今日は書くのを休んで、劇作家が戯曲のこと、芝居のこと、劇場のことを思うぞんぶん話そうじゃないか、という一日。演劇の明日を考える貴重な一日に、そしてお客様と劇作家がふれあう楽しい一日にしたいと思います。

  開催日:2009年12月13日(日)
  会場:座・高円寺

第15回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会は同日18:30から。


トークセッション
 戯曲セミナー卒業生企画 『劇作家になるとは? 劇作家を育てるとは?』

 12:00~13:00(開場11:30) [入場無料]

日本劇作家協会主催の戯曲セミナーは来年10年目を迎えます。これまでの受講者数は約700名。“劇作”を学ぶことで彼らはどう変わったのか。今後なにを目指してゆくのか。現在活躍中の劇作家である講師たちと、これからの活躍を期する卒業生有志たちが、“今”と“これから”の戯曲、そして劇作家について語ります。

  • 話し手:坂手洋二 横内謙介 マキノノゾミ 篠原久美子 セミナー卒業生有志

シンポジウム
 日本劇作家協会プログラムスタート記念『劇作家と劇場』

 16:15~17:45(開場15:45) [入場無料]

日本劇作家協会は座・高円寺とパートナーシップ協定を結び、劇場プログラムへの企画協力をしています。劇作家が考える劇場とは? 劇場と劇作家のこれからの関わり方とは? “劇場”という場の新たな可能性を、劇作家たちが語り合います。

  • 司会:マキノノゾミ 渡辺えり 
  • パネラー:岡安伸治 坂手洋二 西山水木 須永克彦 石原美か子

第15回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
 18:30~21:00(開場18:15) [入場料:1000円 予約不要]
 

演劇界の年末イベントとして定着してきた新人戯曲賞。第15回目の今年の応募総数は161本。最終選考に残った5作品について公開で審査し、最優秀賞を選出します。

      • 審査員:川村毅 斎藤憐 坂手洋二 佃典彦 マキノノゾミ 横内謙介 渡辺えり

 *平成21年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 後援:一ツ橋綜合財団
 *最終候補作品を掲載した『優秀新人戯曲賞2010』、ブロンズ新社より発売中!

⇒詳細はこちら (PDFファイルが開きます)

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎

▽ 3月15日(水)〜21日(火祝)
視点
『SHARE'S』
プロデュース:ハセガワアユム 吉田康一