東北支部事業


震災演劇連絡センターWebサイト開設

「震災を演劇で遺す」ことを目的に、震災演劇連絡センターが設立されました。
Webサイトで震災関連戯曲をPDF公開しています。
http://shinsai-engeki.com

 

 
東北支部企画
第69回岩手芸術祭戯曲大会
東北演劇見本市in盛岡



優勝! 宮城 井伏銀太郎(Gin’s Bar)『イーハトーヴの雪』

東北各県の代表による短編演劇コンテストを開催!
併せて、震災後の演劇・戯曲を取り巻く環境の変化を語るシンポジウムも行います。
シンポジウムには、東北6県の各代表に加え、熊本からのゲストも登壇します。

 

【日程】2016年11月19日(土)・20日(日) ⇒終了しました
【会場】盛岡劇場タウンホール (盛岡市松尾町3-1)
【入場料】予選1・予選2・決勝 各1,000円/通し券(前売のみ) 2,500円
     **シンポジウムは無料

[スケジュール] 
短編演劇コンテスト「東北 劇の陣」
もりげき王と東北の精鋭が火花を散らす!

  11月19日(土)
 ・14:00 予選1組
 ・17:00 シンポジウム「越境する東北の演劇」
 ・19:00 予選2組
  11月20日(日)
 ・14:00 決勝

[劇の陣:参加劇作家]
◯予選1組
・宮城 文月奈緒子(ひびこと) 『ひ』
・岩手 藤原さつき(スワンボート)『ザ・ストレンジャー・イン・センター・オブ・ザ・ガール』⇒ 2位通過
・福島 清野和也(劇団120○EN) 『ヤンキーとストーカー-平成舞台心中-』⇒ 1位通過
・秋田 小笠原ヒロキ(演劇集団シアター☆6) 『並平家奇譚』

◯予選2組
・青森 高谷憲(演劇ユニット「終身雇用」) 『あのときのこと』
・福島 佐藤雅通(シアター・OICOS(選抜)) 『ロバは死なない』
・岩手 遠藤雄史(トラブルカフェシアター)『ポジティ部』⇒ 2位通過
・宮城 井伏銀太郎(Gin’s Bar) 『イーハトーヴの雪』⇒ 1位通過

◯決勝
・各組の1位通過・2位通過が出場

[劇の陣:審査員]
・James八重樫 (ニューヨーク)
・柳井祥雄 (東京/十七戦地)
・河野ミチユキ (熊本/劇団ゼロソー)

<シンポジウム「越境する東北の演劇」>
パネリスト:八重樫ジェイムズ、河野ミチユキ、東北各県代表者
オブザーバー:柳井祥緒
司会:くらもちひろゆき

【ご予約・お問合せ】
 くらもちひろゆき このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


主催:日本劇作家協会東北支部  

 


 


これまでの東北支部事業より

2014年12月27日:東北演劇見本市in山形
2014年1月18日・19日:東北支部<震災プログラム>
 架空の劇団番外公演『瓦礫と菓子パン〜リストランテ震災編』
2012年11月4日:3.11を越えて、戯曲リーディング
2014年11月3日・19日:劇王X東北予選
2012年 1月7・8日:ドラマリーディングワークショップ+東北劇作家パネルトーク
2011年11月5・6日:盛岡に東北の演劇人が集う!

  
東北支部 東北演劇見本市in山形
劇王 東北代表決定戦


優勝! 清水司/劇団SOUTHERN COMFORT『戯れ』
 

年末12月27日、劇作家率いるチームが東北各県から集まる、「劇王東北代表決定戦」!
繰り広げられる戦いは、いま東北でどのような演劇が創られているかを知る糧ともなります。
上演後には、「震災後の東北演劇を考える」シンポジウムを開催。
震災から3年9ヶ月が過ぎ、演劇と、演劇を取り巻く状況はどのように変わり、また変わらなかったのか?震災直後と今で何が変化したのか?
東北各県の劇作家をパネラーに、東北演劇の現在をあぶり出します。


[日にち] 2014年12月27日(土)
[会場]  山形市民会館 小ホール
     (山形市香澄町2-9-45)
 
