第28回劇作家協会新人戯曲賞

佳作決定!
新人戯曲賞は該当作なし。佳作を選出。
選評は12月中旬目処で掲載します

 

若手劇作家応援プラン!

受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

2024年度「日本劇作家協会プログラム」募集

募集案内
座・高円寺で2024年度に上演する会員提案企画を募集中です!

 

リーディングフェスタ2022

短編戯曲募集!
【締切】10月30日(日)
【リーデイング出演】
安藤理樹 おぐりまさこ (空宙空地) 西山水木
福井 夏 (柿食う客) 山田百次 (ホエイ)

 

劇作家協会公開講座2022年夏

戯曲から始まるアクセシビリティ
催しは終了しました
アーカイブ公開については追ってご案内いたします

長編戯曲の改稿講座

関西支部運営企画
受講生の募集は締め切りました

 

戯曲デジタルアーカイブ

550以上のタイトルが揃った戯曲の図書館(別サイト)


戯曲デジタルアーカイブとは (当サイト内)

 

月いちリーディング

趣旨・概要・プロモーションビデオ
俳優によるリーディングと、ゲストたちとのディスカッションにより、戯曲改稿のヒントを探るワークショップです。支部運営も含め、居住地にかかわらずどこからでもご応募いただけます。

2年分のアーカイブ(YouTube)

◎ リーディングWG

リーディングWG

【2023/1/28(土)16:00】オンライン
沖縄支部と共同開催
ゲスト:中屋敷法仁 +1名

【2023/2/25(土)】オンライン
戯曲募集中!締切:1/6(金)

◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB
【2023/1/28(土)】大阪市内
戯曲募集中!

◎ 九州支部
九州支部FB

 

演劇緊急支援プロジェクト

ハラスメント対応

基本要綱と申告用のチャート
 
会員意見募集中→募集期間終了
ハラスメント防止ガイドライン(案)

 

演劇の創造現場からあらゆるハラスメントや性加害をなくしていくために私たちは発言し行動します

2022年5月13日付け発表

 

ロシアによるウクライナ侵攻に対する反対声明

2022年3月4日付け発表

AICT「ロシア軍によるウクライナ侵攻に際して」への賛同について

2022年3月7日付け賛同

 

会報『ト書き』

67号と68号の、全ページ閲覧/ダウンロードが可能です

 

劇作家協会のナカミ

インタビュー公開中!
劇作家協会の活動を紹介するインタビュー企画
公開中!
Vol.1 広報部
Vol.2 コロナ対策室
Vol.3 法務部
Vol.4 ハラスメント対策検討委員会
Vol.5 リーディング部
Vol.6 教育部

 

劇作家が知らなければいけない「著作権」の話

会報「ト書き」より、福井健策氏連載のバックナンバー公開!

 

第65回岩手芸術祭 戯曲大会
「3.11を越えて、戯曲リーディング」

[日時] 2012年11月4日(日) 13:00〜
[会場] 盛岡劇場 タウンホール

2012年3月11日に、全米70カ所を超える地域で行なわれたチャリティ企画「SHINSAI Theaters for Japan」。それに応えて、8月5日に東京で開催した「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」。いずれも日米劇作家が提供した震災に関わる短編19本の、連続ドラマリーディングでした。
そして11月4日に東北・盛岡で、その中から6本の作品をリーディングします。


「SHINSAI Theaters for Japan」に感謝して

◎プログラム
1.『はっさく』(抜粋)
 作=石原 燃 出演=トラブルカフェシアター(岩手)
2.『北西の風』
 作=篠原久美子 出演=劇団ユニットラビッツ(福島)
3.『血の問題』
 作=坂手洋二 出演=沼山華子、えとまさる(青森)
4.『子は人の父』
 作=フィリップ・カン・ゴタンダ 訳=吉原豊司 出演=なかじょうのぶ(宮城)
5.『日本流エチケットの手引き』
 作=ダグ・ライト 訳=常田景子 出演=劇団ゼミナール(岩手)
6.『さようならⅡ』(抜粋)
 作=平田オリザ 出演=劇団プロデュースチームウィルパワー(秋田)

◎ポストパフォーマンストーク「震災支援と演劇」
震災後に作られた演劇は、どのように変わったのか? それとも変わっていないのか? そして、震災支援の中での演劇の役割は? あるいは、支援される側の演劇人の思いは? 被災地からのそれぞれの距離感を考える。
 [出演] 篠原久美子 はせひろいち 高村明彦 他、各県代表
 [司会] くらもちひろゆき

◎岩手芸術祭戯曲大会
11月3日(土) 劇王X〜天下統一大会 東北予選
11月4日(日) 岩手芸術祭戯曲部門入賞作の発表、及び上記リーディング

【チケット】
 当日券のみ。直接会場にお越しください。
・劇王予選と戯曲リーディングの2日間入場可能なチケット:¥1,500
・4日の戯曲リーディングのみのチケット:¥500

【お問合せ】
劇作家協会東北支部 くらもち 
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 


   おかげさまで無事に終了致しました

Image

 日本劇作家協会が、いわきアリオスとともに2007年度より行なっている「戯曲朗読研究会inいわき」。
 ドラマリーディングワークショップの発表会と併せて、
 東北劇作家パネルトーク 『東日本大震災と演劇の「いま」』も開催されます。
 発表会とパネルトークは、予約不要・入場無料。お近くの方はぜひご観覧ください。 

   日時:
    ワークショップ 1日目  1月7日(土) 15:00〜18:00
    ワークショップ 2日目  1月8日(日) 10:00〜18:00
    【東北劇作家パネルトーク+ワークショップ発表会】 1月8日(日) 15:00~
   会場:
    いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場 (JR常磐線 いわき駅より徒歩15分)

 


 戯曲朗読研究会 in いわき vol.12 ドラマリーディングワークショップ

 経験不問。テクニック不要。手軽に演劇体験。たった2日でお芝居の気分が味わえる。
 カラオケを楽しむように、手軽に演劇体験! 未体験の方はこの機会にぜひ!

