第26回劇作家協会新人戯曲賞

一次・二次の審査を経て、最終候補6作品が決定しました(応募総数242本)
最終候補作発表!

 

令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」について

日本劇作家協会は、文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の事前確認認定団体です。
確認番号発行のご案内
・劇作家協会の会員の方 受付中!
・非会員で、会員推薦者ありの方 受付中!
・非会員で、会員推薦者なしの方 受付中!
第三次募集に申請なさる方は9月28日(月)24時までに確認番号をお申込みください

劇作家協会公開講座2020年夏

Youtubeで公開中!
【プログラム】
1)別役実 本人のいない最終講義
  ── 教えてよ、別役さん
2)コロナと演劇
 ── 寄って喋れば明日の知恵

 

「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」

新型コロナウイルスによる演劇と文化芸術の危機に対して、 多くの演劇関連団体が集まり、演劇緊急支援プロジェクトとして活動をしています。WeNeedCultureを旗印に、ミニシアターやライブハウス/クラブとも連携してます。

月いちリーディング

趣旨・概要・プロモーションビデオ
【Youtube2年分の録画公開中!

◎ 東京リーディング部
オンライン開催!
【10月10日(土)】
ご予約は9/16より承ります
戯曲:坂井宏充『ストロング』
ゲスト:わかぎゑふ、ピンク地底人3号
担当:藤﨑麻里 山田裕幸 丸尾 聡 鹿目由紀

【11月7日(土)】
戯曲応募を受付中!締切:9/23(水)

◎関西支部
オンライン開催!詳細はFBで
【9月26日(土)】
ご予約受付中!
戯曲:守安久仁子『雨の部屋』
担当:ごまのはえ 田辺剛
ゲスト:山口茜 大堀久美子

◎熊本
九州支部FB
【9月26日(土)】
中止いたします
熊本市で初開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、止むなく中止をいたします。

◎盛岡
東北支部FB

 

追悼 別役実氏

日本劇作家協会顧問の別役実氏が、2020年3月3日に逝去しました

対談映像・追悼文掲載
・2015年収録 別役実×ケラリーノ・サンドロヴィッチ
・追悼文 丸尾聡、坂手洋二、ケラリーノ・サンドロヴィッチ

 

2020年度 戯曲セミナー

新型コロナウイルスの感染状況に大きな改善が見られないため、2020年度の戯曲セミナーは中止といたします。

中止のお知らせ

 

家で観る演劇

オンラインで視聴できる演劇の情報をお寄せください。
ご提供いただいた情報は、外部サイトOnline_Butaiでご覧いただけます。

オンラインビューイングの情報提供

 

日本劇作家協会発表のアピール、賛同など

これまでに発表のアピール等
・日本映像職能連合加盟8団体発表の「自由な創作表現活動に関する要求書」(2019年12月12日付)に賛同
・(特非)舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)発表の「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の決定について」(2019年9月27日付)に賛同
・2019年8月6日付で、「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピールを発表

 

日本劇作家大会

上田大会(2019年8月)

上田大会全44企画の記録写真

大分大会(2019年1月)

大分大会 全63企画の記録写真

豊岡大会(2014年6月)

