第27回鶴屋南北戯曲賞

受賞作決定!

 

リーディングフェスタ2023

沈黙を読む〜太田省吾『小町風伝』リーディング
トークセッション「教えて、太田省吾さん」

映像配信中!

 

長編戯曲の改稿講座

リーディング発表の映像公開中!

 

劇作家協会公開講座2023年夏

8/19(土) シンポジウム「SNS・配信時代における戯曲と演劇」
19日シンポジウム配信中!

8/20(日)「演劇の現場でのハラスメントを考えるフォーラムシアター」
⇒終了しました

 

戯曲セミナー
「2.5次元脚本コース」を開設!

受付は終了しました
受講案内
開講:2023年12月8日(金)
申込締切:12月4日(月)

 

改稿サポートする輪。
(月いちリーディング)

趣旨・概要

2023年度の改稿サポートする輪。/月いちリーディングは終了しました。
2024年度の実施については改めてご案内申し上げます。

◎ 東京+オンライン

リーディングWG

◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB


◎ 九州支部
九州支部FB

◎ アーカイブ
1年分の動画(YouTube)

 

新!劇作家協会のナカミ

インタビュー公開中!
劇作家協会の活動と人を紹介するインタビュー企画

 

若手劇作家応援プラン!

2024年度も受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

戯曲デジタルアーカイブ

劇作家権利処理DX化プロジェクト 報告書公開!

500本以上収録の戯曲の電子図書館(別サイト)

 

会報『ト書き』

67号〜69号を全ページ閲覧/ダウンロードできます

 


第二回 ミノカモ学生演劇祭

美濃加茂市に2泊3日滞在し、取材と勉強会に取り組んだ学生たち。
そのミノカモでの経験を基に作品を書き、各大学
で稽古を重ね、再びミノカモに集まって上演するという、新しいスタイルの短編演劇祭です。
地域と学生がダイレクトに刺激し合った5作品の中から、観客の皆様と審査員の投票により、グランプリ作品が決定します。


[日にち] 2014年3月8日(土)・9日(日)
[会場]  美濃加茂市文化会館
     (岐阜県美濃加茂市島町2-5-27)


 主催:美濃加茂市
    ミノカモ学生演劇祭実行委員会
 協力:日本劇作家協会東海支部
    坪内逍遥博士顕彰会



【タイムテーブル】
2014年3月8日(土) 16:30開場
 17:00 短編5本連続上演 (1本20分以内)
 19:00 劇作家シンポジウム

同 3月9日(日) 13:00開場
 13:30 短編5本連続上演 (同)
 15:30 審査員による講評
 16:00 最終結果発表、表彰式

【参加大学】
 早稲田大学/劇的テロ集団《新》
 南山大学/「HI-SECO」企画
 中部大学/劇団「とらの穴」
 名古屋学芸大学/金星ロケット
 名城大学/劇団獅子

【審査員】
 安住恭子 (特別ゲスト審査員・演劇評論家)
 刈馬カオス (刈馬演劇設計社)
 長縄都至子 (劇団きまぐれ)
 渡山博崇 (星の女子さん)
 宮谷達也 (演劇組織KIMYO)

【司会・進行】
 はせひろいち (ミノカモ学生演劇祭実行委員長・劇団ジャブジャブサーキット)
 鏡味富美子

【劇作家シンポジウム「情報ボーダレス時代の地域演劇」】
 出演:安住恭子 (演劇評論家)、宮谷達也 (演劇組織KIMYO)、長谷川彩 (劇団さよなら)
 司会:はせひろいち (劇団ジャブジャブサーキット)

【入場料】
 無料

【詳細/参考】
 ・美濃加茂市文化会館
 ・「第二回ミノカモ学生演劇祭」戯曲ワークショップ (*2013/12/08の投稿を参照)

【お問合せ】
 みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアム
 TEL: 0574-28-1110



長久手演劇王国vol.14
日本劇作家協会東海支部プロデュース「どしのぎ祭」
   〜劇作家が頭と体を使って凌ぎを削る〜



昨年「劇王Xー天下統一大会ー」を華々しく開催した東海支部が、今年は「どしのぎ祭」をお届けします。

支部メンバー全員が出演する他、ゲストに坂手洋二、諏訪哲史、柴幸男、安住恭子、煉瓦ホリオ、サリngROCK、ごまのはえらを迎え、熱く真剣にけれどゆるく、支部の総力を上げてさまざまな趣向で凌ぎを削る3日間。

