政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明

2020年10月6日付け発表

10月17日時点で声明は8団体の連名となっており、さらいに3団体が賛同を表明しています

 

せりふを読んでみよう

受講俳優、聴講劇作家を募集
講師:古川 健
日程:全4日間=12月1日(火)・2日(水)・3日(木)・4日(金)
会場:座・高円寺 阿波おどりホール
受付中!
応募受付期間:10/19(月)〜11/13(金)

 

第26回劇作家協会新人戯曲賞

一次・二次の審査を経て、最終候補6作品が決定しました(応募総数242本)
最終候補作発表!

 

リーディングフェスタ2020 戯曲に乾杯!

今年度のフェスタはオンライン開催!
Youtubeでお届けします
詳細は追ってご案内いたします

[12月初旬より公開予定]
・新人戯曲賞最終候補作プレビューリーディング
[12月12日よりで公開予定]
・別役実 未上演戯曲リーディング
・小劇場のこのエンタメがすごい!
SNSで「すごい」戯曲を募集します!

 

劇作家協会公開講座2020年夏

Youtubeで公開中!
【プログラム】
1)別役実 本人のいない最終講義
  ── 教えてよ、別役さん
2)コロナと演劇
 ── 寄って喋れば明日の知恵

 

月いちリーディング

趣旨・概要・プロモーションビデオ
【Youtube2年分の録画公開中!

◎ 東京リーディング部
オンライン開催!

【11月7日(土)】
ご予約受付中!
戯曲:越智良知『ゆくゆく』
ゲスト:鈴木裕美 刈馬カオス
担当:大西弘記 鹿目由紀 山田裕幸 サカイリユリカ

◎宮崎
九州支部FB
【11月7日(土)】
会場:M★うぃんぐ(JR三股駅内多目的ホール)
担当:永山智行
アドバイザー:泊篤志 大迫旭洋

◎岩手
東北支部FB
【12月12日(土)】
会場:盛岡劇場ミニホール
ゲスト:詩森ろば 畑澤聖悟
担当:高村明彦 遠藤雄史

◎関西支部スペシャル企画「劇作バトル!」
関西支部FB
【11月21日(土)】
会場:ドーンセンター
登壇:桑原裕子 土田英生

「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」

演劇と文化芸術の危機に際し、多くの演劇関連団体が集まり活動をしています。

 

令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」について

日本劇作家協会は、文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の事前確認認定団体です。
第三次募集申請用の確認番号のお申込み受付は、9月28日をもって終了しました。
現在はお申込みは受け付けておりません。再開することがあれば改めてお知らせいたします。

確認番号発行のご案内


2020年度 戯曲セミナー

新型コロナウイルスの感染状況に大きな改善が見られないため、2020年度の戯曲セミナーは中止といたします。

中止のお知らせ

 

家で観る演劇

オンラインで視聴できる演劇の情報をお寄せください。
ご提供いただいた情報は、外部サイトOnline_Butaiでご覧いただけます。

オンラインビューイングの情報提供

 

日本劇作家協会発表のアピール、賛同など

これまでに発表のアピール等
・日本映像職能連合加盟8団体発表の「自由な創作表現活動に関する要求書」(2019年12月12日付)に賛同
・(特非)舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)発表の「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の決定について」(2019年9月27日付)に賛同
・2019年8月6日付で、「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピールを発表

 

日本劇作家大会

上田大会(2019年8月)

上田大会全44企画の記録写真

大分大会(2019年1月)

大分大会 全63企画の記録写真

豊岡大会(2014年6月)

