海外演劇紹介プログラム

第1回「タイ特集」は終了しました。

劇作家協会国際交流部では、海外の演劇事情について知り、過去に海外の国・町を訪れた体験を持つスピーカーとともに、その地の実情に触れる機会を作る《海外演劇紹介プログラム》をスタートさせます。

在外研修・海外公演・フェスティバル参加などでその地での体験を持つスピーカーを囲んで、その地の社会・文化・演劇に関心を持つ者や将来留学を考えている者たちが集まり、一つの国・あるいは町について情報を共有し、その魅力を紹介しあい、考察を深めます。

日本人が「内向き」になったと言われるこの時代だからこそ、求められている企画です。
奮ってご参加ください


第1回「タイ特集」

【日時】10月19日(月) 19:00ー21:30 ⇒終了しました
【会場】劇作家協会事務局・会議室
(東京都杉並区高円寺北2-29-14-501)
【参加費】無料

【スピーカー】鈴木アツト(劇作家協会会員)、千徳美穂(タイ語翻訳家)
【国際交流部担当委員】坂手洋二、土田英生


[スピーカープロフィール]
▼ 鈴木アツト

1980年東京都生まれ。03年に劇団印象-indian elephant-を旗揚げ。10年より韓国やタイとの共同制作を開始し、12年には韓国の「密陽夏公演芸術祝祭」「居昌国際演劇祭」に招聘される。代理出産ビジネスを扱った『グローバル・ベイビー・ファクトリー』で第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。15年には国際交流基金のアジア・フェローシップでタイに2ヶ月間滞在し、その取材をもとに『グローバル・ベイビー・ファクトリー2』を発表。

▼ 千徳美穂
早稲田大学第一文学部演劇専修在学中の1986年6月から1年間、バンコクのタマサート大学文学部演劇科に派遣留学。2000年ー2001年、タイ国文化センターリサーチフェローとしてバンコク滞在。 野田秀樹作・演出『赤鬼(タイバージョン)』(1998年世田谷パブリックシアター)コーディネイトなど、日タイの演劇交流事業に携わる。

[申込み方法]
・メール件名=「タイ特集参加予約」としてください。
・記載事項=氏名・ふりがな・携帯電話番号・ご所属(特にご所属がない方も歓迎します)
・送信先= このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 **同アドレスよりのメールが受信できるようご設定ください。

*参加費は無料です
*お申込み後36時間以内に確認メールをお送りします(土日祝は遅くなる場合があります)
*会場の都合上お早めにご連絡いただけると助かりますが、席に余裕がある場合は当日のご連絡でも承ります。

[お問合せ]
 日本劇作家協会事務局
 TEL: 03-5373-6923
 MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 10月28日(水)〜11月3日(日)
iaku
『The last night recipe』
作・演出= 横山拓也

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣殿』
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』

▽ 12月9日(水)〜15日(火)
TOKYOハンバーグ
『最後に歩く道。』