新人戯曲賞審査会をオンラインで公開! ご予約受付中!
リーディング企画は予約不要です

《配信企画》
リーディングフェスタ2020 戯曲に乾杯!

─── 書くのは休んで、今日は語ろう。───

 

▶︎12月6日(日)頃公開「新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング」
▶︎12月12日(土) 公開「別役実さん、どちらへ  ── 別役実 未上演戯曲リーディング」
▶︎12月12日(土) 公開  この戯曲の〇〇がすごい!Vol.2「小劇場のこのエンタメがすごい!」
▶︎12月13日(日)ライブ配信「第26回 劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会」



12月12日(土)公開予定
別役実さん、どちらへ ── 別役実 未上演戯曲リーディング

2020年3月に亡くなられた別役実さん。その生涯と作品を振り返るとともに、2020年7月の“悲劇喜劇”に発表された戯曲、『おや、賢治さん、どちらへ うん、ちょっと、そこまで』をリーディングする予定です。宮沢賢治を題材に多くの戯曲やシナリオを書かれた別役さん。この作品でもユーモアとペーソスにあふれた視点で宮沢賢治の生涯を描いています。
  
 [登壇・企画担当] 関根信一 サカイリユリカ
 [出演] (写真左から・50音順)
 板倉光隆 内田龍磨(Pカンパニー) 木村佐都美(おちないリンゴ) 小林勝也(文学座)
 西村俊彦 福井裕子(演劇集団円) 宮地洸成(マチルダアパルトマン/DULL-COLORED POP)
 [出演協力] (株)円企画 (株)大沢事務所 ヘリンボーン

      


12月12日(土)公開予定
この戯曲の〇〇がすごい!Vol.2「小劇場のこのエンタメがすごい!」

昨年のリーディングフェスタで開催した「この戯曲の〇〇がすごい!」の第二弾。今回のテーマは「小劇場のこのエンタメがすごい!」です。戯曲賞は文学的なものが有力視されがちと肩を落とすエンタメ系劇作家の声を聞き、いわゆるコメディ・アクション・活劇・ファンタジーを含む幅広いエンタメから、「すごい戯曲」をSNSで募集しました。担当者がチョイスしたものと併せ、リーディング+トークで紹介します。

《ピックアップ作品》
 冨坂 友 (アガリスクエンターテイメント)『ナイゲン』
 金内健樹 (盛夏火)『ウィッチ・キャスティング』
 笠浦静花 (やみ・あがりシアター)『よるをこめて』
 佐藤慎哉 (アナログスイッチ)『みんなの捨てる家。』

  
 [登壇・企画担当] ハセガワアユム 藤﨑麻里 吉田康一
 [出演] (写真左から)
 木村聡太 波多野伶奈 古市みみ (MU) 古屋敷悠 真嶋一歌 四柳智惟
 [出演協力](株)エコーズ

      

12月6日(日)頃公開予定
新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング

最終候補作6作品の冒頭をドラマリーディングでご紹介。それぞれに異なるテイストや文体の一端を知ることができます。作者プロフィールの紹介もあり。聞いておけば、審査会をいっそう深く楽しめること間違いなし!
一次審査通過作
戯曲賞応募要項

 第26回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品 (応募戯曲到着順)
  有吉朝子(東京都) 『キラメク!』
  斜田章大 (愛知県) 『サカシマ』
  ビト (奈良県)   『椅子は椅子』
  河合穂高 (岡山県) 『春の遺伝子』  
  竹田モモコ (大阪府)『いびしない愛』 
  泉 晟 (広島県)   『(一)変容する日々 (二)燃料用ガスがあたえられたとせよ』

[登壇・企画担当] 山田裕幸 美崎理恵 / 鹿目由紀(登壇はいたしません)
[トークゲスト] 石原 燃
[出演] (写真左上から)

北見直子 古市裕貴 古澤光徳 水田由佳 山田 愛 吉田雅人 (以上 ユニークポイント)
ヤストミフルタ (ノックノックス/ユニークポイント) みょんふぁ (CESエンターテイメント)
伊藤麻由 (シアターtacogura) 清里達也 (TRY-ANGLE) 松島寛和 (劇団シアターホリック)
美崎理恵 (水中散歩/創作てんからっと)

            

最終候補作全文掲載の
「優秀新人戯曲集2021」は12月7日刊行予定!
  ⇒Amazon    ⇒ 楽天ブックス ⇒ 紀伊國屋書店Web ほか各種書店で取り扱いあり 


12月13日(土)18:30~21:00
ライブ配信/要予約/無料

第26回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

例年は座・高円寺で行なう審査会をZoomで開催。
受賞作が決まる討議にオンラインでお立ち会いいただけます。

応募総数242本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた6本。8人の審査員が、新人たちの6作品と対峙します。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、スリリングな知的エンターテイメント。
ご予約の方はPeatixのイベント視聴ページで、6作品の梗概の閲覧可能です。

*なお、劇作家協会新人戯曲賞は、昨年より最終審査員を男女ほぼ同数としています。

[審査員] (写真左上から)
赤澤ムック 桑原裕子 坂手洋二 佃 典彦 土田英生 マキノノゾミ わかぎゑふ 渡辺えり

[司会]  川村 毅

       

