ハイスクール劇王 プレ大会 〜高校生短編演劇競技大会


優勝 学校法人尚志学園 尚志高等学校


『ライナスの毛布』
 作:尚志高校演劇部 (小澤隆聖ほか部員一同)

 
[日程]
 3月7日(土) ⇒ 終了しました

 [会場/お問合せ]
 白河市市民会館
  福島県白河市手代町22-1
  TEL/FAX 0248-23-3718





主催:白河市民会館(指定管理者 NPO法人カルチャーネットワーク)
高校生短編演劇競技大会実行委員会
共催:一般社団法人 日本劇作家協会
後援:白河市、白河市教育委員会


13:00ー 【上演】
 出場校
 ・県南 福島県立白河実業高等学校
 ・県南 福島県立光南高等学校
 ・県中 学校法人尚志学園 尚志高等学校
 ・会津 福島県立葵高等学校

 審査員
 ・佃 典彦 (日本劇作家協会)
 ・齋藤譲一 (日本劇場技術者連盟)
 ・十文字律子 (しらかわ演劇塾)

15:00ー 【ワークショップ】
「僕の書き方」 講師:佃 典彦



 アジア劇作家会議‘09  

 新しい世界の枠組みを求めて~戯曲を媒介にしたトランスローカリズムの可能性~
   アジアの劇作家たちと出会うリーディング&トークセッション
     …作品を読んで、語って、話し合う4日間

 

【日程】09年12月16日(水)~19日(土)
【会場】座・高円寺1

  プログラム

  16日(水)14:00 オープニング[基調講演] フジール・スライマン シンガポール
   同 19:00  『ホリディ』 作/レイモンド・コルテーズ オーストラリア
  17日(木)19:00『ドクター・レクスレクション:町を治療します』 作/ラエタ・ブコイ フィリピン
  18日(金)14:00『杏仁豆腐のココロ』 作/鄭義信 日本
   同 19:00  『三姉妹の家』 作/グエン・トゥー・フォン ベトナム
  19日(土)14:00『3P』 作/ジョネッド・スリャトモコ インドネシア
   同 19:00   クロージング[参加劇作家全員によるトークセッション]

 
[出演/演出] 三条会(演出:関美能留)、ユニークポイント(演出:山田裕幸)
 [アジア劇作家会議実行委員会] 実行委員長:坂手洋二(日本劇作家協会会長)、コーディネーター:佐藤信(座・高円寺芸術監督) コーディネート協力:玉井祥子
 

 チケット
  [料金]  1,000円(各プログラム、全席自由、税込み) 
       *オープニングとクロージングは無料
  [取扱い] 座・高円寺チケットボックス TEL:03-3223-7300 
  [お問合せ] 座・高円寺 TEL:03-3223-7500
 

[主催] 座・高円寺  NPO法人劇場創造ネットワーク
[企画] アジア劇作家会議実行委員会
[共催] 日本劇作家協会 国際交流基金
[提携] ビクトリア・アーツ・センター(オーストラリア)
[後援] 杉並区 杉並文化協会
[助成] 財団法人セゾン文化財団
 

今日は書くのを休んで、劇作家が戯曲のこと、芝居のこと、劇場のことを思うぞんぶん話そうじゃないか、という一日。演劇の明日を考える貴重な一日に、そしてお客様と劇作家がふれあう楽しい一日にしたいと思います。

  開催日:2009年12月13日(日)
  会場:座・高円寺

第15回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会は同日18:30から。


トークセッション
 戯曲セミナー卒業生企画 『劇作家になるとは? 劇作家を育てるとは?』

 12:00~13:00(開場11:30) [入場無料]

日本劇作家協会主催の戯曲セミナーは来年10年目を迎えます。これまでの受講者数は約700名。“劇作”を学ぶことで彼らはどう変わったのか。今後なにを目指してゆくのか。現在活躍中の劇作家である講師たちと、これからの活躍を期する卒業生有志たちが、“今”と“これから”の戯曲、そして劇作家について語ります。

  • 話し手:坂手洋二 横内謙介 マキノノゾミ 篠原久美子 セミナー卒業生有志

シンポジウム
 日本劇作家協会プログラムスタート記念『劇作家と劇場』

 16:15~17:45(開場15:45) [入場無料]

日本劇作家協会は座・高円寺とパートナーシップ協定を結び、劇場プログラムへの企画協力をしています。劇作家が考える劇場とは? 劇場と劇作家のこれからの関わり方とは? “劇場”という場の新たな可能性を、劇作家たちが語り合います。

  • 司会:マキノノゾミ 渡辺えり 
  • パネラー:岡安伸治 坂手洋二 西山水木 須永克彦 石原美か子

第15回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
 18:30~21:00(開場18:15) [入場料:1000円 予約不要]
 

演劇界の年末イベントとして定着してきた新人戯曲賞。第15回目の今年の応募総数は161本。最終選考に残った5作品について公開で審査し、最優秀賞を選出します。

      • 審査員:川村毅 斎藤憐 坂手洋二 佃典彦 マキノノゾミ 横内謙介 渡辺えり

 *平成21年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 後援:一ツ橋綜合財団
 *最終候補作品を掲載した『優秀新人戯曲賞2010』、ブロンズ新社より発売中!

⇒詳細はこちら (PDFファイルが開きます)

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2021年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 11月4(木)〜11(木)
JACROW
『廻る礎』

▽ 11月19(金)〜28日(日)
燐光群
『シアトルのフクシマ・サケ』

▽ 1月26日(水)〜30日(日)
ニットキャップシアター
『チェーホフも鳥の名前』