豊岡大会 全52企画の記録写真

 Webサイトのリニューアル作業中のため、表示の崩れやリンク切れがございます。
 しばらくの間 ご容赦ください


第15回AAF戯曲賞問題の経緯について
支部情報  2019年度⇒2018年度以前はこちら

 北海道支部
 2019年4月13日(土)・14日(日):短編戯曲ワークショップ⇒終了しました
 教文演劇フェスティバル2019(協力事業)⇒終了しました
  2019年8月31日(土):短編演劇祭2019
  2019年7月13日(土)・20日(土)・8月3日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)
  :暁の演劇ワークショップ⇒終了しました
 2019年~9月5日(木):希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」(協力事業)⇒受付は終了しました
 東北支部
 2019年12月14日(土):月いちリーディング東北⇒終了しました
 東海支部
 2019年9月23日(月・祝)・11月25日(月) ・2020年1月27日(日)
 :ナビイチリーディング(共同主催)⇒終了しました
 2019年9月1日(日)~12月31日(火)「俳優A賞」⇒終了しました
 2020年2月8日・9日:Jr.ライト級チャンピオンタイトルマッチ「劇王2020ー人生を変える20分ー」
 ⇒終了しました
 関西支部
 2019年6月29日(土)・9月28日(土)・2020年1月11日(土)関西版月いちリーディング⇒終了しました
 2019年11月23日: スペシャル企画「劇作バトル!」⇒終了しました
 中国支部
 2019年10月10日(木):中国支部習作中編戯曲集「せぼね 3」発行
 2019年10月14日(月・祝): 第7回中国ブロック劇王決定戦⇒終了しました
 九州支部
 2019年9月28日(土):月いちリーディングin長崎⇒終了しました
 2019年12月22日(日):月いちリーディングin宮崎⇒終了しました
沖縄支部
 2020年3月20日(金)・21日(土)・22日(日):劇琉王vol.3(協力事業)⇒公演中止

 

言論表現の自由のよって立つところ
 ── なぜ劇作家協会は「安全保障関連法案」に反対するのか。
 言論表現委員の永井愛に聞く ──

シリーズ ー 表現の自由を語ろう ー
日本の現状と未来への展望を、様々なジャンルのゲストと劇作家が語るシリーズ
第4回 九条やめたら運が逃げますよ 沢田研二×マキノノゾミ×永井愛
第3回 少しでも隙間を作っていく ─ 表現者の想像力 赤川次郎×永井愛
第2回 何で捕まったかわからない ─ いま、横浜事件を考えてみる ふじたあさやインタビュー
 第1回 <TPP・児童ポルノ法>をどう見るか? 赤松健・福井健策・青井陽治・坂手洋二・谷賢一



ドラマリーディング+ディスカッションの
戯曲ブラッシュアップワークショップ

月いちリーディング・東京


 

チラシPDF (オモテウラ)


    概要     参加予約     戯曲応募要項     15年度の予定
    大阪の月いちリーディング(別ページ)   月いちリーディングとは(別ページ)
    ブラッシュアップを体験した作者たち(別ページ)


3月の「月いちリーディング」

3月の戯曲
  大西弘記『のぞまれずさずかれずあるもの』
 
  戯曲冒頭部をお読みいただけます。
  ** 作品の著作権は作者に帰属します。無断での上演・掲載・配布等は
   固くお断り申し上げます。
  ** これからのブラッシュアップを目指す、進行形の戯曲であることを
   ご理解のうえでお読みください。

録画公開期間は終了しました
  YouTube https://goo.gl/PjDPPQ

【開催日時】 2016年3月5日(土) 18:00ー
【会場】座・高円寺 (JR高円寺駅 北口より徒歩5分)
    地下3階 けいこ場2
【参加費】 無料

【ゲスト】柴 幸男、鈴木裕美
【コーディネイター】谷 賢一
【ファシリテイター】中津留章仁
【出演】浅倉洋介、占部房子、辻村優子、遠山悠介、西村由花 (無隣館)、
 百花亜希 (DULL-COLORED POP)、盛 隆二(イキウメ)、吉田小夏 (青☆組)
 [出演協力] 小野事務所 (有)芹川事務所 Me&Herコーポレーション 吉住モータース



2015年度の開催日程

 2015年度は、5月30日・6月27日・9月12日・10月10日・11月14日・
 16年1月30日・3月5日の開催です (いずれも土曜) 。 
 
 **月いちリーディングは2016年度も開催の予定です。開催日程は追ってご案内申し上げます。



【劇作家協会リーディング部】 
  長谷基弘 山田裕幸
  石原燃 瀬戸山美咲 関根信一 谷賢一 中津留章仁 夏井孝裕
  西山水木 ハセガワアユム 藤田卓仙 丸尾聡 山田百次 吉田康一

【お問合せ】
  日本劇作家協会 事務局 (担当・国松)
  TEL:03-5373-6923
  MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  ** お問合せはできるだけメールでお願いします