授賞式

[登壇] 審査員 最終候補者
[司会] 丸尾 聡



ご予約

審査会はご予約が必要です(含・授賞式)
下記のリンクよりPeatixの予約ページにお進みください。

https://shinsakai2020.peatix.com

ご案内
《審査会はPeatixの予約者専用ページでご視聴ください》
・Zoom、Youtubeからのご視聴はできません。
・配信URLの譲渡はできません。予約時のPeatixアカウントでのみご視聴可能です。
・Peatixで不正アクセスがありました。既会員の方はパスワードを必ず変更したうえでお楽しみください。
《審査会の配信はライブのみです》
審査会の性質上、アーカイブ配信はありません
・途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、巻き戻しての再生はできません。

・回線トラブル等でご視聴いただけなかった場合も、アーカイブの提供はできかねます
・審査会は18:30ー21:00の予定ですが、討議の状況により終了時刻は前後します。
・開始5分前くらいに視聴ページをリロードしてください。

《ご予約にはPeatixの会員登録が必要です》
・登録方法、視聴方法についていはPeatixのヘルプページをご覧ください。
会員登録に料金はかかりません
《他
・ご視聴は無料ですが、データ通料はかかります。
・無料WiFi、データ量無制限契約回線などのご利用をおすすめします。




 別役実さん、どちらへ/小劇場のこのエンタメがすごい/プレビューリーディング 
 《リーディング部》
  山田裕幸 吉田康一 大西弘記 鹿目由紀 サカイリユリカ 瀬戸山美咲
  関根信一 
中津留章仁 西山水木 長谷基弘 ハセガワアユム 藤﨑麻里
  
藤田卓仙 舟橋“委員長”慶子 丸尾 聡 美崎理恵 山田百次

文化庁委託事業「令和2年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人 日本劇作家協会 
制作:一般社団法人 日本劇作家協会

 第26回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
 《出版部》
  石原 燃 赤澤ムック 長田育恵 坂手洋二 瀬戸山美咲 棚瀬美幸
  永井 愛 楢原 拓 南出謙吾 村尾悦子 柳井祥緒

 
  主催:一般社団法人 日本劇作家協会

  後援:公益財団法人 一ツ橋綜合財団

 スタッフ
  映像編集:吉田康一
  制作:松本 悠(青春事情) 国松里香(劇作家協会事務局)


 お問合せ
 一般社団法人 日本劇作家協会 事務局
   TEL: 03-5373-6923
   MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 
2016年度の催しは終了いたしました
2017年のリーディングフェスタ(12月16・17日開催)で取り上げる短編戯曲を募集中です
 

リーディングフェスタ2016 戯曲に乾杯!
─── 書くのは休んで、今日は語ろう。───


公募短編戯曲「敵」連続リーディング+小松幹生を継いでいく
最終候補作プレビューリーディング+第22回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会

  

  日程: 2016年12月10日(土)・11日(日) ⇒終了しました
  会場: 座・高円寺2 (座・高円寺 地下2階のホール)
      JR中央線 高円寺駅 北口 徒歩5分/杉並区高円寺北2-1-2


《10日》第1部では、「敵」を題材に公募した戯曲の中から、5作品のリーディングとブラッシュアップセッションを行ないます。
第2部は、8月に逝去なさった劇作家・小松幹生氏の戯曲『スラブ・ディフェンス』のリーディングを、「小松さんを語ろう」と題したトークセッションを。

《11日》劇作家協会新人戯曲賞の最終審査は一般公開。応募総数243本の中から、一次・二次の選考を経て選ばれた最終候補作5本について、第一線の劇作家たちによるスリリングな討議をお見せします。
公開審査会に先立ち、最終候補作の冒頭を紹介するプレビューリーディングも開催。

書くのは休んで、戯曲を語る2日間。皆さまのご来場をお待ちしております。

リーディング企画 
   文化庁委託事業「平成28年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人 日本劇作家協会 
制作:一般社団法人 日本劇作家協会  後援:杉並区 

 
第22回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会    
   主催:一般社団法人 日本劇作家協会     
後援:公益財団法人 一ツ橋綜合財団 杉並区     
  [協力] NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺     




12月10日(土)

  通し券 ¥2,000  *単独プログラムチケットは各¥1,000


 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)
*PDFがSafariでうまく反映しません。他のブラウザをご利用ください
*都合により10日(土)ブラッシュアップセッションの登壇者が、
青木豪からマキノノゾミに変更になりました。



15:00~17:30  *途中休憩あり

【1】 「」を巡る短編戯曲


 
一昨年の題材は「性」、昨年は「旅」、今年は「」。
 バラエティに富んだ作品のリーディングをお楽しみください。
 戯曲のブラッシュアップを目的としたトークセッションも開催します。
 楽しみながら学べる、短編戯曲連続上演です。
  「敵」短編公募のご案内 (受付は終了しております)


 
(15:00)
 公募短編戯曲ドラマリーディング
  

  1)工藤 舞            『戦地にて』
  2)ふじもり夏香 『カレーかハヤシか』
  3)田中寛人   『飛んでいる矢は止まっている』 
  4)稲垣和俊   『僕達VS宮島直子』
  5)くるみざわしん『夜道を歩く人』
  