 [参加費]  ¥1,000 (2日間通し・パネルトークと発表会の観覧は無料)
 [講師]   長谷基弘 (劇団桃唄309代表・日本劇作家協会運営委員) 
 [対象]   高校生以上
 


 日本劇作家協会 & いわきアリオスプレゼンツ
  東北劇作家パネルトーク 東日本大震災と演劇の「いま」

 ドラマリーディングワークショップ発表会に合わせ、岩手、宮城から劇作家ゲストを招いてのパネルトーク!
 東日本大震災は、演劇人の活動にも甚大な影響を与えています。
 この企画では、被災した各地から劇作家・演劇人を招き、
 地に足をつけた目線での「いま」と「これから」を語り、考えていきます。

[出演]
  くらもちひろゆき(岩手県盛岡市・架空の劇団代表・劇作家・演出家)
  こむろこうじ(岩手県久慈市・劇作家・演出家)
  なかじょうのぶ(宮城県栗原市・なかじょうのぶ独人芝居代表・劇作家・演出家・俳優)
  生田恵(宮城県仙台市・三角フラスコ代表・劇作家・演出家)
 

*お問合せ・お申込みはいわきアリオスまで。0246-22-5800 (アリオスチケットセンター)
  パネルトークと発表会観覧はお申込み不要です。
*詳細はアリオスHPでご確認ください。

  ⇒ ドラマリーディングワークショップアリオスHP
  ⇒ 東北劇作家パネルトーク

 

盛岡に東北各地の演劇人が集う!
  2011年 第64回岩手芸術祭/日本劇作家協会東北支部/岩手県演劇協会
  「よみがえれ岩手 文化でつなぐ 命と未来」

戯曲大会 演劇ワークショップ&シンポジウム
  東日本大震災から9ヶ月が経とうとする11月5、6日。
  震災を経て、東北の演劇はどう変わるのか?
  変わらないのか?
  東北の演劇の未来を考える2日間!

【日程】 2011年11月5日(土)・6日(日)  終了しました
【会場】 盛岡劇場タウンホール(岩手県盛岡市松尾町3-1)
【料金】 2日間通し 一般1000円 高校生以下500円
      6日シンポジウムのみ 500円
【ご参加について】 両日とも開始30分前より受付。
              事前申込み不要。直接会場まで。
 

 5日(土) 13:30~16:30
 
演劇ワークショップ 
『自分感覚を生かす創作のためのワークショップ』

  *どなたでもご参加いただけます
 【講師】 いしいみちこ(福島県立いわき総合高校ドラマティーチャー)
   福島県生まれ。教科「演劇」における成果発表としての公演で、前田司郎、柴幸男、
   多田淳之介らプロの劇作家・演出家との共同演出を行なう。
   また、演劇部顧問として指導にあたり、93年以降、指導した演劇部が東北大会に
   通算15回出場。『そして夕日は、いつかぼくらの放課後を照らす』(福島県立石川
   高校演劇部)は、1999年第32回全国大会優良賞。2010年『Oh,Happy Day's』
   (いわき総合高校演劇部)で第40回東北大会優良賞。


 6日(日) 9:30~12:00

 シンポジウム 『震災後の演劇・東北からの発信』
  東日本大震災、そして福島第一原子力発電所の事故と、
  未曾有の危機に瀕し、事態は現在も進行中の東北地方。
  今を映す鏡となる演劇をこの東北の地で作り続ける
  劇作家たちを集めて、震災後の演劇を語る。

 【パネラー】

  畑澤聖悟(青森)
   秋田県五城目町出身。渡辺源五郎商店店主。劇作家・演出家。
   05年日本劇作家大会短編戯曲コンクールで最優秀賞を受賞。青森中央高校演劇部顧問
  加賀屋淳之介(秋田)
   秋田市生まれ。プロデュースチームウィルパワー代表。
   2010年、阪神・淡路大震災をテーマにした『クエーク クリップ クリック 完結版』上演。
  こむろこうじ(岩手)
   宮城県本吉町出身。盛岡で劇団PLUSの旗揚げに参加。
   宮城県から国道45号線沿いに三陸海岸を北上しながら、演劇による街づくり、人づくりを展開している。
  生田恵(宮城)
   宮城県仙台市出身。三角フラスコ代表。地域に根ざしながら、
   人々の暮らしをみつめている。一方で、他地域との出会いに魅了される。
  池田はじめ(山形)
   山形県山形市在住。庄内を中心に県内各地で演劇公演を行なってきた。
   主な作品に『真知子』『風の棲む町』など。
  大信ペリカン(福島)
   兵庫県生まれ。福島市在住。満塁鳥王一座主宰。
   最新作『キル兄にゃとU子さん』は、震災による原発事故をテーマにしている。
 【司会】
  くらもちひろゆき(岩手)
   茨城県坂東市出身。盛岡市在住。架空の劇団代表。
   もりげき八時の芝居小屋や市民参加型舞台、劇団モリオカ市民などを支える。

お問合せ
  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (くらもち)
 *当企画についてのお問合せは上記にお願い致します
 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽2023年1月11日(水)〜15日(日)
劇団HOTSKY
『ほおずきの家』
作:釘本 光 演出:横内謙介

▽ 1月18日(水)〜22日(日)
演劇集団Ring-Bong
『さなぎになりたい子どもたち』
作:山谷典子 演出:藤井ごう

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