豊岡大会 全52企画の記録写真

 Webサイトのリニューアル作業中のため、表示の崩れやリンク切れがございます。
 しばらくの間 ご容赦ください


第15回AAF戯曲賞問題の経緯について
支部情報  2019年度⇒2018年度以前はこちら

 北海道支部
 2019年4月13日(土)・14日(日):短編戯曲ワークショップ⇒終了しました
 教文演劇フェスティバル2019(協力事業)⇒終了しました
  2019年8月31日(土):短編演劇祭2019
  2019年7月13日(土)・20日(土)・8月3日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)
  :暁の演劇ワークショップ⇒終了しました
 2019年~9月5日(木):希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」(協力事業)⇒受付は終了しました
 東北支部
 2019年12月14日(土):月いちリーディング東北⇒終了しました
 東海支部
 2019年9月23日(月・祝)・11月25日(月) ・2020年1月27日(日)
 :ナビイチリーディング(共同主催)⇒終了しました
 2019年9月1日(日)~12月31日(火)「俳優A賞」⇒終了しました
 2020年2月8日・9日:Jr.ライト級チャンピオンタイトルマッチ「劇王2020ー人生を変える20分ー」
 ⇒終了しました
 関西支部
 2019年6月29日(土)・9月28日(土)・2020年1月11日(土)関西版月いちリーディング⇒終了しました
 2019年11月23日: スペシャル企画「劇作バトル!」⇒終了しました
 中国支部
 2019年10月10日(木):中国支部習作中編戯曲集「せぼね 3」発行
 2019年10月14日(月・祝): 第7回中国ブロック劇王決定戦⇒終了しました
 九州支部
 2019年9月28日(土):月いちリーディングin長崎⇒終了しました
 2019年12月22日(日):月いちリーディングin宮崎⇒終了しました
沖縄支部
 2020年3月20日(金)・21日(土)・22日(日):劇琉王vol.3(協力事業)⇒公演中止

 

言論表現の自由のよって立つところ
 ── なぜ劇作家協会は「安全保障関連法案」に反対するのか。
 言論表現委員の永井愛に聞く ──

シリーズ ー 表現の自由を語ろう ー
日本の現状と未来への展望を、様々なジャンルのゲストと劇作家が語るシリーズ
第4回 九条やめたら運が逃げますよ 沢田研二×マキノノゾミ×永井愛
第3回 少しでも隙間を作っていく ─ 表現者の想像力 赤川次郎×永井愛
第2回 何で捕まったかわからない ─ いま、横浜事件を考えてみる ふじたあさやインタビュー
 第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか? 赤松健・福井健策・青井陽治・坂手洋二・谷賢一



戯曲朗読研究会『月いちリーディング』

2011年度の『月いちリーディング』は全日程を終了しました。
今後につきましては改めてご案内申し上げます。

文化庁委託事業「平成23年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
制作:一般社団法人日本劇作家協会
協力:座・高円寺 / NPO法人 劇場創造ネットワーク
 


『月いちリーディング』はその名の通り、定期開催のリーディング・ワークショップです。

俳優によるドラマリーディングのあと、その場に集った全員で戯曲についてディスカッション。
戯曲のブラッシュアップの場であるとともに、劇作家・演出家・俳優・制作者、そして観客の出会いの場でもあります。

立場や考え方の異なる個々人による、多面的・重層的なディスカッションは、演劇に携わる方にはもちろん、より深い観劇をしたいとお思い方にも興味深いだろうものです。
多くの方のご来場と、戯曲のご応募をお待ちしております。 

 【会場】   座・高円寺 (JR高円寺駅 北口より徒歩5分)
        地下3階 けいこ場2
 【参加費】 無料

 【劇作家協会リーディング部】 
   篠原久美子 長谷基弘
   石原燃 夏井孝裕 丸尾聡 山田裕幸

  
   12年3月3日開催分について   11年度の開催概要(全回終了)   戯曲の応募要項   開催趣旨   10年度の月いちリーディング(別ページ)


  2012年3月 ⇒終了しました。次回以降につきましては追ってお知らせ致します
 
 3月のリーディング作品: 『少女Aの帰還』 (作・ 江野澤雄一)

   
作品冒頭部をお読みいただけます(PDF)
    ⇒全文をお読みになりたい方は、劇作家協会事務局までその旨ご連絡ください。
     データをお送り致します。このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

     *全文をお申込みの際には、お名前・ご所属(特にない場合は「なし」とお書きください)、
      添付ファイルが受け取れるメールアドレスをお記しください。
     *作品の著作権は作者に帰属します。無断での上演・掲載・配布等は固くお断り申し上げます。
     *掲載中の冒頭部も、ご希望の方にお送りする全文も、これからのブラッシュアップを
      目指す、進行形の戯曲であることをご理解のうえでお読みください。
  
担当
ゲスト
 
出演
宮沢章夫  柳井祥緒(十七戦地) コーディネイター
  篠原久美子 
ファシリテイター
  山田裕幸
有馬自由(扉座)
楠木朝子(劇団桃唄309)
久保田芳之
渋谷はるか(文学座)
西山水木(La Compagnie An)
日榮春華(オフィス薫)
古市裕貴(ユニークポイント)