主催:日本劇作家協会東北支部
後援:一般社団法人 日本劇作家協会



【プログラム】
2014年12月27日(土)
 14:00     劇王東北代表決定戦
 18時頃(予定) シンポジウム「震災後の東北演劇を考える」

【出場団体】
 [青森] 清水司/劇団SOUTHERN COMFORT『戯れ』
 [岩手] 安保美沙/劇団しばいぬ『交響曲第31325番』
 [宮城] 文月奈緒子/『かいだん』
 [秋田] 加賀屋淳之介/劇団ウィルパワー『この期に及んで』
 [山形] 藤島翔晃/プリンに醤油『うさぎとロボ』
 [山形] 伊藤穂/劇団のら『あか しろ きいろ』
 [福島] 大信ペリカン/満塁鳥王一座『ウエストバージニア州立大学最期の学内放送』
 [福島] 佐藤茂紀/劇団ユニット・ラビッツ『それゆけスペルマン!〜レミングの記憶〜』
 [福島] 萩原宏紀/劇団球『冷蔵庫』

【審査員】
 坂手洋二、マキノノゾミ、林海象

【チケット】
 前売:1,000円
 当日:1,500円 (劇作家協会会員は当日券も前売と同料金)

【お問合せ】
 エッグ・プロジェクト このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。





これまでの東北支部事業より

2014年1月18日・19日:東北支部<震災プログラム>
 架空の劇団番外公演『瓦礫と菓子パン〜リストランテ震災編』
2012年11月4日:3.11を越えて、戯曲リーディング
2014年11月3日・19日:劇王X東北予選
2012年 1月7・8日:ドラマリーディングワークショップ+東北劇作家パネルトーク
2011年11月5・6日:盛岡に東北の演劇人が集う!

第65回岩手芸術祭 戯曲大会
「3.11を越えて、戯曲リーディング」

[日時] 2012年11月4日(日) 13:00〜
[会場] 盛岡劇場 タウンホール

2012年3月11日に、全米70カ所を超える地域で行なわれたチャリティ企画「SHINSAI Theaters for Japan」。それに応えて、8月5日に東京で開催した「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」。いずれも日米劇作家が提供した震災に関わる短編19本の、連続ドラマリーディングでした。
そして11月4日に東北・盛岡で、その中から6本の作品をリーディングします。


「SHINSAI Theaters for Japan」に感謝して

◎プログラム
1.『はっさく』(抜粋)
 作=石原 燃 出演=トラブルカフェシアター(岩手)
2.『北西の風』
 作=篠原久美子 出演=劇団ユニットラビッツ(福島)
3.『血の問題』
 作=坂手洋二 出演=沼山華子、えとまさる(青森)
4.『子は人の父』
 作=フィリップ・カン・ゴタンダ 訳=吉原豊司 出演=なかじょうのぶ(宮城)
5.『日本流エチケットの手引き』
 作=ダグ・ライト 訳=常田景子 出演=劇団ゼミナール(岩手)
6.『さようならⅡ』(抜粋)
 作=平田オリザ 出演=劇団プロデュースチームウィルパワー(秋田)

◎ポストパフォーマンストーク「震災支援と演劇」
震災後に作られた演劇は、どのように変わったのか? それとも変わっていないのか? そして、震災支援の中での演劇の役割は? あるいは、支援される側の演劇人の思いは? 被災地からのそれぞれの距離感を考える。
 [出演] 篠原久美子 はせひろいち 高村明彦 他、各県代表
 [司会] くらもちひろゆき

◎岩手芸術祭戯曲大会
11月3日(土) 劇王X〜天下統一大会 東北予選
11月4日(日) 岩手芸術祭戯曲部門入賞作の発表、及び上記リーディング

【チケット】
 当日券のみ。直接会場にお越しください。
・劇王予選と戯曲リーディングの2日間入場可能なチケット:¥1,500
・4日の戯曲リーディングのみのチケット:¥500

【お問合せ】
劇作家協会東北支部 くらもち 
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

劇王東北予選

東北代表2名決定!
東北王=遠藤雄史(劇団トラブルカフェシアター)
みちのく王=佐藤茂紀(劇団ユニットラビッツ)



劇王東北予選は、以下のように開催されました。


日本各地で開催された予選の大トリは東北。
あらかじめ行なわれた県予選を突破した強者たちが、相見える東北代表決定戦はいよいよ11月3日。
これを以て、天下統一大会に出場するすべての地区の代表が決まります。 

【開催日時】
 2012年11月3日(日) 14:00〜

【会場】
 盛岡劇場 タウンホール

【審査員】 
  マキノノゾミ (劇作家・演出家)
  はせひろいち (劇作家・演出家)
  今尾博之 (りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 事業課 企画制作担当)