 
参加予約

  16年度の開催日程とご予約受付につきましては、追ってご案内申し上げます

  **ドラマリーディングを聞き、ディスカッションの場に加わることで、
    戯曲ブラッシュアップにご協力ください。

件名を「リーディング予約」
とし、以下の事項をご明記のうえ、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までメールでお申込みください。

 1. 参加日
 2. お名前/ふりがな
 3. ご所属 (ご所属が特にない方も歓迎します。その場合は「なし」とご記載ください)
 4. ご連絡先

*参加費は無料です。
*こちらから確認メールを36時間以内にお送り致します(土日祝は遅くなる場合があります)。携帯からお申込みの方は、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 からのメールを受信できるようご設定ください。
*月いちリーディングはUsterm配信をしています。カメラはご参加の皆様が特定できないようにセッティングしますが、ご心配な場合は受付時にご相談ください。
*ドラマリーディングとディスカッションでひと続きの催しです


 戯曲応募要項

ブラッシュアップを体験した作者たちの感想をお読みいただけます

月いちリーディングは16年度も開催の予定です。
  16年度の開催日程と戯曲応募締切は、追ってご案内申し上げます。


応募先
《データ応募》 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てに添付ファイルとして送付
《郵送応募》〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
      日本劇作家協会 リーディング部

 必要書類
 1. 表紙=作品タイトルと作者名
 2. あらすじ=A4で1枚程度
 3. 戯曲
 ・データ応募の場合は1〜3をひとつのファイルにまとめる。
  Word、一太郎などこちらで修正のできる形式とすること。(*PDFは不可)
 ・郵送の場合は、1〜3を重ねてダルブクリップなどで簡易止め。(製本されたものは不可)
  戯曲は片面印刷でA4に800〜1600字詰め。(手書きの場合を除き、原稿用紙への印字は不可)

 4. 作者プロフィールと連絡先
以下を別紙またはメール本文に記載
・氏名(ペンネームの場合は本名も)
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・作品が未発表か上演済みか(上演済みの場合は上演団名と期間と場所)
・プロフィール(書式自由・演劇経歴必須)


<応募規定>
ご応募にあたっては、応募要項を遵守してください。
規定から外れたものは選考対象外と致します。


 作者がブラッシュアップしたいと考えている作品であること
** リーディング発表ではなく、あくまでブラッシュアップのためのワークショップであることを、ご理解のうえご応募ください。
上演時間がおおむね2時間以内の作品であること
 1人の応募は、3ヶ月につき1作品まで

すでに書籍あるいは雑誌に発表された作品、上演契約期間中の作品のご応募はお控えください。
必ずしも最も完成度が高い作品を取り上げるわけではなく、劇作家育成の趣旨に基づき、新人の作品・未発表作品・ブラッシュアップの価値がある作品を取り上げる場合がございます。
脚色作品は原作の著作権を確認のうえ、権利が切れていないものについては、作者側で処理のうえでご応募ください。
戯曲・小説・映画・音楽・アニメ・ゲーム等の先行知的創作物を使用している場合は、その作品名・著者名(著作権者名)・出版社名等をご明記ください。著作権処理が必要な場合は、作者側でお願い致します。
応募作の返却には応じかねます。あらかじめご了承ください。
取り上げる戯曲の作者には、遅くとも開催日の2週間前までにご連絡いたします。(その他の方への連絡は行なっていません)。


戯曲賞に応募なさる方、なさった方へ

第21回劇作家協会新人戯曲賞で最終候補に残らなかった作品は、16年1月以降の
月いちリーディングへのご応募を承ります
第20回以前の劇作家協会新人戯曲賞を含め、他の戯曲賞に応募して入選に至らなかった作品のご応募も承っております。
 月いちリーディングで選出された戯曲を、ブラッシュアップのうえで劇作家協会新人戯曲賞に応募なさることも可能です。(*すでに当協会新人戯曲賞に応募済みの作品の場合、同賞への再応募は受け付けておりません。他の戯曲賞についてはそれぞれの賞の応募規定をご確認ください)