 
   お問合せ 
   日本劇作家協会 リーディング部
    TEL:03-5373-6923
    MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 *お問合せはできるだけメールでお願い致します。
  なお、開催当日午前11時以降のお問合せには、返信ができない場合がございます。
 


 戯曲のご応募

 応募締切 次年度以降の募集につきましては追ってご案内致します

 郵送先
 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
 日本劇作家協会 リーディング部

 必要書類
  1. 戯曲 1編(400字詰め換算で250枚が上限の目安)
  2. あらすじ(A4で1枚程度)
  3. 応募用紙(プリントアウトのうえ必要事項をご記入ください)
  4. 作者プロフィール(書式自由)
 ご応募にあたっては、応募要項を必ずご確認ください。
 規定から外れたものは選考対象外とします。



 11年度の記録

 
日時
選出作品
担当・ゲスト
出演
第6回 3月3日(土) 江野澤雄一
『少女Aの帰還』
 宮沢章夫
 柳井祥緒
有馬自由(扉座)
楠木朝子(劇団桃唄309)
久保田芳之
渋谷はるか(文学座)
西山水木(La Compagnie An)
日榮春華(オフィス薫)
古市裕貴(ユニークポイント)
第5回 1月28日(土) 西 史夏
『林檎幻燈』
 横内謙介 
 詩森ろば 
 早船聡
岩戸秀年(唐組)
甲津拓平(流山児★事務所)
河野洋一郎(南河内万歳一座)
阪上善樹
清水泰子
中山マリ(燐光群)
日榮春華(オフィス薫)
洪明花(ユニークポイント)
丸尾聡(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
みやなおこ(演劇企画ユニットDONNA・DONNA)
第4回 10月29日(土) 楢原 拓
『12人のそりゃ
恐ろしい日本人』
 長塚圭史
 夏井孝裕
 丸尾丸一郎
綾田將一
板倉光隆(ランズファースト)
井上加奈子(アル☆カンパニー)
円城寺あや
柿澤亜友美
清水泰子
神野美奈実
鈴木一功(レクラム舎)
土屋良太
中谷源(青年劇場)
丸尾聡(オフィスプロジェクトM)
横澤有紀(オフィスプロジェクトM)
リアルマッスル泉  *50音順
第3回 9月24日(土)
18:00
粟飯原ほのか
『白い風』
  永井愛
  前川知大
荒木秀智
井上弘久(Uフィールド)
今里真(ファザーズ・コーポレーション)
河野悟(ユニークポイント)
北見直子(ユニークポイント)
久保明美(ユニークポイント)
剣持直明(劇団だるま座/オフィスAmi)
小山貴司(オフィスプロジェクトM)
下村界
古市裕貴(ユニークポイント)
舞山裕子(劇団昴)
山像かおり(文学座)
(*50音順)
第2回 6月25日(土)
 18:00
鈴木達巳
『私の左手』
 マキノノゾミ
 柴幸男
 中津留章仁
久保明美(ユニークポイント)
清水泰子
平家和典
洪明花(ユニークポイント)
(*50音順) 
第1回 5月28日(土) 伊地知克介
『運転中』
 鐘下辰男
 下西啓正
 中屋敷法仁 
井上倫宏(演劇集団円)
今里真(ファザーズ・コーポレーション)
浦壁詔一
瓜生和成(東京タンバリン)
遠藤かおり(劇団MMC)
小泉真希(俳協)
坂本鈴(劇団劇作家)
清水泰子
藤井びん
丸尾聡(オフィスプロジェクトM)
山本悠生 (*50音順) 

*基本的に月末の土曜に開催致します。
*当協会による別の催しを計画している月は、お休みとなります。

【参考:これまでの担当】
 大橋泰彦 小里清 川村毅 鐘下辰男 工藤千夏 小松幹生
 坂手洋二 鈴木聡 永井愛 夏井孝裕 土田英生 別役実
 マキノノゾミ 横内謙介 (50音順)
 *10年度は1回につき2名が担当しましたが、11年度は担当1名と
  ゲスト1~2名になります。また、担当の顔ぶれは一定ではありません。
  