【出場劇団】
・青森:えとまさる『螳螂少女の恋』(はちのへ演劇祭より選出)
秋田:桜井かおる(劇団プロデュースチームウィルパワー)『心音時雨(こころねしぐれ)』 
岩手:遠藤雄史(劇団トラブルカフェシアター)『絶望への道は善意で敷き詰められているそうだ』
 (同) :高村明彦(現代時)『テナガ』
山形:原田和真(劇団のら)『プランD』
宮城:なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画)『公園』
・福島:佐藤茂紀(劇団ユニットラビッツ)『奥羽行進曲-Song of the Vagabonds-』

【劇王予選、作品共通ルール】
 ・上演時間20分以内
 ・役者3名以内
 ・数分で舞台転換可能



3.11を越えて、戯曲リーディング


11月3日(土)の劇王東北予選は、「第65回岩手芸術祭 戯曲大会」に於いて行なわれます。
翌日4日(日)には、アメリカと東京で開催された「SHINSAI Theaters for Japan」の短編作品から6本を、劇王出場団体の出演によりドラマリーディング上演する予定です。
詳細

【チケット】
 当日券のみ。直接会場にお越しください。
・劇王予選と戯曲リーディングの2日間入場可能なチケット:¥1,500
・4日の戯曲リーディングのみのチケット:¥500

【お問合せ】
 劇作家協会東北支部 くらもち 
 MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


   おかげさまで無事に終了致しました

Image

 日本劇作家協会が、いわきアリオスとともに2007年度より行なっている「戯曲朗読研究会inいわき」。
 ドラマリーディングワークショップの発表会と併せて、
 東北劇作家パネルトーク 『東日本大震災と演劇の「いま」』も開催されます。
 発表会とパネルトークは、予約不要・入場無料。お近くの方はぜひご観覧ください。 

   日時:
    ワークショップ 1日目  1月7日(土) 15:00〜18:00
    ワークショップ 2日目  1月8日(日) 10:00〜18:00
    【東北劇作家パネルトーク+ワークショップ発表会】 1月8日(日) 15:00~
   会場:
    いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場 (JR常磐線 いわき駅より徒歩15分)

 


 戯曲朗読研究会 in いわき vol.12 ドラマリーディングワークショップ

 経験不問。テクニック不要。手軽に演劇体験。たった2日でお芝居の気分が味わえる。
 カラオケを楽しむように、手軽に演劇体験! 未体験の方はこの機会にぜひ!

 [参加費]  ¥1,000 (2日間通し・パネルトークと発表会の観覧は無料)
 [講師]   長谷基弘 (劇団桃唄309代表・日本劇作家協会運営委員) 
 [対象]   高校生以上
 


 日本劇作家協会 & いわきアリオスプレゼンツ
  東北劇作家パネルトーク 東日本大震災と演劇の「いま」

 ドラマリーディングワークショップ発表会に合わせ、岩手、宮城から劇作家ゲストを招いてのパネルトーク!
 東日本大震災は、演劇人の活動にも甚大な影響を与えています。
 この企画では、被災した各地から劇作家・演劇人を招き、
 地に足をつけた目線での「いま」と「これから」を語り、考えていきます。

[出演]
  くらもちひろゆき(岩手県盛岡市・架空の劇団代表・劇作家・演出家)
  こむろこうじ(岩手県久慈市・劇作家・演出家)
  なかじょうのぶ(宮城県栗原市・なかじょうのぶ独人芝居代表・劇作家・演出家・俳優)
  生田恵(宮城県仙台市・三角フラスコ代表・劇作家・演出家)
 

*お問合せ・お申込みはいわきアリオスまで。0246-22-5800 (アリオスチケットセンター)
  パネルトークと発表会観覧はお申込み不要です。
*詳細はアリオスHPでご確認ください。

  ⇒ ドラマリーディングワークショップアリオスHP
  ⇒ 東北劇作家パネルトーク

 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2017年度のプログラム(全11企画)

1月19日(金)〜28日(日)
虚構の劇団
『もうひとつの地球の歩き方』

2月1日(木)〜12日(月・祝)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『おたまじゃくし』

3月1日(木)〜11日(日)
TRASHMASTERS
『埋没』

3月15日(木)〜21日(水・祝)
MONO
『隣の芝生も。』

アピール・決議

  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2017年10月30日付 続きを読む...
  • 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「新共謀罪」に反対する表現者の緊急アピール 続きを読む...
  • 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註とコラム +

    Index 「“新共謀罪”に反対する表現者の緊急アピール」註 続きを読む...
  • TPP と著作権に関する緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら TPP 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3