第16回 劇作家協会新人戯曲賞

[主催] 一般社団法人 日本劇作家協会
[後援] 一ツ橋綜合財団  杉並区
平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

[協力] 株式会社ジャストシステム 株式会社小学館
 財団法人北九州市芸術文化振興財団


演劇界の未来を担う新しい才能に道を拓くことを期し、1996年より当協会が主催している劇作家協会新人戯曲賞。第16回目の応募総数は170作。第一次選考と第二次選考を経て、6作品が最終候補に選出されました。

最終候補の中から劇作家協会新人戯曲賞を選出する公開審査会は、12月12日(日)、座・高円寺に於いて公開で行なわれ、この賞の開設以来初めての、2作同時受賞となりました。

*6作品すべてを掲載した『優秀新人戯曲集2011』(1680円)、ブロンズ新社より発売中。

 第16回 劇作家協会新人戯曲賞 決定

  
平塚直隆  『トラックメロウ 』
  鹿目由紀  『ここまでがユートピア』

 
 最終選考委員
   ケラリーノ・サンドロヴィッチ 斎藤憐 坂手洋二
   佃典彦 マキノノゾミ 横内謙介 渡辺えり (50音順)

 選考経過と選評


 
 最終候補作品 (応募戯曲到着順)

  肥田知浩
(ひだ ともひろ)   『どどめジャム』
  秋之桜子
(あきの さくらこ)   『猿 』
  咲恵水
(しょう めぐみ)     『朔日に紅く咲く』
  滝本祥生
(たきもと さちお)   『春の遭難者 』
  平塚直隆
(ひらつか なおたか)   『トラックメロウ 』
  鹿目由紀
(かのめ ゆき)  『ここまでがユートピア』


  二次選考委員
   岡安伸治・小松幹生・斎藤 憐・鈴江俊郎
   佃 典彦・土田英生・永井 愛・マキノノゾミ



  一次選考通過作品一覧 (応募戯曲到着順)

 作者氏名
作品タイトル
 松井大悟  ハッピーエンドクラッシャー
 相馬杜宇  痩せてたまるか!
 丸岡由詩  自尊心の足音
 サリngROCK  ビリビリ HAPPY
 肥田知浩  どどめジャム
 橋口周公  背馳 -そうして最後に残るもの
 二宮彩乃  たまごゴハンの違和感
 浅岡直子  骨
 高橋亜季  僕の城、六畳。
 秋之桜子  猿
 和田庸子  黒と白のピエタ -種子を粉にひいてはならない
 石維裕子  ゴミとお宝
 笠島清剛  通夜の前の晩
 咲恵水  朔日に紅く咲く
 滝本祥生  春の遭難者
 石井淳  丹沢大学応援団
 伊庭高明  ばせをかな
 高明石  ある日のパリクラブ「真君の送別会」
 平塚直隆  トラックメロウ
 きたむらけんじ  幹事長、出番です!
 鹿目由紀  ここまでがユートピア
 太田衣緒  カサブランカ・ヨサブランカ
 舘そらみ  ここに線を引く


  一次選考委員
  岡安伸治・小川未玲・黒川陽子・小松幹生・高谷信之・嶽本あゆ美
  棚瀬美幸・ナカヤマカズコ・野中友博・原田一樹・横山拓也・芳崎洋子
 

 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 10月7日(水)〜11日(日)
青年団プロデュース
『馬留徳三郎の一日』
作:髙山さなえ 演出:平田オリザ

▽ 10月28日(水)〜11月3日(日)
iaku
『The last night recipe』
作・演出= 横山拓也

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣様』
原作= 棟田 博
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』