終了しました


『ミュージカル講座』

お申込みフォーム

オリジナル・ミュージカルのクリエイター養成をめざし、劇作家協会が昨年度に開設したミュージカル講座。

主任講師はオリジナル・ミュージカルの創作、海外ミュージカルの翻訳・訳詞・演出を数多く手がけている青井陽治氏(9月・11月)。ゲスト講師としてミュージカル作家・翻訳家の高橋知伽江氏(10月17日)、女優の島田歌穂氏(10月24日)、作曲家・舞台音楽家の宮川彬良氏(10月31日)らを迎え、昨年よりパワーアップしてお届けします。




(チラシPDF オモテウラ

主催:一般社団法人 日本劇作家協会 
協力:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺 
チラシデザイン:工藤規雄 (グリフ) 




 ようこそ、ミュージカル講座へ      青井陽治

日本劇作家協会主催のミュージカル講座、2度目が開講されることになりました。
ミュージカルのクリエイターをめざす方はもちろん、クリティーク志望の方、さらにプレイヤーや、はたまた観客のあなたも……!
ミュージカルともっと仲よくなりたい、知りたい、愛したい方。どんな方でも大歓迎です!

一部ついて来られないところがあっても、楽しんでいただければ結構です。
クリエイターやクリティークをめざす方は、本気のご参加を。
お待ちしています。
 


概要

  会場
  座・高円寺 地下3階 けいこ場2

  日程 [全11回] ⇒ 終了しました
  9月12日(金)・13日(土)・19日(金)・20日(土)
  10月17日(金)・24日(金)・31日(金)
  11月7日(金)・8日(土)・14日(金)・15日(土)


  講義の内容

<9 月:前期> 金曜=2時間30分/土曜=4時間30分
・第1回:12日(金) 19:00〜21:30
【序曲】──ミュージカルって何?
ミュージカルを定義できますか? 他の演劇とどこが違うのか、考えてみてください。
 [課題] 100字以内でミュージカルを定義してみてください

・第2回:13日(土) 17:00〜21:30
【1幕1場】──ミュージカルはどう自分を育てたか? <1>胎内の長い日々
人類の演劇の歴史には、大きな「爆発」が4回ありました。
古代ギリシャの演劇、シェイクスピアの演劇、近代劇、そしてミュージカル。
4番目の爆発「ミュージカル」は、それ以前の3回の爆発のDNAを確実に受け継いでいます。
 [課題] 過去3回の「爆発」を表すキイワードを5点ずつ挙げてください。
    10点にチャレンジも大歓迎!

・第3回: 19日(金) 19:00〜21:30
【1幕2場】──ミュージカルの書き方
これでダサい平凡なミュージカルは書けます。
ミュージカルを創るために、最低限、知っておかなくてはならないこと。
 [課題] 分析に値するミュージカルの傑作は何か? 3作挙げてください。
    3作に絞るのが無理なら、5作……10作でも!

・第4回: 20日(土) 17:00〜21:30
【1幕3場】──ミュージカル解体新書
ミュージカルの傑作は、どんな骨格を持っているのか。
皆さんが挙げたミュージカルの中からモデルを選んで構造を分析しましょう。
<後期までの宿題>
ミュージカルの箱書きを作ってみましょう。
全員共通の誰でも知っている題材で、1ヶ月かけてミュージカルの箱書きを書き、11月に比較検討しましょう。

<10 月:特別講座> 各回=2時間
・第5回: 17日(金) 19:00〜21:00 高橋知伽江 (劇作家、翻訳家)
・第6回: 24日(金) 19:00〜21:00 島田歌穂 (女優)
・第7回: 31日(金) 19:00〜21:00 宮川彬良 (作曲家・舞台音楽家)

<11月:後期> 金曜=2時間30分/土曜=4時間30分
・第8回: 7日(金) 19:00〜21:30
【2幕1場】──ミュージカルを語り合おう
2幕のテーマは何にしましょうか? 
1幕の講座で印象に残っていること。10月の特別講座で感動したお話。これから何を学びたいと思うか。新たに湧いた疑問は。この講座を受けて、自分に何か変化があったか。
皆さんが語る回です。

