第27回鶴屋南北戯曲賞

受賞作決定!

 

リーディングフェスタ2023

沈黙を読む〜太田省吾『小町風伝』リーディング
トークセッション「教えて、太田省吾さん」

映像配信中!

 

長編戯曲の改稿講座

リーディング発表の映像公開中!

 

劇作家協会公開講座2023年夏

8/19(土) シンポジウム「SNS・配信時代における戯曲と演劇」
19日シンポジウム配信中!

8/20(日)「演劇の現場でのハラスメントを考えるフォーラムシアター」
⇒終了しました

 

戯曲セミナー
「2.5次元脚本コース」を開設!

受付は終了しました
受講案内
開講:2023年12月8日(金)
申込締切:12月4日(月)

 

改稿サポートする輪。
(月いちリーディング)

趣旨・概要

2023年度の改稿サポートする輪。/月いちリーディングは終了しました。
2024年度の実施については改めてご案内申し上げます。

◎ 東京+オンライン

リーディングWG

◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB


◎ 九州支部
九州支部FB

◎ アーカイブ
1年分の動画(YouTube)

 

新!劇作家協会のナカミ

インタビュー公開中!
劇作家協会の活動と人を紹介するインタビュー企画

 

若手劇作家応援プラン!

2024年度も受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

戯曲デジタルアーカイブ

劇作家権利処理DX化プロジェクト 報告書公開!

500本以上収録の戯曲の電子図書館(別サイト)

 

会報『ト書き』

67号〜69号を全ページ閲覧/ダウンロードできます

 

第65回岩手芸術祭 戯曲大会
「3.11を越えて、戯曲リーディング」

[日時] 2012年11月4日(日) 13:00〜
[会場] 盛岡劇場 タウンホール

2012年3月11日に、全米70カ所を超える地域で行なわれたチャリティ企画「SHINSAI Theaters for Japan」。それに応えて、8月5日に東京で開催した「SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo」。いずれも日米劇作家が提供した震災に関わる短編19本の、連続ドラマリーディングでした。
そして11月4日に東北・盛岡で、その中から6本の作品をリーディングします。


「SHINSAI Theaters for Japan」に感謝して

◎プログラム
1.『はっさく』(抜粋)
 作=石原 燃 出演=トラブルカフェシアター(岩手)
2.『北西の風』
 作=篠原久美子 出演=劇団ユニットラビッツ(福島)
3.『血の問題』
 作=坂手洋二 出演=沼山華子、えとまさる(青森)
4.『子は人の父』
 作=フィリップ・カン・ゴタンダ 訳=吉原豊司 出演=なかじょうのぶ(宮城)
5.『日本流エチケットの手引き』
 作=ダグ・ライト 訳=常田景子 出演=劇団ゼミナール(岩手)
6.『さようならⅡ』(抜粋)
 作=平田オリザ 出演=劇団プロデュースチームウィルパワー(秋田)

◎ポストパフォーマンストーク「震災支援と演劇」
震災後に作られた演劇は、どのように変わったのか? それとも変わっていないのか? そして、震災支援の中での演劇の役割は? あるいは、支援される側の演劇人の思いは? 被災地からのそれぞれの距離感を考える。
 [出演] 篠原久美子 はせひろいち 高村明彦 他、各県代表
 [司会] くらもちひろゆき

◎岩手芸術祭戯曲大会
11月3日(土) 劇王X〜天下統一大会 東北予選
11月4日(日) 岩手芸術祭戯曲部門入賞作の発表、及び上記リーディング

【チケット】
 当日券のみ。直接会場にお越しください。
・劇王予選と戯曲リーディングの2日間入場可能なチケット:¥1,500
・4日の戯曲リーディングのみのチケット:¥500

【お問合せ】
劇作家協会東北支部 くらもち 
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2024年度のプログラム公演

最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 4月17日(水)〜21日(日)
まるは食堂製作委員会
『まるは食堂2024』
作・演出:佃 典彦

▽ 5月15日(水)〜19日(日)
BQMAP
『ジャックはひとり木に登る』
作・演出=奥村直義
音楽=佐藤 太・竹下 亮