  [ファシリテイター] 山田裕幸
  [戯曲選考] 劇作家協会リーディング部

  [出演] 重田千穂子 (テアトル・エコー)、清水 宏、杉浦一輝 (虚構の劇団)、
   永井秀樹 (青年団)、西尾友樹 (劇団チョコレートケーキ)、真嶋一歌 (リジッター企画)

  
  
上段左から:重田千穂子、清水 宏、杉浦一輝、西尾友樹、真嶋一歌
(永井秀樹の写真は追って掲載いたします)


 (16:40予定)
 戯曲ブラッシュアップセッション

  [登壇] マキノノゾミ、吉田小夏(青☆組/青年団演出部)、<司会>山田裕幸
      都合により登壇者が青木豪からマキノノゾミに変更になりました。
      青木の登壇にご期待くださっていた方には大変に申し訳ありません。


  
左から:マキノノゾミ、吉田小夏、山田裕幸

18:00~20:15  *途中休憩あり

【2】「小松幹生」を継いでいく
 

100本近い戯曲を、20以上の劇団・団体のために書いた劇作家・小松幹生氏。8月に永眠なさった氏の績は、おそらく知られている以上に大きい。継ぐべき戯曲を、次代に受け渡していくための企画。

 (18:00)
 ドラマリーディング『スラブ・ディフェンス』(1981)

  [コーディネイター] 丸尾 聡
  [出演] 鐘下辰男 (演劇企画集団THE・ガジラ)、佃 典彦 (劇団B級遊撃隊)

      
左から:故・小松幹生  /  鐘下辰男、佃典彦


 (19:15予定)
 トークセッション「小松さんを語ろう」
 
  [登壇] 赤澤ムック (黒色綺譚カナリア派)、鐘下辰男 (演劇企画集団THE・ガジラ)、
   黒川陽子 (劇団劇作家/劇作家女子会。)、鈴木一功 (劇団レクラム舎)、
   佃 典彦 (劇団B級遊撃隊)、<司会>丸尾 聡

    
  
上段左から:赤澤ムック、鐘下辰男、黒川陽子、鈴木一功、佃典彦、丸尾聡


12月11日(日)
 
 一日券 ¥1,500  *プレビューのみ¥500、審査会のみ¥1,000


 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)


 最終候補作全文掲載!
「優秀新人戯曲賞2017」12月上旬刊行


 ブロンズ新社 (注文可能)
 Amazon (予約受付中)
 楽天ブックス (予約受付中)



 16:30~17:50
【1】 新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング


  それぞれの世界に分け入っていく、愉悦の冒頭15分。
  最終候補作5作品すべてを、15分間ずつドラマリーディングでご紹介。
  聞いておけば、審査会をいっそう深く楽しめます。
   一次選考通過作についてはこちら

 第22回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品 (応募戯曲到着順)
  守田慎之介『もものみ。』 
  高石紗和子『プラヌラ』
  南出謙吾 『触れただけ』
  長谷川源太『カミと蒟蒻』
  太田衣緒 『the Last Supper』

  [ファシリテイター] 辻 輝猛 (演劇集団Ring-Bong)
  [コーディネイター] 山谷典子 (文学座/演劇集団Ring-Bong)

  [出演] 鬼頭典子 (文学座) 、高橋克明 (文学座)、田中宏樹 (文学座)
   谷川清美 (演劇集団円)、玉置祐也 (演劇集団円)、細貝光司 (文学座)
   松垣陽子、村松えり、若井なおみ (俳優座)

  
  
  
 
上段左から:鬼頭典子、高橋克明、田中宏樹、谷川清美、
玉置祐也、細貝光司、松垣陽子、村松えり、若井なおみ、
山谷典子(コーディネイター)、辻輝猛(ファシリテイター)

 18:30~21:00

【2】第22回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

新しい才能を、今日、世界へ。
応募総数243本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた5本。
作風の異なる7人の審査員が、新人たちの5作品と対峙して、それぞれの作品が持つ魅力を語り、あるいは魅力を活かしきれない理由を探ります。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作 が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、本気の応酬が笑いをも生む知的エンターテイメント。

 [審査員]
  川村 毅 鴻上尚史 坂手洋二 鈴江俊郎 佃 典彦 土田英生 マキノノゾミ
 [司会]
  瀬戸山美咲


 リーディングフェスタの見どころ紹介
    ⇒ You tubeでもご覧いただけます

フェスタ両日 丸尾 聡


10日(土) 敵を巡る短編戯曲 山田裕幸


10日(土) 小松幹生を継いでいく 佃 典彦


11日(日) 第22回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会 瀬戸山美咲


チケット

日時指定・自由席
・申込みフォームよりご予約ください

・ご予約は各日の前日24時まで承ります。
・一日券をご予約の場合は、ご希望日の1プログラム目をご選択ください。
・杉並区民・劇作家協会会員の方は備考欄にその旨お書き添えください。
・自動返信メールは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 よりの送信です。同アドレスからのメールが受信できるようご設定をお願いいたします。

入場料
 すべて当日精算で承ります。杉並区民・劇作家協会会員割引あり(要証明書呈示)。

 ▶︎ 10日(土)
   【一日券】¥2,000 (* 区民・会員 ¥1,800)
   【1のみ】15:00  “敵” を巡る短編戯曲 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)
   【2のみ】18:00  小松幹生を継いでいく ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)