・第9回: 8日(土) 17:00〜21:30
【2幕2場】──ミュージカルは自分をどう育てたか? <2>世界へ飛び出して
ミュージカル前史、イングランドで、ヨーロッパのあちらこちらで。
ミュージカルがミュージカルになっていく、アメリカでの160年。

・第10回: 14日(金) 19:00〜21:30
【2幕3場】──歌詞は演技する <歌詞と訳詞>
歌謡の言葉から現代口語不定形叙事詩へ。

・第11回: 15日(土) 17:00〜21:30
【2幕4場とフィナーレ】──皆さんが書くミュージカル
皆さんが書いてきてくれた箱書きをもとに、ミュージカル創作の一歩を確かめ合いましょう。
箱書き段階でのブラッシュ・アップが、ミュージカルには不可欠です。
そして、フィナーレへ。どんなフィナーレになるかは皆さんしだい。
できれば、教室を飛び出して、【カーテンコール】まで、ミュージカルを全身で学び、楽しみましょう。

  前期の各回の課題について
  いずれも新たに勉強する必要はなく、いま考えられる範囲で大丈夫です。
  提出期限と提出方法は、受講お申込み後にお知らせします。

  受講資格等
  ミュージカルを書いている方、書いてみたい方。
  ミュージカルについて深い知識を得たい演じ手の方。
  ミュージカルの批評家を目指す方。
  ミュージカルをもっと深く楽しんで観たい方。

  受講料(消費税込み、振込手数料別)
  ◯ 全11回通し 60,000円
  ◯ 各回受講  青井講師 金曜=5,500円 土曜=8,000円
          ゲスト回 3,000円
  ◯ 昨年度(2013年度)ミュージカル講座受講生割引
    今年度(2014年度)戯曲セミナー受講生割引
    全11回通し 48,000円
    単回受講 青井講師 金曜=4,500円 土曜=6,500円
    **ゲスト回の割引はありません。
  ◯ 劇作家協会会員の方と、演出者協会会員の方は、青井講師の回が
    1割引となります。(上記受講生割引との併用はできません)



講師プロフィール
Image青井陽治  演出家・翻訳家・劇作家

69年に劇団四季に入り、ジロドゥ、アヌイ、シェイクスピアなどの劇団レパートリー作品、『アプローズ』『ウエストサイド物語』『ジーザス・クライスト=スパースター』などミュージカルの初演に出演。同時に翻訳・訳詞・劇作をはじめる。
76年よりフリーとなり、海外戯曲・ミュージカルの上演、創作に独自の世界を築く。
近年は、次世代の演劇人育成のために、演劇教育にも積極的に携わる。
主な翻訳・演出作品に、『ラヴ・レターズ』『真夜中のパーティ』 ニール・サイモンのBB三部作(『ブライトン・ビーチ回顧録』『ビロクシー・ブルース』『ブロードウェイ・バウンド』) 『エリザベス・レックス』『42nd Street』『GODSPELL』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』などがある。
最近作は、『わたしたちの町』『石棺』『コーパス・クリスティ』など。

Image
高橋知伽江
 *10月17日(金)に登壇

劇団四季退団後、フリーランスで台本執筆、翻訳、訳詞を手がける。2013年、水戸芸術館演劇部門芸術監督に就任。第四回小田島雄志・戯曲翻訳賞受賞。地方の劇場のための書き下ろしも多く、愛媛県の坊っちゃん劇場で上演されたオリジナルミュージカル『誓いのコイン』は1年ロングランののち、ロシア(モスクワ等)でも上演された。ディズニー映画『アナと雪の女王』の訳詞でも注目を集める。