 戯曲応募要項

 応募規定
  作者がブラッシュアップしたいと考えている作品であること。
  1人の応募は、3ヶ月につき1作品まで。

 *すでに書籍あるいは雑誌に発表された作品、上演契約期間中の作品のご応募はお控えください。
 *選出された戯曲の作者には、遅くともリーディング日2週間前までにご連絡いたします。
  (非選出の方への連絡は行なっていません)。
 *選出にあたっては、劇作家育成の趣旨に基づき、新人の作品・未発表作品・上演団体を
  探している作品を優先する場合がございます。
   ⇒昨年度は未上演作品3本、上演済み作品2本、リーディング上演済み作品3本を取り上げました。
 *応募作の返却には応じかねます。あらかじめご了承ください。

 新人戯曲賞にご応募なさった方へ
  新人戯曲賞で最終候補に残っていない場合は、同作品のご応募も承ります。
  なお、これまで新人戯曲賞に応募していない場合は、月いちリーディングで
   選出作品となった戯曲を、ブラッシュアップのうえで来年度の同賞に応募なさることも可能です。

 原稿形式
  用紙
  ・手書きの場合は、400字詰め原稿用紙を使用。
  ・ワープロの場合は、片面印刷でA4に800~1600字詰め。
  枚数 
  ・400字詰め原稿用紙換算で250枚程度が上限の目安。
  綴じ方
  ・製本したものは不可。ダブルクリップまたは紐で簡易止めのこと。

 必要書類
 1. 戯曲 1編
 2. あらすじ A4で1枚程度
 3. 応募用紙  プリントアウトのうえ、必要事項をご記入ください
 4. 作者プロフィール
  
 *原作のあるものの脚色、及び他の戯曲・小説・映画などからの引用がある場合は、
 その作品名・著者名等をご明記ください。
 *参考・引用文献がある場合は、その書籍名・著者名・出版社をお記しください。

 送付先
 〒166-0002 杉並区高円寺北2-29-14-501
 日本劇作家協会 リーディング委員会 宛

 
  開催趣旨
 
1. 劇作家育成の場
 現在の日本に於いて、劇作家としての道を開く方法は、コンクールで賞を獲得すること、もしくは自身で劇団を立ち上げることしかありません。しかしニューヨークやロンドンに於いては、定期的に開催される戯曲のブラッシュアップを企図したドラマリーディングも、劇作家が成長する場、見出される場のひとつです。
 それに習い、新作戯曲をまずドラマリーディングの形で発表し、俳優・演出家・制作者・観客の意見を聞いてより質の高い戯曲に書き直し、上演に至る道が開かれることを目指します。

2. 制作者と劇作家の出会いの場
 新人/若手作家の戯曲を取りあげる定期的ドラマリーディングは、新しい作品と新しい劇作家が、常に存在する場でもあります。演劇プロデューサーや劇団の制作者の方々が、おそらく求めているであろう優れた戯曲との出会いを、提供できる場とすることを期しています。

3. 観客の戯曲理解を深める場
 ディスカッションは作者にとって実際的に有益であるのみならず、参加者にとっては、自分とは異なる作品の捉え方を知る機会となります。劇作家や俳優とともに行なう戯曲について意見交換は、より広い視野とより深い視点で演劇を観ることにつながります。演劇をいっそう楽しむことのできる観客の創造も企図しています。
 
 

劇作家協会が'10年6月から行なっている『月いちリーディング』は、その名の通り、毎月開催のリーディング・ワークショップです。
俳優によるリーディングのあと、その場に集った全員で戯曲についてディスカッション。

多方向からのディスカッションは、演劇に携わる方にはもちろん、より深い観劇をしたいとお思い方にも興味深いであろうものです。
多くの方のご応募とご来場をお待ちしております。


主催:一般社団法人 日本劇作家協会
提携:座・高円寺 / NPO法人 劇場創造ネットワーク
平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

     概要   戯曲の応募について   参観のご予約について   開催趣旨  



   開催概要

 [日程] 毎月の最終土曜日
 [会場] 座・高円寺けいこ場2、または3
 [参加費] 無料

 [リーディング委員/ファシリテーター] 篠原久美子 長谷基弘


 各回開催要項と担当劇作家
 

 
日時
戯曲の応募締切
担当劇作家
第7回 3月5日(土) 18:00 1月11日(火)  横内謙介 工藤千夏
 ゲスト:木村健三
第6回 1月29日(土) 18:00 12月10日(金)
 鐘下辰男 土田英生
第5回 11月27日(土) 18:00 11月10日(水)  夏井孝裕 マキノノゾミ
第4回 10月30日(土) 18:00 10月8日(金)  大橋泰彦 小里清 
第3回 8月28日(土) 18:00 8月10日(火)  小松幹生 鈴木聡
第2回 7月31日(土) 19:00  7月10日(土)  川村毅 坂手洋二
 ゲスト:河原その子
第1回 6月26日(土) 18:00 6月10日(木)  永井愛 鈴木聡  
 ゲスト:別役実
 
