応募受付は終了しました
応募総数は74本。たくさんのご応募、どうもありがとうございました。
受付期間 2018年8月7日(火)〜9月30日(日)


短編戯曲募集!

─── リーディングフェスタin大分 戯曲に乾杯!───


題材は「豊」

ゆたか、だけじゃつまらない。
あなただけの「豊」な戯曲、お待ちしています

 
 チラシ オモテウラ (PDFが開きます)

劇作家協会のリーディングフェスタを大分で!
例年は東京開催の「リーディングフェスタ」を、2019年1月24日—27日に開かれる「劇作家大会2019大分大会」で行ないます。
公募短編戯曲のリーディングは最終日27日(日)の、閉会式前の大ホールで行なう予定です。
客席に座る数多くの劇作家たちが、あなたの短編に耳を傾けます。

豊後国にちなんで題材は「豊」。
「豊」という言葉から自由に発想した、15分程度の短編戯曲を募集します。

応募作から選出された3〜4本を、俳優がドラマリーディング。ゲストを迎えてブラッシュアップのトークセッションも行います。トークには選出戯曲の作者もぜひご登壇を!

⇒劇作家大会の詳細は特設サイトで。

文化庁委託事業「平成30年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人日本劇作家協会 
制作:一般社団法人日本劇作家協会 
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺 




短編をかかえて大分へいざ

 座・高円寺で開催してきたリーディングフェスタですが、今年はなんと、劇作家大会にあわせて大分で開催することになりました! その目玉企画として恒例となりました短編戯曲リーディングを行います。お題は豊後国(ぶんごのくに)から一文字もらって「豊」です。この一文字から発想される短編戯曲を募集します。人生にとって豊さとはなんだろう?といったことから、友だちの豊くんのことまで、たくさんの作品をお持ちしています。ちなみに僕は温泉につかると、いいアイディアが浮かぶことが多いです。(これほんと)

── 山田裕幸 (リーディング部 部長)


あなたはそこに、何を付け加えますか?

 この5年間で40作品近い短編劇をつくり上演しました。短い(あたりまえ)、たくさん俳優を出せない(コストパフォーマンスが悪くなるから)など制約が、短編劇にはあります。ストーリーライン的にも、あまり複雑にはできません。最初の状態があって、途中があって、最後がある、くらいの3段階かなぁ。ぼくはさらに、舞台空間は二畳、照明は地あかりのみ、その他の縛りを自分たちに課しています。結果、演劇から余計なものを取り除いた本来の姿、演者がいて観客がいるというシンプルさを、実感と共に思い出させてくれました。
 でもやっぱり……演者と観客がいるだけで時間が過ぎていく、ってわけにはいかないですよね。物足りないですし。舞台に俳優がいる。あなたはそこに、何を付け加えますか? どんな言葉を? どんな思いを? ぼくは主に「ことばが紡ぐ物語」と「人のすがた」を加えているつもりです。

── 長谷基弘 (リーディング部)

 劇作家協会リーディング部
  部長:山田裕幸 副部長:吉田康一
  大西弘記 鹿目由紀 鎌内 聡 サカイリユリカ 瀬戸山美咲 関根信一
  中津留章仁 中山朋文 西山水木 長谷基弘 ハセガワアユム 藤崎麻里
  藤田卓仙 舟橋“委員長”慶子 丸尾 聡 美崎理恵 山田百次




《リーディングフェスタin大分 戯曲に乾杯!

[日程]
2019年1月25日(金)
月いちリーディングのつくり方
9年間にわたり、若手・新進劇作家の次の一歩を拓いてきた戯曲ブラッシュアップワークショップ「月いちリーディング」。その方法をナビゲーション付きで開催!
2019年1月27日(日)
公募短編戯曲リーディング「豊」+ブラッシュアップセッション

[会場] J:COM ホルトホール大分 (大分県大分市金池南1-5-1)

  
2018年度の短編戯曲リーディングとブラッシュアップセッションの様子
*出演者・ゲストは毎年変わります

募集要項  要項PDF⇒

応募受付期間 受付は終了しました
 ・2018年8月7日(火) 0時0分ー9月30日(日) 23時59分

応募資格
 ・不問

応募規定
 ・「豊」を題材とした作品であること
 ・上演時間15分以内を想定した短編戯曲
 ・ひとり1作品
 ・原作のあるものの脚色は不可
 ・他の戯曲・小説・映画などの一部を使用する場合は、使用箇所と作品名を明記し、
  著作権処理が必要な場合は応募者の責任で行なうこと

原稿形式
 ・1ページ目に作品タイトルと作者名を記載
 ・2ページ目に400字以内の梗概を記載
 ・3ページ目から戯曲の本文
 ・Word、一太郎、Pages、テキストなど、レイアウトを変えられる形式のデータとすること (PDFは不可)
 ・ページ番号をふること
 **添付ファイルとしてご送信ください。メールに直接書いたものは不可。
 
応募方法
 ・メール受付のみ
 ・件名を「フェスタ短編戯曲」として このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 まで送信
 ・メール本文に以下を記入のこと
 **数字はできるだけ半角で記載してください

 1.)氏名 (ペンネームの場合は本名も)
 2.)ふりがな
 3.)年齢
 4.)住所 (郵便番号から)
 5.)電話番号
 6.)メールアドレス
 7.)2019年1月27日(日)にホルトホール大分に来場可能か? また、トークセッションに参加できるか?

 **応募後に受付メールをお送りしますが、原稿確認のためお時間をいただきます。
  1週間以内に受付メールが届かなかった場合は、お名前とお電話番号を明記のうえ
  ご連絡ください。

注意事項
 ・この募集は賞ではありません。
 ・作品の選出はリーディング部メンバーが行ないます。必ずしも最も完成度の高い戯曲ではなく、
  題材の扱い方が特徴的な戯曲や、表現を深める可能性を持った戯曲が選ばれる場合があります。
 ・作者へのフィードバックを目的としたリーディングであるため、上演料のお支払いはありません。
  ご了承いただける場合のみご応募ください。
 ・フィードバックのために、リーディングフェスタ当日に来場可能なことが望ましいです。
 ・選出戯曲の作者には11月9日(金)までにメールでご連絡いたします。
  送信元アドレスは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。です。受信できるようご設定をお願いします。
 ・郵送によるご応募は受け付けておりません。


 ・中編・長編(概ね1時間半前後)のドラマリーディング+ディスカッションは、
  戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ “月いちリーディング”で行なっており、
  作品は常時募集しています。
 ・賞へのご応募は、“劇作家協会新人戯曲賞”をご検討ください。
  2019年の応募受付期間は6月1日から7月1日となる予定です。



お問合せ
  日本劇作家協会事務局
TEL: 03-5373-6923
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
**お問合せの際にはメールエラーなどに備え、念のためお電話番号をご記載ください。
** 返信まで3日程度(土日祝を除く)のお時間をいただく場合があります。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2018年度のプログラム(全10企画)

▽ 8月1日(水)〜5日(日)
 wonder×works
『トランスレイターズ』
 作・演出:八鍬健之介
▽ 10月10日(水)〜14日(日)
 劇団チャリT企画
『パパは死刑囚』
 作・演出:楢原 拓

アピール・決議

  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年10月30日付 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3