長久手市のサイトで詳細をご確認のうえ、ぜひご来場ください

[日にち]
 
2014年1月31日(金)ー2月2日(日)
   終了しました
[会場]
 
愛知県長久手市/長久手文化の家
 風のホール・光のホール・展示室

主催・長久手市


【プログラム】
31日(金) 初日はきっちり始まります!
 19:30 開会式
 20:00 ちゃんとした文士劇『通夜の雨』(作:北村想)

1日(土) 劇作家イベント満載!どれも見逃すな!
 13:00 アドリブ文士劇+振り返りトーク
 16:00 劇王かてっ!
 18:00 劇作家大喜利

2日(日) 劇作家の未来を考える最終日!
 13:00 どんな困難な状況でもやらねばならない時がある
      ──その場で書く短編戯曲+ゲストトーク
 14:20 合作戯曲リーディング
 16:00 東海地区に演劇賞を作れないかを考える会議
 16:30 閉会式

3日間通し
 劇王決勝戦一挙上映 入場無料・入退場自由
 戯曲見本市 入場無料



【料金】
 全席自由
 ・1日券=31日(金)と2日(日)は各1,000円、1日(土)は2,000円
 ・3日間通し券=3,000円



【詳細】
 ・長久手市のサイト:どしのぎ祭のページ

【お問合せ】
 長久手市文化の家
  愛知県長久手市野田農201番地
  TEL: 0561-61-3411


第一回 ミノカモ学生演劇祭

2泊3日の合宿で美濃加茂を題材にした書き下ろし戯曲のための取材をし、プロの劇作家による劇作ワークショップに参加した学生たち。

その後に大学で稽古を重ね、5劇団それぞれが20分のオリジナル短編を立ち上げました。
坪内逍遥生誕の地・美濃加茂市の、地域と学生のコラボレーション。観客の皆様と審査員の投票により、グランプリ作品が決定します。

[日にち] 2013年3月9日(土)・10日(日)  終了しました
[会場]  美濃加茂市文化会館
        (岐阜県美濃加茂市島町2-5-27)

 主催:美濃加茂市/ミノカモ学生演劇祭実行委員会
 協力:日本劇作家協会東海支部

優勝! 早稲田大学/劇的テロ集団《新》

【タイムテーブル】

2013年3月9日(土) 16:30開場
 17:00 短編5本連続上演
 19:00 劇作家トークショー
      終了後に暫定結果発表

同 3月10日(日) 13:00開場
 13:30 短編5本連続上演
 15:30 審査員による講評
 16:00 最終結果発表、表彰式

【参加大学】
 岐阜大学/岐阜大学演劇研究会
 中部大学/劇団「とらの穴」
 名古屋外国語大学・名古屋学芸大学・名城大学/劇団さる/劇団獅子連合
 南山大学/「HI-SECO」企画
 早稲田大学/劇的テロ集団《新》

【審査員】
 永井愛(特別ゲスト審査員・日本劇作家協会前会長)
 天野天街(少年王者館)
 鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
 刈馬カオス(刈馬演劇設計社)
 平塚直隆(オイスターズ)

【司会・進行】
 はせひろいち(ミノカモ学生演劇祭実行委員長・劇団ジャブジャブサーキット)
 鏡味富美子

【劇作家トークショー 「私は、こんな風に書いてますけど…」 】
 出演:永井愛(二兎社)、天野天街(少年王者館)、宮谷達也(演劇組織KIMYO)
 司会:はせひろいち(劇団ジャブジャブサーキット)

【入場料】
 無料

【詳細/参考】
 ・美濃加茂市文化会館
 ・「第1回ミノカモ学生演劇祭」戯曲ワークショップ (*2012/12/09の投稿を参照)

【お問合せ】
 みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアム
 TEL: 0574-28-1110

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2024年度のプログラム公演

最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 4月17日(水)〜21日(日)
まるは食堂製作委員会
『まるは食堂2024』
作・演出:佃 典彦

▽ 5月15日(水)〜19日(日)
BQMAP
『ジャックはひとり木に登る』
作・演出=奥村直義
音楽=佐藤 太・竹下 亮