 リーディング作品
 
作者・作品タイトル
出演
第7回  ヒロセエリ 『激流としるし』  瓜生和成(東京タンバリン) 円城寺あや
奥山隆(劇団オフィス3○○) 川渕優子(shelf) 竹田まどか
中嶌聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
中道美穂子(クレイジーボックス) 西田夏奈子
西村舞子 三原玄也(オフィスクロキ)
森谷由希子 (50音順)
第6回  校倉元 『五臓六腑色懺悔』  伊藤弘子(流山児★事務所)
今里真(ファザーズ・コーポレーション)
上原英司 岡田悟一(劇団唐組) 気田睦(劇団唐組)
清水泰子 鈴木正孝(一徳会/K・A・G)
大美穂(劇団唐組) 武山尚史(燐光群)
橋本浩明(燐光群) 平野直美(流山児★事務所)
藤村一成(流山児★事務所) 前島謙一(一徳会/K・A・G)
矢野靖人(shelf) (50音順)
第5回  相馬杜宇 『痩せてたまるか!』  綾田將一(reset-N) 伊藤めぐみ(青年劇場)
上原英司  円城寺あや  及川陽葉(劇団俳協)
大木章(青年劇場) 大月ひろ美(青年劇場)
楠木朝子(桃唄309) ザンヨウコ(危婦人)
関根信一(劇団フライングステージ) 鈴木弘明
真喜志康壮(青年劇場) *50音順
第4回  西乃水鏡 『帰心暗涙』  厚木拓郎(劇団ひまわり) 池永英介(劇団ひまわり)
齋藤秀貴(劇団ひまわり) 清水泰子
関根信一(劇団フライングステージ) 中嶌聡
三原玄也(オフィスクロキ) 三宅ひとみ(劇団ひまわり)
森谷由希子 *50音順
第3回  守夏代 『この花折るな』  今里真(ファザーズコーポレーション)
國立幸(劇団ひまわり) 小林美江(エンパシィ)
島川直(アニマ・エージェンシー)
杉山文雄(エンパシィ) 坂東七笑(だるま企画)
*50音順
第2回  上原英司 『防波堤のピクニック』  小山貴司(プロジェクトM) さとうこうじ
中山マリ(燐光群) 橋本浩明(燐光群)
早船聡(劇団サスペンデッズ) 松岡洋子(燐光群)
渡辺文香(燐光群)   *50音順
第1回  楠原セツ 『喫煙所』  猪熊恒和 橋本浩明 武山尚史 松岡洋子 
安仁屋美峰 渡辺文香 森谷由希子
 中澤日菜子 『海待ちノ月』  中山マリ 松岡洋子 占部房子 安仁屋美峰 
川中健次郎 猪熊恒和 橋本浩明 鈴木陽介
武山尚史

 第1~3回の報告レポート


   戯曲応募要項

 応募資格作品
 劇作家がブラッシュアップしたいと考えている作品
 ※劇作家育成の趣旨に基づき、選出にあたっては新人劇作家の作品を優先します。
 ※また、未発表作品・上演団体を探している作品を優先する場合がございます。

 締切
 毎月10日
 ※1月分より、応募締切が当月10日から前月10日に変更になりました。
 ※10日以降に届いた作品は、自動的に次月以降の応募作品となります。
 ※10日が休日に当たっている場合は前後にずれることがあります。

 応募規定
 3ヶ月に、1人1作品まで。
 ※原作のあるものの脚色、及び他の戯曲・小説・映画などからの引用がある場合は、
  その作品名をご明記ください。
 ※参考・引用文献がある場合は、その書籍名・著者名・出版社をご明記ください。
 ※過去に当協会新人戯曲賞に応募した作品のご応募もお受けします。
 ※すでに書籍あるいは雑誌に発表された作品のご応募はお控えください。
 ※上演契約期間中の作品のご応募はご遠慮ください。
 ※選出された戯曲の作者には、遅くともリーディング日1週間前までにご連絡いたします。
  (非選出の方への連絡は行なっていません)。
 ※応募作の返却には応じかねます。あらかじめご了承ください。

