第三回 ミノカモ学生演劇祭

ガクゲキ大賞
 名古屋学院大学ほか「赤いスリッパ企画」


 『ビサイド』 作/演出:児玉健吾
        出演:安達貴之、岡本茉里名、高木俊輔、森大地



学生4劇団がミノカモ合宿で生んだ「全オリジナル短編作品」

岐阜県美濃加茂市に2泊3日滞在し、取材と勉強会に取り組んだ学生たち。
そのミノカモでの体験を基に作品を書き、各大学
で稽古を重ね、再びミノカモに集まって上演する、新しいスタイルの短編演劇祭です。
地域と学生がダイレクトに刺激し合った4作品の中から、観客の皆様と審査員の投票により、グランプリ作品が決定します。

[日にち] 2015年3月7日(土)・8日(日)
     ⇒ 終了しました
[会場]  美濃加茂市文化会館
     (岐阜県美濃加茂市島町2-5-27)


主催:美濃加茂市
  ミノカモ学生演劇祭実行委員会

協力:日本劇作家協会東海支部
坪内逍遥博士顕彰会
チラシ (jpg)


【タイムテーブル】
⇒ 終了しました
2015年3月7日(土) 16:30開場
 17:00 短編4本連続上演 (1本20分以内) **終演後に観客投票
 19:00 劇作家シンポジウム **終了後に集計結果の暫定発表

同 3月8日(日) 13:00開場
 13:30 短編4本連続上演 (同) **終演後に観客投票
 15:30 審査員による講評会
 16:00 最終結果発表、表彰式

【参加大学】
 名古屋大学「劇団新生」
 北九州市立大学×大手前大学「Nomad」
 中部大学「とらの穴」
 名古屋学院大学ほか「赤いスリッパ企画」

【審査員】
 安住恭子 (特別ゲスト審査員・演劇評論家)
 刈馬カオス (刈馬演劇設計社)
 渡山博崇 (星の女子さん)
 長谷川彩 (劇団さよなら)
 はせひろいち (ミノカモ学生演劇祭実行委員会代表/劇団ジャブジャブサーキット)

【司会・進行】
 天野順一朗 (劇団「放電家族」/どっかんプロ)
 鏡味富美子

【劇作家シンポジウム「昨今の学生演劇、現状と課題」】
 出演:安住恭子 (演劇評論家)、渡山博崇 (星の女子さん)、刈馬カオス (刈馬演劇設計社)
 司会:はせひろいち (劇団ジャブジャブサーキット)

【入場料】
 無料

【詳細/参考】
 ・美濃加茂市文化会館
 ・みのかも取材日記 戯曲ワークショップ

【お問合せ】
 みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアム
 TEL: 0574-28-1110

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 10月28日(水)〜11月3日(日)
iaku
『The last night recipe』
作・演出= 横山拓也

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣殿』
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』

▽ 12月9日(水)〜15日(火)
TOKYOハンバーグ
『最後に歩く道。』