 15年度の予定
  作者
作品タイトル
ゲスト(G)
コーディネイター(C)
ファシリテイター(F)
出演
第7回
3月5日(土)
 大西弘記
のぞまれずさずかれず
あるもの
G:柴幸男、鈴木裕美
C:谷賢一
F:中津留章仁
[出演]
浅倉洋介
占部房子
辻村優子
遠山悠介
西村由花(無隣館)
百花亜希(DULL-COLORED POP)
盛 隆二(イキウメ)
吉田小夏 (青☆組)
第6回
1月30日(土)
 原田ゆう
私、洗濯機を
 さらいにいくわ
G:川村毅、松井周
C:石原燃
F:関根信一
[出演]
神野三鈴
猪熊恒和(燐光群)
第5回
11月14日(土)
 相馬杜宇
 『
G:川村 毅、関美能留
C:関根信一
F:山田裕幸
[出演]
井手麻渡(無名塾)
阪上善樹
中嶌 聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
古澤光徳(ユニークポイント)
みやなおこ
若林 正
第4回
10月10日(土)
 坂本鈴
あの子の飴玉
G:高取 英、中屋敷法仁
C:丸尾 聡
F:長谷基弘
[出演]
井手麻渡(無名塾)
今井夢子(椿組/Manhattan96)
大月ひろ美(青年劇場)
清水大将
高木充子(劇団桃唄309)
竹田まどか、
中山朋文(theater 045 syndicate)
西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
畑雅之(オックスフォードパイレーツ)
廣田 健(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
毬谷友子
光藤依里(TOKYOハンバーグ)
山田宏平
山西未紗
第3回
9月12日(土)
 矢内文章
シャワー
G:篠原久美子、流山児祥
C:山田裕幸
F:瀬戸山美咲
[出演]
石田迪子
岩倉真彩
小林 至 (双数姉妹)
佐野 功
佐藤拓之 (山の手事情社)
都築香弥子
広田 豹 (ブルバキプリュス)
陽月 華
洪 明花 (ユニークポイント)
丸尾 聡 (世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
山田宏平
第2回
6月27日(土)
 南出謙吾
ずぶ濡れのハト
G:桑原裕子、前川知大
C:中津留章仁
F:長谷基弘
[出演]
板倉 哲(青年劇場)
枝元 萌(ハイリンド)
小野寺ずる(◽︎字ック)
佐藤 達(桃唄309)
志水衿子(ろりえ)
高橋洋介(TRASHMASTERS)
竹田まどか
森尾 舞(俳優座)
ゆかわたかし(昭和芸能舎)
第1回
5月30日(土)
 中川よしの
中の人
G:長田育恵、土田英生
C:丸尾 聡
F:瀬戸山美咲
[出演]
小山貴司(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
佐藤みゆき
橘 花梨
山口智恵

**当協会による別の催しを計画している月は、お休みとなります。
 
[昨年度の作品] 作品冒頭部をお読みいただけます(PDF)
 15年3月:滝本祥生『ハーフテールモニュメント
 15年1月:園部まりあ『宇宙の思い出
 14年11月:波田野淳紘『悪魔はいる
 14年10月:藤原佳奈『夜明けに、月の手触りを
 14年9月:山本タカ『旅人と門
 
14年7月:吉村健二『楠木太郎氏の庭
 14年5月:蘇 玉静『お見舞い

これまでの作品の全文をお読みになりたい方は、劇作家協会事務局までご連絡ください。データをお送り致します。 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
*全文をお申込みの際には、お名前・ご所属(特にない場合は「なし」とお書きください)。添付ファイルが受け取れるメールアドレスをお記しください。
*作品の著作権は作者に帰属します。無断での上演・掲載・配布等は固くお断り申し上げます。
*いずれも今後のブラッシュアップを目指す、進行形の戯曲であることをご理解のうえでお読みください。
*全文のお送りは、開催済み「月いちリーディング」の作品のみです。当該月のものは終了後のお送りとなります。

 2014年度の月いちリーディング(別ページ)
 2013年度の月いちリーディング(別ページ)
 2012年度の月いちリーディング(別ページ)
 2011年度の月いちリーディング(別ページ)
 2010年度の月いちリーディング(別ページ)
 