 ▶︎ 11日(日)
   【一日券】¥1,500 (* 区民・会員 ¥1,400)
   【1のみ】16:30 プレビュー・リーディング ¥500
   【2のみ】18:30 公開審査会 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)
 
ご案内
 ・受付開始は開演の45分前です
 ・開場時刻は、各日の1つめのプログラムは開演30分前、各日の2つめのプログラムは開演15分前を予定しております
 ・両日とも完全入替制です。おそれいりますが入替時には、会場スタッフの誘導にご協力ください。

メール予約
 ・予約フォームがご利用になれない場合、メールでご予約を承ります。
・件名を「フェスタ予約」とし、「お名前・フリガナ・お電話番号・ご希望プログラム名・枚数」を
  ご明記のうえ、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てにご送信くださいませ。
 ・杉並区民の方、劇作家協会会員の方は、その旨をご記載ください。



 コーディネイト&短編戯曲選考:劇作家協会リーディング部
  山田裕幸 石原 燃
  鹿目由紀 瀬戸山美咲 関根信一 谷 賢一 中津留章仁 
西山水木
  長谷基弘 ハセガワアユム 藤田卓仙 丸尾 聡 山田百次 吉田康一


 出演協力:(株)オフィスPSC (株)サードステージ
 

 プロデューサー:丸尾 聡  舞台監督:小野八着(JetStream)
 音響:筧 良太 照明:奥田賢太(colore) 映像記録:西坂來人
 進行補佐:石原 燃 中山朋文 藤田卓仙 吉田康一
 フライヤーデザイン:[リーディングフェスタ] 奥秋 圭 [公開審査会] 伊藤 誠
 制作:松本 悠(青春事情) 国松里香(劇作家協会事務局)
 当日運営:梅咲ミヤビ 江藤かおる こいけ 佐藤みつよ 塩川千尋
      重信臣聡 寺牛 瞳 西尾知夏 萩原英司 白田知穂



  お問合せ
 一般社団法人 日本劇作家協会 事務局
   TEL: 03-5373-6923
   MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 
催しは無事に終了しました

リーディングフェスタ2019 戯曲に乾杯!
─── 書くのは休んで、今日は語ろう。───

公募短編「棘」リーディング+この戯曲の◯◯がすごい!
最終候補作プレビューリーディング+第25回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
 
 
 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)

  日程: 2019年12月14日(土)・15日(日)
  会場: 座・高円寺2 (座・高円寺 地下2階のホール)
      JR中央線 高円寺駅 北口 徒歩5分/杉並区高円寺北2-1-2

《14日》第1部は恒例の公募短編連続リーディングとブラッシュアップトーク。今年の題材は棘!  第2部ではシチュエーションのすごい戯曲とキャラのすごい戯曲を、抜粋リーディングとトークで紹介します。

《15日》劇作家協会新人戯曲賞の最終審査会を一般公開。応募総数261本から、一次・二次の選考を経て選ばれた最終候補作6本について、審査員のスリリングな討議をお見せします。審査会に先立ち、最終候補作の冒頭を紹介するプレビューリーディングも開催。





12月14日(土)
棘を持った短編戯曲¥500、この戯曲の◯◯がすごい!¥1,000

15:30~18:15  *途中休憩あり
【1】「」を持った短編戯曲


楽しく学べる短編連続リーディング。「」という同じ題材を扱っていても、6本の戯曲はテイストも内容も様々。バラエティに富んだ作品のリーディングをお楽しみください。戯曲のブラッシュアップを目的としたトークセッションも開催します。
  ⇒「棘」短編公募のご案内 (受付は終了しております)

 (15:30)
 公募短編戯曲ドラマリーディング
  太田 陽     『キスの花』
  山村菜月    『保健室で抜く男子高校生の話』
  ニシキアヤコ『ハンバーガーショップにて』
  平井 敦     『バースデープレゼント』    
  三木江美紀  『TETUJOUMOU』
  イグチミツホ『トゲる』
  (応募戯曲到着順/上演順は追ってご案内いたします)
  
 [ファシリテイター] 山田裕幸
 [戯曲選考] 劇作家協会リーディング部

     

 [出演] (写真左上から)
 小野寺ずる 鍛治本大樹 (演劇集団キャラメルボックス)
 重田千穂子 (劇団テアトル・エコー) 橘 花梨 (カリンカ)
 目崎 剛 (たすいち) 山内健司 (青年団)
 [出演協力]BLUE LABEL (株)アニモプロデュース (株)イトーカンパニー (株)オフィスPSC (有)レトル

 (17:15予定)
 戯曲ブラッシュアップセッション

  

 [登壇] (写真左から)
 瀬戸山美咲 前川知大 山田裕幸(司会)
 選出作の作者6名も登壇します


18:40~20:10
【2】この戯曲の◯◯がすごい!