 原稿形式
 手書きの場合は400字詰め原稿用紙を使用。
 ワープロの場合は片面印刷でA4に800~1600字詰め。
 枚数は、400字詰め原稿用紙換算で250枚程度を上限の目安としてください。

 応募用紙
 リーディング作品応募用紙 (プリントアウトのうえ、原稿と併せてお送りください)

 送付先
 〒166-0002 杉並区高円寺北2-29-14-501
 日本劇作家協会 リーディング委員会 宛


   ご参観について

リーディングとディスカッションには、どなたでもご参加いただけます。
会場の定員がありますので、ご希望の方は事前にお申込みください。

 申込み方法
 開催前日の24:00までに、日本劇作家協会宛にメールでお申込みください。
 メールは件名を「リーディング予約」とし、下記の事項をご明記くださいませ。
  1. 参加日
  2. お名前/ふりがな
  3. ご所属 (ご所属が特にない場合は「なし」とご記載ください)
  4. ご連絡先
 *参観料は無料です。
 *ドラマリーディングのみではなく、その後のディスカッションにも必ずご参加ください。
 *定員に達し次第、ご予約受付は締め切ります。お早めのお申込みをお願い致します。

 ご参考
 ディスカッションの様子につきましては第1~3回の報告レポートをご覧ください 

 お申込み・お問合わせ
 日本劇作家協会 リーディング部
 TEL:03-5373-6923 FAX:03-5364-9205
 e-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 


   開催趣旨
 
劇作家協会リーディング委員会では、今年度6月より月一回の定期的な公開リーディングを行なうことに致しました。
毎月の最終土曜日の18時より、座・高円寺の稽古場にて開催します。
新作戯曲のブラッシュアップの場、発表の場、発見の場としてリーディングを行なうほか、名作戯曲のリーディングワークショップなども催す予定です。

書き手の方々。
あなたの作品をリーディングによってブラッシュアップし、上演に結びつけてみませんか?
また、リーディングワークショップに参加して、戯曲をより深く学びませんか?

制作者、演出家、俳優、そして観客の皆様。
新作戯曲の可能性を発見し、ともにディスカッションすることにより、その可能性を発展させてゆきませんか?

戯曲の応募受付は劇作家協会会員・当協会主催“戯曲セミナー”卒業生に限りますが、参観はどなたでもお申込みいただけます。応募要項、参観申込み方法などをご確認のうえ、是非ご参加ください。

1.劇作家の育成として
現在、日本の劇作家のほとんどは、コンクールでの入選か自分で劇団を立ち上げることによって劇作家としての道を開いています。が、ニューヨークやロンドンでは、作品のブラッシュアップのためのリーディングから劇作家を養成する道が開かれています。劇作家の書いた新作戯曲を、上演する前にリーディングとして発表し、俳優、演出家、製作者、観客の意見を聞きながら書き直し、より質の高い戯曲として上演される道が開かれることを目指します。

2.劇作家と制作者との出会いの場として
製作者や企画者たちは、常に優れた作品や新しい劇作家を求めているはずです。ブラッシュアップのための定期的なリーディングの場が、劇作家と制作者達との出会いの場になればと考えます。

3.観客の戯曲に対する理解を深める場として
この企画では、一般参加者も含めた戯曲朗読のワークショップも行ないます。劇作家だけではなく、観客も含めたリーディングワークショップを行なうことによって、通常の観劇では得られない戯曲理解に気付く場となればと考えます。


 【応募からリーディングまでの流れ】

1.応募
 応募用紙と戯曲のリーディング委員会到着。
2.選出
 コーディネイターとファシリテイターにより選出。
3.キャストの依頼と決定
 リーディング委員を中心に決定。
4.リーディング
 稽古は当日、1回のみ行なう。
 リーディング後、表現者の優れた面を伸ばすリズ・ラーマン方式などを参考に
 月いちリーディング用に変化・発展させた、多方向性・多面性を備えたディスカッション。

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 10月28日(水)〜11月3日(日)
iaku
『The last night recipe』
作・演出= 横山拓也

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣殿』
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』

▽ 12月9日(水)〜15日(火)
TOKYOハンバーグ
『最後に歩く道。』

アピール・決議

  • 政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明 +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明 続きを読む...
  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2020年10月6日付 続きを読む...
  • 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール 続きを読む...
  • 日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同について +

    日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて +

    「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

Facebook