2.5次元脚本コース

アニメ・漫画・ゲーム・小説を舞台化! 第一線で活躍するプロが教える実践講座
受講案内
開講:2024年6月25日(火)
お申込み受付中!

 

第30回劇作家協会新人戯曲賞

応募要項
応募受付期間:
2024年6月3日(月)ー7月1日(月)

 

長編戯曲の改稿講座

関西で活躍する劇作家が戯曲改稿に伴走!
受講案内
開講:7月20日(土)
ご応募受付中!

 

金沢・高知「戯曲を書いてみよう!」

受講案内
金沢:7月13日(土)・14日(日)
高知:8月3日(土)・4日(日)
お申込み受付中!

 

リーディングフェスタ2023

沈黙を読む〜太田省吾『小町風伝』リーディング
トークセッション「教えて、太田省吾さん」

映像配信中!

 

若手劇作家応援プラン!

2024年度も受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

改稿サポートする輪。
(月いちリーディング)

趣旨・概要

◎ 東京

リーディングWG
【6/29(土)】
ご予約受付中!
・ゲスト:土田英生 他1名

【7/27(土)】
戯曲募集中! 締切:6/3(月)


◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB

【6/8(土)】
・ゲスト:たみお 大信ペリカン

◎ 九州支部
九州支部FB

◎ アーカイブ
1年分の動画(YouTube)

 

会報『ト書き』

67号〜70号を全ページ閲覧/ダウンロードできます

 

戯曲デジタルアーカイブ

劇作家権利処理DX化プロジェクト 報告書公開!

500本以上収録の戯曲の電子図書館(別サイト)

 


第13回鶴屋南北戯曲賞の受賞作が決定しました。

 

[主催] 光文シエラザード文化財団
[協力] 日本劇作家協会

2009年を対象とする第13回南北賞は、2009年12月17日の第1次審査でノミネートされた、4人5作品を対象に2010年1月19日に最終選考委員会を開催。
下記の作品が選出されました。

       「神戸・北ホテル」 小幡欣治

 南北賞の正賞はブロンズ像、副賞が賞金200万円。
 選考委員は現役の演劇記者。第13回は、
  山口宏子(朝日新聞)、竹島勇(東京新聞)、内田洋一(日経新聞)
  大島幸久(報知新聞)、高橋豊(毎日新聞)、杉山弘(読売新聞)
 の各氏でした。

 第1次審査でノミネートされたのは、次の4人5作品。
       「関数ドミノ」「奇ッ怪」  前川知大
     「大人の時間」  鐘下辰男
     「神戸・北ホテル」  小幡欣治
     「マレーヒルの幻影」  岩松了

 贈呈式は2010年3月16日に、第13回日本ミステリー文学大賞、
 第13回日本ミステリー文学大賞新人賞と同時に行なわれます。


 

 鶴屋南北戯曲賞とは

平成8年7月に光文社創立50周年を記念して発足した、財団法人「光文シエラザード文化財団」は、財団活動の一環として日本演劇界の活性化を目指し、日本劇作家協会の協力を得て、鶴屋南北戯曲賞(通称南北賞と呼称)を設定した。
戯曲に与えられる賞のうち、従来の岸田賞が文学の世界でいえば芥川賞的性格を持つのに対して、斬新な発想と大胆な筋書きによって、当時の江戸庶民に人気を博した4世鶴屋南北の名を冠した南北賞は、直木賞的性格を持つといってよいだろう。



南北賞は年間最優秀戯曲賞というべきもので、次の条件を満たす作品の中から選ばれます。
1.その年の1月~12月に日本国内で上演された戯曲であること
2.日本語で書かれた新作戯曲であること(作者の国籍は問わない)

これまでの受賞作など光文シエラザード文化財団
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2024年度のプログラム公演

最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 5月22日(水)〜26日(日)
劇団匂組
『まほろばのまつり』
作=大森匂子
演出=原田一樹

▽ 6月6日(木)〜16日(日)
劇団扉座
『ハロウィンの夜に咲いた桜の樹の下で』
作・演出:横内謙介

▽ 8月10日(土)〜18日(日)
あやめ十八番
『雑種 小夜の月』
作・演出=堀越 涼