この戯曲の◯◯がすごい!と評判の作品をピックアップ。今回の〇〇は、「シチュエーション」と「キャラ」の二部門。企画担当3名がピックアップしたものと、SNSで投稿していただいたものから、一部門につき2作品をリーディング+トークで紹介します。

【この戯曲のシチュエーションがすごい!】
 土田英生『Re:』
 フジタタイセイ『草苅事件』
【この戯曲のキャラがすごい!】
 佃 典彦『(仮)の事情』
 松澤くれは『りさ子のガチ恋♡俳優沼』

   
  

 [出演] (写真左上から)
 潮 みか (悪い芝居) 卯ノ原圭吾 高木 健 (エンニュイ) 高木珠里 (劇団宝船) 谷沢龍馬
 [出演協力] (株)ECHOES (株)スコッド  スタッフ・ワン

  

 [登壇/企画担当] (写真左から)
 ハセガワアユム 大西弘記 吉田康一


12月15日(日)
プレビューリーディング¥500、公開審査会¥1,000


16:30~18:05
【3】新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング

最終候補作6作品すべての冒頭を、15分間ずつドラマリーディングでご紹介。テイストや文体がつかめます。聞いておけば、審査会をいっそう深く楽しめること間違いなし!

 第25回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品 (応募戯曲到着順)
  大西弘記  『宮城1973 −のぞまれずさずかれずあるもの』
  在原彩生  『月漸く昇る』
  奥村千里  『Gloria』
  方丈 栖   『郊外組曲』
  三吉ほたて『泳げない海』
  藤井颯太郎『盲年 (もうねん)』
  一次選考通過作についてはこちら

 [コーディネイター] 丸尾 聡
 [ファシリテイター] 山田百次

            



 [出演] (写真左上から)
 川崎勇人(劇団東京乾電池) 川添美和 (Voyantroupe)
 木村美月 (阿佐ヶ谷スパイダース) 小山貴司 坂本 鈴 (劇団だるめしあん)
 杉木隆幸 中山朋文 (theater 045 syndicate) 西山水木
 橋本昭博 (演劇プロデュースユニットMoratorium Pants) 福永マリカ
 藤尾勘太郎 丸尾 聡 美崎理恵 (水中散歩/創作てんからっと)
 山田百次 (劇団野の上/ホエイ)
 [出演協力] (株)ワーサル (株)écru 劇作家女子会。 劇団劇作家
 (株)ECHOES 演劇ネットワーク@丸尾 (有)レトル

最終候補作全文掲載の
「優秀新人戯曲集2020」は12月6日刊行予定!


18:30~21:00  *途中休憩あり
【4】第25回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)

新しい才能を、今日、世界へ。
応募総数261本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた6本。作風の異なる7人の審査員が、新人たちの6作品と対峙して、それぞれの作品が持つ魅力を語り、あるいは魅力を活かしきれない理由を探ります。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、本気の応酬が笑いをも生む知的エンターテイメント。

 [審査員]
  坂手洋二 篠原久美子 瀬戸山美咲 佃 典彦 土田英生 マキノノゾミ 渡辺えり
 [司会]
  横山拓也



チケット

入場料
 すべて当日精算で承ります。杉並区民・劇作家協会会員割引あり(要証明書呈示)。

 ▶︎ 14日(土) 指定席
   【1】15:30  棘を持った短編戯曲 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)
   【2】18:40  この戯曲の◯◯がすごい! ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)
 ▶︎ 15日(日) 指定席
   【3】16:30 プレビュー・リーディング ¥500
   【4】18:30 新人戯曲賞公開審査会 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)

ご案内
 ・受付開始は開演の45分前です
 ・開場時刻は、各日の1つめのプログラムは開演30分前、
  各日の2つめのプログラムは開演15分前を予定しております。
  すべてのチケットが当日精算のため、お早めの受付にご協力ください。
 ・両日とも完全入替制です。おそれいりますが入替時には、
  会場スタッフの誘導にご協力ください。

メール予約
 ・予約フォームがご利用になれない場合、11月8日(金)以降にメールでご予約を承ります。
 ・件名を「フェスタ予約」とし、
 「お名前・フリガナ・お電話番号・ご希望プログラム名・枚数」を
  ご明記のうえ、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てにご送信くださいませ。
 ・杉並区民の方、劇作家協会会員の方は、その旨をご記載ください。



 コーディネイト&短編戯曲選考:劇作家協会リーディング部
  山田裕幸 吉田康一
  大西弘記 鹿目由紀 サカイリユリカ 瀬戸山美咲 関根信一
  中津留章仁 西山水木 長谷基弘 ハセガワアユム 藤﨑麻里
  藤田卓仙 舟橋“委員長”慶子 丸尾 聡 美崎理恵 山田百次

 スタッフ
  企画担当:山田裕幸 大西弘記 ハセガワアユム 丸尾 聡 山田百次 吉田康一
  舞台監督:小野ハ着(jet stream) 照明:吉嗣敬介(ch.4429) 音響:鈴木三枝子(Ivy Cricket)
  記録撮影:西坂來人(青春事情) 
  進行:丸尾 聡 サカイリユリカ 藤﨑麻里 美崎理恵
  フライヤーデザイン:[リーディングフェスタ] 奥秋 圭 [公開審査会] 伊藤 まこと(technicute)
  制作:松本 悠(青春事情) 国松里香(劇作家協会事務局)