文化庁委託事業「平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁/一般社団法人日本劇作家協会
制作:一般社団法人日本劇作家協会
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺


ドラマリーディング+ディスカッションの
戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ

関西版  月いちリーディング

 


  概要    参加予約    戯曲応募要項    関西支部Facebook 
  東京の月いちリーディング(別ページ)      月いちリーディングとは(別ページ)



「月いちリーディング」は定期開催の戯曲ブラッシュアップ・ワークショップです。


[関西支部よりのご挨拶]

日本劇作家協会では座・高円寺を会場に、5年にわたり開催して参りました。この度、劇作家協会関西支部の設立に伴って、関西でも月いちリーディングを開催する運びとなりました。

『月いちリーディング』の内容を簡単に説明すると、応募戯曲から1本が採択され、俳優によるドラマリーディングのあと、その場に集った全員で戯曲についてディ スカッションします。
戯曲のブラッシュアップの場であるとともに、劇作家・演出家・俳優・制作者、そして観客の出会いの場でもあります。
立場や考え方の異なる個々人による、多面的・重層的なディスカッションは、演劇に携わる方にはもちろん、より深い観劇をしたいとお思い方にも楽しんでいただける企画です。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!
**チラシPDF 




2015年度の関西版「月いちリーディング」

【会場】 common cafe
     大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
【時間】 開演15:00 (開場14:45)
     ー18:00頃には終了予定
【入場料】無料



第三回 2016年1月23日(土) 終了しました 
1月の戯曲:はせ さんず『くるくる』
 [ファシリテイター] 樋口ミユ
 [コーディネイター] 田辺剛
 [ゲスト] マキノノゾミ、土橋淳志(A級MissingLink)
 [出演] 宮川サキ(sunday)、山本香織(イズム)、久野麻子(スイス銀行)、
  ピンク地底人2号(ピンク地底人)、松原佑次(遊劇舞台二月病)



第二回 8月29日(土) 終了しました
 
8月の戯曲:田中浩之『住処と祭壇』
 [ファシリテイター] 棚瀬美幸
 [コーディネイター] 横山拓也
 [ゲスト] わかぎゑふ (リリパットアーミーⅡ)、長田育恵 (てがみ座)
 [出演] 佐々木淳子(劇団●太陽族 ●は正しくはコーダマークです)、
  葛原敦嘉(がっかりアバター)、隈本晃俊(未来探偵社)



第一回 5月16日(土)
 終了しました
 
5月の戯曲:坂本見花『心
 [ファシリテイター] ごまのはえ
 [コーディネイター] 石原 燃
 [ゲスト] 内藤裕敬 (南河内万歳一座)、谷 賢一 (DULL-COLORED POP)
 [出演] 高安美帆 (エイチエムピー・シアターカンパニー)、
  橋本浩明、条あけみ (あみゅーず・とらいあんぐる)



スペシャル企画「劇作バトル!」土田英生VS前川知大 終了しました
 前川知大の戯曲を、土田英夫が徹底解剖!

日程:11月27日(金) 19:00ー
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

    **会場が通常の月いちリーディングとは異なりますのでご注意ください



予約申込み
   ご予約案内 
 **ドラマリーディングを聞き、ディスカッションの場に加わることで、
  
戯曲ブラッシュアップにご協力ください。

戯曲応募 2016年度の戯曲募集につきましては、追ってご案内申し上げます
   応募要項  
 **ブラッシュアップを目指す戯曲をお送りください



【お問合せ/戯曲応募/予約申込み】
  日本劇作家協会 関西支部
  TEL:050−3690−6910
  MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
【最新情報】
  関西支部Facebook https://www.facebook.com/jpwakansai
【関西支部「月いちリーディング」担当委員】
  石原 燃 ごまのはえ 棚瀬美幸 田辺 剛 土田英生
  樋口ミユ 横山拓也  制作:秋津ねを
  **各回のコーディネイターとファシリテイターは、都合により変更になる場合がございます



参加予約

劇作家協会関西支部 (TEL:050−3690−6910 / MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)まで、
以下の事項をお知らせください。
 1. お名前/ふりがな
 2. ご連絡先
*メールでお申込みの場合は、件名を「リーディング予約」としてください。
*参加費は無料です。



