さんの作品には付き合いきれない。幼い繰り言を聞いている感じである。昔何度も観た事のある小劇場芝居の嫌な部分を観ているようだ。何かありそうで何もない思わせぶりな台詞、作家の頭の中で矮小化されたオモチャのような女の登場。なぜこの作品が5作品の中に選ばれたのか私には理解できなかった。
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2019年度のプログラム(全12企画)

▽ 5月11日(土)〜19日(日)
劇団扉座
『新浄瑠璃 百鬼丸~手塚治虫『どろろ』より~』

▽ 5月29日(水)〜6月2日(日)
JACROW
『ざくろのような』
作・演出:中村ノブアキ

▽ 6月5日(水)〜9日(日)
演劇集団ワンダーランド
『過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝』
作・演出:竹内一郎

アピール・決議

  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年10月30日付 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3

Facebook

会報『ト書き』

 

劇作家大会特設サイト

日本劇作家大会2014豊岡大会の記録写真を特設サイトで公開しています。