 【1】棘を持った短編戯曲 【2】この戯曲の◯◯がすごい 【3】プレビューリーディング 

文化庁委託事業「2019年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人 日本劇作家協会 
制作:一般社団法人 日本劇作家協会  後援:杉並区
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺

 【4】第25回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
  主催:一般社団法人 日本劇作家協会
  後援:公益財団法人 一ツ橋綜合財団 杉並区
  協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺 


  お問合せ
 一般社団法人 日本劇作家協会 事務局
   TEL: 03-5373-6923
   MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 
 
 
終了しました

リーディングフェスタ2017 戯曲に乾杯!
─── 書くのは休んで、今日は語ろう。───


公募短編戯曲「食」連続リーディング+食べるを読む
最終候補作プレビューリーディング+第23回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
  

  日程: 2017年12月16日(土)・17日(日) ⇒終了しました
  会場: 座・高円寺2 (座・高円寺 地下2階のホール)
      JR中央線 高円寺駅 北口 徒歩5分/杉並区高円寺北2-1-2

《16日》第1部では、「食」を題材に公募した戯曲69本の中から、6作品のリーディングとブラッシュアップセッションを行ないます。
第2部は、演劇で「食」がどう描かれているかを探る「食べるを読む」。横山拓也・丸尾聡・前川知大・岸田理生の戯曲の1シーンをリーディングでご紹介します。

《17日》劇作家協会新人戯曲賞の最終審査は一般公開。応募総数231本から、一次・二次の選考を経て選ばれた最終候補作5本について、第一線の劇作家たちによるスリリングな討議をお見せします。
公開審査会に先立ち、最終候補作の冒頭を紹介するプレビューリーディングも開催。

書くのは休んで、計15本の戯曲を語る2日間。皆さまのご来場をお待ちしております。

  




12月16日(土)
  通し券 ¥2,000  *単独プログラムチケットは各¥1,000

 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)

15:30~18:15  *途中休憩あり
【1】 「」を巡る短編戯曲


 4年目となる短編公募。初回の題材は「性」、
 それから「旅」「敵」と続いて今年は「」。
 バラエティに富んだ作品のリーディングをお楽しみください。
 戯曲のブラッシュアップを目的としたトークセッションも開催します。
 楽しみながら学べる、短編戯曲連続上演です。
  ⇒「食」短編公募のご案内 (受付は終了しております)

 (15:30)
 公募短編戯曲ドラマリーディング
  橋口紀子 『アトムのおでん』
  唯 幸    『インターバルとしてのモーニング』
  赤堀二英 『しょうゆ事? そーすね』
  広島友好 『泣かないでよ、笹月さん』
  若松 明   『マウンティング』
  舟橋“委員長”慶子 『うずまき市立なごみ小学校の論戦』
  (上演順記載)
  
  [ファシリテイター] 丸尾 聡
  [戯曲選考] 劇作家協会リーディング部

  [出演] 鍛治本大樹(演劇集団キャラメルボックス) 菊池佳南(うさぎストライプ/青年団)
   小飯塚貴世江 鈴木一功(劇団レクラム舎) 宮島 健 みやなおこ
  [出演協力] リコモーション (有)オフィス コットーネ



上左から:鍛治本大樹、菊池佳南、小飯塚貴世江、鈴木一功、宮島 健、みやなおこ

 (17:15予定)
 戯曲ブラッシュアップセッション

  [登壇] 篠原久美子 佃 典彦 短編戯曲の作者 <司会>丸尾 聡


左から:篠原久美子、佃 典彦、丸尾 聡

18:30~20:00
【2】食べるを読む

 実演興行である演劇の「食べる」は一筋縄ではいきません。
 抜粋リーディングで、ふとした日常、ラブストーリー、近未来、不条理の「食べる」をご紹介。
 さまざまな「食べる」を聴き、咀嚼のトークセションをどうぞ。

  横山拓也『エダニク』より
  丸尾 聡 『離宮のタルト』より
  前川知大『天の敵』より
  岸田理生『料理人』より

  [ファシリテイター] ハセガワアユム 吉田康一
  [出演] 有川マコト 今井由希(柿喰う客) 杉木隆幸 福永マリカ
   堀 靖明 森下 亮(クロムモリブデン)  サカイリユリカ(劇作家協会リーディング部)
  [出演協力] krei inc. (株)グッドラックカンパニー (株)エコーズ (株)ギフト (株)キューブ イマジネイション

 

上左から:有川マコト、今井由希、杉木隆幸、福永マリカ、堀 靖明、森下 亮


12月17日(日)
 一日券 ¥1,500  *プレビューのみ¥500、審査会のみ¥1,000

 
チラシ オモテウラ (PDFが開きます)

最終候補作全文掲載の
「優秀新人戯曲賞2018」は12月上旬刊行

16:30~17:50
【1】新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング


  それぞれの世界に分け入っていく、愉悦の冒頭15分。
  最終候補作5作品すべてを、15分間ずつドラマリーディングでご紹介。
  聞いておけば、審査会をいっそう深く楽しめます。
   一次選考通過作についてはこちら

 第23回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品 (応募戯曲到着順)
  くるみざわしん  『精神病院つばき荘』
  ピンク地底人3号 『黒いらくだ』
  八鍬健之介    『アカメ』
  長谷川彩     『下校の時間』
  出口 明、大田雄史『うかうかと終焉』