戯曲応募要項

2016年度の戯曲募集につきましては、追ってご案内申し上げます
締切
 11月23日(日)必着
応募先
 劇作家協会関西支部 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 *データでご応募ください。(手書きの場合はお問合せください)
 必要データ
 戯曲=ファイルはWord形式
 作品の末尾に、下記の情報を添えてご応募ください。
 ・作品のあらすじ
 ・作者名
 ・作者プロフィール
 ・住所
 ・電話番号
 ・メールアドレス



<応募規定>

ご応募にあたっては、以下の応募規約を遵守してください。
規定から外れたものは選考対象外と致します。


 作者がブラッシュアップしたいと考えている作品であること
**リーディング発表ではなく、あくまでブラッシュアップのためのワークショップであることを、ご理解のうえご応募ください。

上演時間が1〜2時間程度の作品を対象とします。
すでに書籍あるいは雑誌に発表された作品、上演契約期間中の作品のご応募はお控えください。
必ずしも最も完成度が高い作品を取り上げるわけではなく、劇作家育成の趣旨に基づき、新人の作品・未発表作品・ブラッシュアップの価値がある作品を取り上げる場合がございます。
脚色作品は原作の著作権を確認のうえ、権利が切れていないものについては、作者側で処理のうえでご応募ください。
戯曲・小説・映画・音楽・アニメ・ゲーム等の先行知的創作物を使用している場合は、その作品名・著者名(著作権者名)・出版社名等をご明記ください。著作権処理が必要な場合は、作者側でお願い致します。
応募作の返却には応じかねます。あらかじめご了承ください。
取り上げる戯曲の作者には、遅くとも開催日の2週間前までにご連絡いたします。(その他の方への連絡は行なっていません)。



文化庁委託事業「平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁/一般社団法人日本劇作家協会
制作:一般社団法人日本劇作家協会 関西支部
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺



選出作の作者たち
月いちリーディングに寄せて




西 史夏    鈴木アツト    中川よしの    南出謙吾
月いちリーディングとは   東京・神奈川詳細  



 西 史夏
  それは<希望>のほかに思い当たる言葉はないのです
 

 2013年1月『林檎幻燈』
ゲスト:横内謙介、詩森ろば、早船聡
コーディネイター:篠原久美子 ファシリテイター:長谷基弘
出演:岩戸秀年(唐組)、甲津拓平(流山児★事務所)、河野洋一郎(南河内万歳一座)
   阪上善樹、清水泰子、中山マリ(燐光群)、日榮春華(オフィス薫)
   洪明花(ユニークポイント)、丸尾聡(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)、
   みやなおこ(演劇企画ユニットDONNA・DONNA)

 ── 書く意識の転換点となった日
 40歳の誕生日まで残すところ半年を切り、30代を振り返ってみると『林檎幻燈』という処女長編戯曲は、いつの間にか私にとって名刺代わりの代表作になっていました。「月いちリーディング」で取り上げていただいいたのが2012年1月、その成果も追い風となり、劇団太陽族によって2013年6月に上演されました。
 「月いち」で『林檎幻燈』が声に出して読まれたとき、頭の中でイメージしていた世界が目の前に現れた事に深い感動を覚えました。一方ディスカッションでは、自分が戯曲に込めた思いが案外人には伝わらないという事実を痛烈に感じ、その後「他者に手渡す」作劇を意識する転換点となりました。表現する人間と受け取る人間がいて、はじめて演劇という場が成立することを身をもって学んだのです。

 ── 出演者との出会い、観客との出会い
 この時の観客はそうそうたるメンバーでした。円城寺あやさん…西山水木さん…憧れの舞台女優がひしめきあっていました。そして、主役の少女役は関西を代表する女優の一人であるみやなおこさん。「月いち」での出会いが縁となり、円城寺さんには映画『ブーケ~a bouquet~』の主演を、みやさんには日本劇作家大会2014豊岡大会において、こうのとり短編戯曲賞受賞作『Bridge』の朗読をしていただくことになりました。「月いち」で私という作家を紹介していただいたことが、細々とではありますが、わらしべ長者的に現在の演劇活動につながっています。