Image
島田歌穂
 *10月24日(金)に登壇

’74 年、子役デビュー。’82年、『シンデレラ』で初舞台。 ’87年、『レ・ミゼラブル』で脚光を浴びる。 女優・歌手として、ミュージカルからストレートプレイ、コンサート、ライブなど幅広く活躍。 芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞など受賞多数。 現在、大阪芸術大学教授。 2014年、デビュー40周年を迎えた。



Image
宮川彬良
 *10月31日(金)に登壇

1961年東京生まれ。東京藝術大学在学中より東京ディズニーランド、劇団四季等のショー音楽を担当。数多くのミュージカルなども手がける。舞台音楽家として1996年『身毒丸』と2005年『ハムレット』で読売演劇大賞・優秀スタッフ賞。2003年~2010年NHK Eテレ「クインテット」の音楽を担当、出演。 自身で作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説を行いながら進めるコンサートを日本全国で行い、好評を得ている。




お問合せ

日本劇作家協会事務局 (担当:国松里香)
 TEL: 03-5373-6923
 MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

終了しました


『ミュージカル講座』



ミュージカルは楽しい ミュージカルは深い ミュージカルを学ぼう


オリジナル・ミュージカルのクリエイター養成をめざし、劇作家協会がミュージカル講座を開設します。

講師はオリジナル・ミュージカルの創作、海外ミュージカルの翻訳・訳詞・演出を数多く手がけている青井陽治氏。ミュージカルの歴史や作品を通して、ミュージカルとは何なのか、どうしたら素晴らしいミュージカルがつくれるのか、創作の基本を学びます。

今年は全6回の基礎講座。全回通しての受講が難しい方は、各テーマごとまたは各回ごとの参加もOK。まずは、ミュージカルと、もっと仲良くなりましょう。来年以降は応用編の講座も計画中です。

ミュージカルを書いている方、書いてみたい方はもちろん、ミュージカルについて広い知識を得たい演じ手の方、そしてミュージカルをもっと深く楽しみたい観客の方にもおすすめします。

主催:一般社団法人 日本劇作家協会 




─── 青井陽治
ミュージカルのどこが「!」ですか?
ミュージカルの何が「?」ですか?
「!」や「?」を、たくさん抱えていらしてください。
みんなで「!」をもっともっと増やしましょう。
「?」を解消して行きましょう。
でも、そんなに簡単には行きません。

ミュージカルなんて、たかが西洋大衆音楽劇です。
西洋も別に珍しくない。
大衆? わかりやすいってことでしょ!
音楽? 好きですよ。
演劇? みんなやってるでしょ!

そうなんです。ひとつひとつはどうってことない。
だけど、それがつながったら????!!!!!!
西洋大衆音楽劇。
心して向き合い、うんと仲良くなりましょう、ご一緒に!


青井陽治プロフィール
Image演出家・翻訳家・劇作家

69年に劇団四季に入り、ジロドゥ、アヌイ、シェイクスピアなどの劇団レパートリー作品、『アプローズ』『ウエストサイド物語』『ジーザス・クライスト=スパースター』などミュージカルの初演に出演。同時に翻訳・訳詞・劇作をはじめる。
76年よりフリーとなり、海外戯曲・ミュージカルの上演、創作に独自の世界を築く。
近年は、次世代の演劇人育成のために、演劇教育にも積極的に携わる。
主な翻訳・演出作品に、『ラヴ・レターズ』『真夜中のパーティ』 ニール・サイモンのBB三部作(『ブライトン・ビーチ回顧録』『ビロクシー・ブルース』『ブロードウェイ・バウンド』) 『エリザベス・レックス』『42nd Street』『GODSPELL』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』などがある。
最近作は、『わたしたちの町』『石棺』『コーパス・クリスティ』




講座内容

  第1・2 回目 =9月20日(金)・21日(土)
 ──ミュージカルは楽しい【観る・演じる
ミュージカルを、より深く生き生きと楽しむために、【観る・演じる】両方の立場からの体験を通した極意を、さまざまなミュージカルの映像資料と共に。