  [ファシリテイター] 山田裕幸
  [出演] 緒方 晋(The Stone Age) 木下政治 久保田芳之 藤谷みき
   藤村昇太郎 古市裕貴(ユニークポイント) みょんふぁ(洪明花)
   真臼ねづみ(うめめ) 吉川純広 舟橋“委員長”慶子(劇作家協会リーディング部)
  [出演協力] ランドスケープ 




上左から:緒方 晋、木下政治、久保田芳之、藤谷みき、藤村昇太郎、
古市裕貴、みょんふぁ(洪明花)、真臼ねづみ、吉川純広

18:30~21:00  *途中休憩あり
【2】第23回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

新しい才能を、今日、世界へ。
応募総数231本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた5本。
作風の異なる7人の審査員が、新人たちの5作品と対峙して、それぞれの作品が持つ魅力を語り、あるいは魅力を活かしきれない理由を探ります。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作 が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、本気の応酬が笑いをも生む知的エンターテイメント。

 [審査員]
  川村 毅 坂手洋二 佃 典彦 土田英生 永井 愛 マキノノゾミ 渡辺えり
 [司会]
  瀬戸山美咲



チケット
・全席指定です。
・一日券をご予約の場合は、ご希望日の1プログラム目をご選択ください。
・杉並区民・劇作家協会会員の方は備考欄にその旨お書き添えください。
・自動返信メールは このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 よりの送信です。同アドレスからのメールが受信できるようご設定をお願いいたします。

入場料
 すべて当日精算で承ります。杉並区民・劇作家協会会員割引あり(要証明書呈示)。

 ▶︎ 16日(土)⇒終了しました
   【一日券】¥2,000 (* 区民・会員 ¥1,800)
   【1のみ】15:30  食を巡る短編戯曲 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)
   【2のみ】18:30  食べるを読む ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)

 ▶︎ 17日(日)⇒終了しました
   【一日券】¥1,500 (* 区民・会員 ¥1,400)
   【1のみ】16:30 プレビュー・リーディング ¥500
   【2のみ】18:30 公開審査会 ¥1,000 (* 区民・会員 ¥900)

ご案内
 ・受付開始は開演の45分前です
 ・開場時刻は、各日の1つめのプログラムは開演30分前、
  各日の2つめのプログラムは開演15分前を予定しております。
  すべてのチケットが当日精算のため、お早めの受付にご協力ください。
 ・両日とも完全入替制です。おそれいりますが入替時には、
  会場スタッフの誘導にご協力ください。

メール予約
 ・予約フォームがご利用になれない場合、メールでご予約を承ります。
 ・件名を「フェスタ予約」とし、
 「お名前・フリガナ・お電話番号・ご希望プログラム名・枚数」を
  ご明記のうえ、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てにご送信くださいませ。
 ・杉並区民の方、劇作家協会会員の方は、その旨をご記載ください。



 コーディネイト&短編戯曲選考:劇作家協会リーディング部
  山田裕幸 吉田康一
  大西弘記 鹿目由紀 サカイリユリカ 瀬戸山美咲 関根信一
  谷 賢一 中津留章仁 西山水木 長谷基弘 ハセガワアユム
  藤田卓仙 舟橋“委員長”慶子 丸尾 聡 美崎理恵 山田百次

 スタッフ
  舞台監督:小野ハ着(jet stream) 照明:吉嗣敬介 音響:鈴木三枝子
  映像:重信臣聡 記録撮影:西坂來人 
  進行:山田裕幸 吉田康一 ハセガワアユム 丸尾 聡
  進行補佐:大西弘記 舟橋“委員長”慶子 美崎理恵
  フライヤーデザイン:[リーディングフェスタ] 奥秋 圭 [公開審査会] 伊藤 誠
  当日運営:今井はる奈 梅咲ミヤビ 江藤かおる 鎌内 聡
   亀岡奈美 塩川千尋 寺牛 瞳 西尾知夏 藤崎麻里 百瀬みずき
  制作:松本 悠(青春事情) 国松里香(劇作家協会事務局)

 リーディング企画 
文化庁委託事業「平成29年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人 日本劇作家協会 
制作:一般社団法人 日本劇作家協会  後援:杉並区 

 


 第23回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会    
  主催:一般社団法人 日本劇作家協会     
  後援:公益財団法人 一ツ橋綜合財団 杉並区     
  [協力] NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺  


  お問合せ
 一般社団法人 日本劇作家協会 事務局
   TEL: 03-5373-6923
   MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

応募受付期間は終了しました。
リーディングフェスタで取り上げる作品は、10月末頃に発表の予定です



短編戯曲募集!

─── リーディングフェスタ2016 戯曲に乾杯!───


題材は「敵」

「敵」は実にいろいろな場所に潜んでいます。
もちろん、自分自身の中にも。

「敵」という言葉から自由に発想された、
15分程度の短編戯曲を募集します。

 
チラシ オモテウラ

日本劇作家協会リーディング部では、12月のリーディングフェスタで取りあげる短編戯曲を募集します。
応募作から選出された5-6本を、俳優がドラマリーディング。続けでブラッシュアップのトークセッションをゲストを迎えて行ないます。トークには選出戯曲の作者もぜひご登壇ください。

文化庁委託事業「平成28年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、一般社団法人日本劇作家協会 
制作:一般社団法人日本劇作家協会 
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺 




 あなたはそこに、何を付け加えますか?

