第23回劇作家協会新人戯曲賞選考経過

受賞作 出口 明、大田雄史『うかうかと終焉』

左から:大田雄史、鴻上尚史(劇作家協会会長)、出口明


選考経過    選評(追って掲載いたします)



<審査会の模様>
左から:瀬戸山美咲(司会)、川村毅、渡辺えり、土田英生、永井愛、マキノノゾミ、坂手洋二、 典彦



<授賞式>
左から:鴻上尚史、大田雄史、出口明、ピンク地底人3号、八鍬健之介、長谷川彩、くるみざわしん

  最終候補作
 『精神病院つばき荘』 くるみざわしん (大阪府)
 『黒いらくだ』    ピンク地底人3号 (京都府)
 『アカメ』      八鍬健之介 (東京都)
 『下校の時間』    長谷川彩 (愛知県)
 『うかうかと終焉』  出口 明、大田雄史 (東京都)
 
  
最終審査員
  川村 毅、坂手洋二、佃 典彦、土田英生、永井 愛、マキノノゾミ、渡辺えり
  (司会:瀬戸山美咲)

 *第23回劇作家協会新人戯曲賞の総合情報はこちら

選考経過   瀬戸山美咲

 今回はレベルの高い作品が多いという声が複数の審査員から上がりました。
 『精神病院つばき荘』について、渡辺氏「少人数で今の日本社会をうまく描いている」。マキノ氏「ひとりひとりの人生と向き合うところから始めるラストに希望を感じた」。川村氏「出だしが面白いが、中盤からテーマが前面に出てきている」。永井氏「作者の都合で登場人物が動いているところが気になる」。
 『黒いらくだ』について、佃氏「一番、体感があった。一家をぶっつぶそうとしている昌美という人物が面白い」。坂手氏「ベランダで繋がっている部屋という設定がよい」。マキノ氏「セリフがこなれている。映像的なシナリオの書き方になっている」。
  『アカメ』について、土田氏「会話がうまいが、最初になんだろうという疑問がなくてドラマに入っていけない」。永井氏「キイチという人物が弱い。ライターという職業が活かされていない」。坂手氏「アイヌという言葉だけで人の特質を語ってしまうのは一種のステレオタイプで差別だ」。
  『下校の時間』について、土田氏「ぎこちない会話にじんと来た。構造に作者の社会に対する大きな視線が含まれている」。マキノ氏「震災で避難してきた子の訛りが変わる。それだけの時間が流れたことをうまく描いている」。佃氏「何気ないやりとりだが、裏を引っぺがすと激しい葛藤や悔しさがある」。
  『うかうかと終焉』について、川村氏「男女が一緒の寮ものは斬新」。渡辺氏「冒頭がアングラ的でどんなものが始まるのかと思ったら肩透かしを食らった」。永井氏「反対運動に敗れた人たちの最後の5日間というのがよい。バカバカしい出来事の中に、青春のきらめきがある」。

 2作品ずつ選んだ一回目の投票は以下のとおり。
  『精神病院つばき荘』川村 渡辺 マキノ
  『黒いらくだ』   佃
  『アカメ』     渡辺     
  『下校の時間』   土田 永井 マキノ 坂手 佃   
  『うかうかと終焉』 川村 土田 永井 坂手


<1回目の投票中の模様> 右:瀬戸山美咲

 休憩後、3票以上の作品について1票ずつ投票することにしました。
  『精神病院つばき荘』渡辺 マキノ       
  『下校の時間』   佃 土田    
  『うかうかと終焉』 川村 永井 坂手


<投票結果> 黒丸が1回目、その内側の赤丸が2回目。右側の数字は1回目の丸の数。

 票が割れたため、選んだ作品について各審査員が応援演説をし、全員で議論を重ねました。
 『精神病院つばき荘』について、マキノ氏「天に唾したものを自分で引き受けるという、スケール感がいい」、渡辺氏「私たち自身の姿が描かれている。涙なくしては読めなかった」。
 『下校の時間』について、佃氏「2人の背景で、藤田がピアノを弾いているところも見逃したくない。たくさんのことが詰まっている」、土田氏「今の社会問題が中学生の生活まで入り込んできていることが伝わってくる」。
 『うかうかと終焉』について、永井氏「たわいのない会話からラストで逸脱して、人間の普遍性を描いていている」、坂手氏「壁に書いた言葉もよい。さらっと書いたことに意味がある」。
 応援演説を受けて再度1票ずつ投票したところ2回目と同じ結果になり、『うかうかと終焉』に決定しました。






選評


川村 毅

追って掲載いたします。



坂手洋二
追って掲載いたいします。



佃 典彦
追って掲載いたします。



土田英生
追って掲載いたします。
 


永井 愛
追って掲載いたします。



マキノノゾミ
追って掲載いたします。



渡辺えり
追って掲載いたします。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2017年度のプログラム(全11企画)

1月19日(金)〜28日(日)
虚構の劇団
『もうひとつの地球の歩き方』

2月1日(木)〜12日(月・祝)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『おたまじゃくし』

3月1日(木)〜11日(日)
TRASHMASTERS
『埋没』

3月15日(木)〜21日(水・祝)
MONO
『隣の芝生も。』

アピール・決議

  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年10月30日付 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3