  第3・4 回目 =9月27日(金)・28日(土)
 ──ミュージカルは深い【人類演劇史の中のミュージカル】
ミュージカルは、大衆音楽劇として、世界各国に独自に発達しています。日本の歌舞伎もその好例。史上最強の大衆音楽劇、ブロードウェイ・ミュージカルの成立ちを、人類の演劇史と共にたどります。

  第5・6 回目 =10月18日(金)・19日(土)
 ──ミュージカルのレシピ【脚本・作詞・作曲・振付】
ミュージカルは何でできているのか。演劇・音楽・舞踊。その黄金のバランスは、どのようにして獲得されたのか。


映画で見られる舞台のミュージカル
 できるだけたくさん見ておくと、講座がさらに楽しくなります。

  戦前から60年代まで
『ショーボート』『オクラホマ』『回転木馬』『南太平洋』
『王様と私』『ウエストサイド物語』『マイ・フェア・レディー』
『サウンド・オブ・ミュージック』『メイム』『ハロー・ドリー!』
『シカゴ』『スウィート・チャリティー』『ラ・マンチャの男』
『屋根の上のバイオリン弾き』

  60年代から80年代まで
『ヘアー』『ゴッドスペル』『ジーザス・クライスト・スーパースター』
『ザ・ロッキー・ホラー・ショー』『コーラスライン』
『スウィーニー・トッド』『ドリームガールズ』『ナイン』
『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』『レ・ミゼラブル』

  90年代以降
『レント』『マンマ・ミーア』『ヘドウィグ&アングリー・インチ』



概要 ⇒ チラシPDFはこちら

  日程と会場
 [全6回]
9 月
・20日(金) 19:00〜21:30 西新宿/芸能花伝舎
・21日(土) 17:00〜21:00 西新宿/芸能花伝舎
・27日(金) 19:00〜21:15 北千住/シアター1010
・28日(土) 17:00〜21:00 北千住/シアター1010
10 月
・18日(金) 19::00〜21:15 北千住/シアター1010
・19日(土) 17:00〜21:00 高円寺/座・高円寺

  応募資格等
  ミュージカルを書いている方、書いてみたい方。
  ミュージカルについて広い知識を得たい演じ手の方。
  ミュージカルをもっと深く楽しんで観たい方。

  申込み締切 
  第1回(9/20)・第2回(9/21) ⇒終了しました
  第3回(9/27)・第4日(9/28)  ⇒終了しました
  第4回(10/18)・第5回(10/19) ⇒終了しました

  受講料(消費税込み、振込手数料別)
  金曜日 1回につき 6,000円 (2時間15〜30分)
  土曜日 1回につき 10,000円 (4時間)
  全6回 48,000 円



お申込み方法 終了しました

  フォームからのお申込み
  
必要事項をご記入のうえご送信ください⇒ お申込みフォーム

フォームがご利用になれない場合は、郵便・ファックス・メールで、「ミュージカル講座受講希望」とご明記のうえ、下記の事項を漏れなく記載してお送りください。
・記載事項:受講希望の回、氏名、ふりがな、郵便番号、住所、電話番号、
      ファックス番号、メールアドレス、年齢(任意)、性別(任意)
・宛先:日本劇作家協会事務局
  〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
  FAX: 03-5364-9205
  MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  受講料のお振込み
お申込みと併せて、受講料を下記口座にお振込みください。
入金を確認ののち、受領証をお送りします。

・振込先
 三菱東京UFJ銀行 高円寺支店
 (普)0043289  一般社団法人 日本劇作家協会
 お申込み時と同一のお名前でお振込みください

・ご返金について
 開講後の申込者都合の返金はいたしかねますことをご了承ください。



お問合せ

日本劇作家協会事務局 (担当:国松)
 TEL: 03-5373-6923
 MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎

▽ 3月15日(水)〜21日(火祝)
視点
『SHARE'S』
プロデュース:ハセガワアユム 吉田康一