 この4年間で30作品以上の短編劇をつくり上演しました。短い(あたりまえ)、たくさん俳優を出せない(コストパフォーマンスが悪くなるから)など制約が、短編劇にはあります。ストーリーライン的にも、あまり複雑にはできません。最初の状態があって、途中があって、最後がある、くらいの3段階かなぁ。ぼくはさらに、舞台空間は二畳、照明は地あかりのみ、その他の縛りを自分たちに課しています。結果、演劇から余計なものを取り除いた本来の姿、演者がいて観客がいるというシンプルさを、実感と共に思い出させてくれました。
 でもやっぱり……演者と観客がいるだけで時間が過ぎていく、ってわけにはいかないですよね。物足りないですし。舞台に俳優がいる。あなたはそこに、何を付け加えますか? どんな言葉を? どんな思いを? ぼくは主に「ことばが紡ぐ物語」と「人のすがた」を加えているつもりです。

── 長谷基弘 (リーディング部)


 劇作家協会リーディング部
  部長:山田裕幸 副部長:石原 燃
  鹿目由紀 瀬戸山美咲 関根信一 谷 賢一 中津留章仁 西山水木
  長谷基弘 ハセガワアユム 藤田卓仙 丸尾 聡 山田百次 吉田康一




《リーディングフェスタ2016 戯曲に乾杯!

[日程]
 12月10日(土)

  短編戯曲リーディング+トークセッション+他
  12月11日(日)
  第22回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会+最終候補作プレビューリーディング
[会場] 座・高円寺2 (地下2階のホール)

  
2015年度の短編戯曲リーディングとブラッシュアップセッションの様子
[リーディング] 左から:甲津拓平、佐藤誓、西山水木、コロ、太田宏、山像かおり、浅倉洋介
[トークセッション] 左から:山田裕幸、土田英生、石原燃、公募短編の作者たち

**参考:昨年度の催し概要とチラシ


募集要項  要項PDF⇒

応募受付期間
 ・2016年8月10日(水)0時0分ー9月20日(火)23時59分 ⇒受付終了

応募資格
 ・不問

応募規定
 ・「敵」を題材とした作品であること
 ・上演時間15分以内を想定した短編戯曲
 ・ひとり1作品
 ・原作のあるものの脚色は不可
 ・他の戯曲・小説・映画などの一部を使用する場合は、使用箇所と作品名を明記し、
  著作権処理が必要な場合は応募者の責任で行なうこと

原稿形式
 ・1ページ目に作品タイトルと作者名を記載
 ・2ページ目に400字以内の梗概を記載
 ・3ページ目から戯曲の本文
 ・Word、一太郎、テキストなど、レイアウトを変えられる形式のデータとすること (PDFは不可)
 ・ページ番号をふること
 **添付ファイルとしてご送信ください。メールに直接書いたものは不可。
 
応募方法
 ・メール受付のみ
 ・件名を「フェスタ短編戯曲」として このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 まで送信
 ・メール本文に以下を記入のこと
 **数字はできるだけ半角で記載してください

 1.)氏名 (ペンネームの場合は本名も)
 2.)ふりがな
 3.)年齢
 4.)住所 (郵便番号から)
 5.)電話番号
 6.)メールアドレス
 7.)12月10日に来場可能か? また、トークセッションに参加できるか?

 **応募後に受付メールをお送りしますが、原稿確認のためお時間をいただきます。
  1週間以内に受付メールが届かなかった場合は、お名前とお電話番号を明記のうえ
  ご連絡ください。

注意事項
 ・この募集は賞ではありません。
 ・作品の選出はリーディング部メンバーが行ないます。必ずしも最も完成度の高い戯曲ではなく、
  題材の扱い方が特徴的な戯曲や、表現を深める可能性を持った戯曲が選ばれる場合があります。
 ・作者へのフィードバックを目的としたリーディングであるため、上演料のお支払いはありません。
  ご了承いただける場合のみご応募ください。
 ・フィードバックのために、リーディングフェスタ当日に来場可能なことが望ましいです。
 ・選出戯曲の作者には10月末日までにご連絡いたします。
  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 からのメールが受信できるよう必ずご設定ください。
 ・郵送によるご応募は受け付けておりません。


 ・中編・長編(概ね1時間半以内)のドラマリーディング+ディスカッションは、
  戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ “月いちリーディング”で行なっており、
  作品は常時募集しています。
 ・賞へのご応募は、“劇作家協会新人戯曲賞”をご検討ください。募集期間は毎年の
  7月1日から8月1日です。



お問合せ
  日本劇作家協会事務局 (担当:国松里香)
TEL: 03-5373-6923
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
**お問合せの際には、上記アドレスからのメールが受信できるようご設定のうえ、
 念のためお電話番号をご記載ください。
** 返信まで3日程度(土日祝を除く)のお時間をいただく場合があります

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣殿』
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』

▽ 12月9日(水)〜15日(火)
TOKYOハンバーグ
『最後に歩く道。』