 ── 書き続けるために立ち返る場所
 <生命的存在としての意味を問おうとする時には、その社会の枠をなくしてみなくてはならない>と太田省吾さんが書き残していますが、私といえば書き始めて6年経った今も、枠をなくすことができているのかいないのかわからぬまま、地味に戯曲を書き続けることしかできずにいます。
 カーテンを閉めきって、真っ暗闇のなか上演されるかどうかもわからない戯曲を書いていると、ふと「30代を棒に振ってしまったんじゃないか…」という思いに囚われる時があります。けれど、「月いちリーディング」とそこで出会った人たちを思い出すと、上演のチャンスが見えてきます。お客様が見えてきます。そして、また書き続ける勇気が出てきます。それは私にとって、<希望>のほかに思い当たる言葉はないのです。


リーディングフェスタ2015戯曲に乾杯!
短編戯曲リーディング+ブラッシュアップセッッションより

左から、山田裕幸、篠原久美子、土田英生、西史夏

  西 史夏 (にしふみか)

1975年生まれ、兵庫県伊丹市在住。大阪音楽大学演劇部劇団「調」出身。伊丹想流私塾第14期及びマスターコース5期・6期卒塾。日本劇作家協会会員、クオークの会会員。13年『a Bouquet~ブーケ~』で第6回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクールグランプリ受賞。14年『Bridge』で第1回こうのとり短編戯曲賞最優秀賞受賞、『ナイト・ウィズ・キャバレット』で第2回せんだい短編戯曲賞大賞受賞、『林檎幻燈』で第21回OMS戯曲賞最終候補。
<ブログ 椿座通信 http://ameblo.jp/24fumika/




 鈴木アツト
  ゲスト劇作家の言葉は、
  「人物」と「形式」に対するどでかい指標となっている


 2012年6月『グローバル・ベイビー・ファクトリー』
ゲスト:永井愛、谷賢一
コーディネイター:丸尾聡 ファシリテイター:山田浩幸
出演:赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)、IKKAN(テアトルエコー/オフィス怪人社)、
   枝元萌(ハイリンド)、大谷亮介、おーみまみ(アズリードカンパニー)、
   岡崎友範、帯金ゆかり、坂本鈴(劇団だるめしあん)、重田千穂子、
   西田夏奈子、宮本奈津美(味わい堂々)
 2013年6月『匂衣〜The blind and the dog〜』
ゲスト:松田正隆、黒沢世莉
コーディネイター:中津留章仁 ファシリテイター:夏井孝裕
出演:宇宙、鶴牧万里、寺本佳世(青年劇場)、広田豹(ブルバキプリュス)、
   丸本陽子(Dance Company MKMDC)、山田奈々子



 ── 戯曲の勉強は一人ではできない
 「戯曲は一人で書くもの。劇作家は(執筆の)孤独と向き合うべきだ。」確かにその通りだし、私も強くそれに同意するのだが、戯曲の勉強は一人でやらなくて もいい。いや、むしろ一人ではできない。今まで一本も戯曲を読まずして、戯曲を書いた劇作家がいるだろうか? 多くの先達たちの処女戯曲は、それ以前の戯曲読書というインプットがあればこそだろう。

 ── 作家としての矜恃
 月いちリーディングに、短期的な成果を期待してはいけない。戯曲のブラッシュアップ?たった2時間弱のディスカッションで戯曲がうまく書き直せれば苦労しねえよ。まあ、普段、出会わないようなベテランの俳優が、自分の戯曲を読んでくれるのは嬉しい。そういうミーハー的な喜びはあるけど、ブラッシュアップ効果はほとんどない。だって、ちょっと言われただけで、簡単に戯曲を変えてしまったら、あんたの作家魂はどこにあるの?ってことになるでしょ? けれど、それでも私は「月いちリーディング」をおすすめします。特に20代の若い劇作家に。

 ── 戯曲を書くための指針を得る月いち
 私が、月いちリーディングで得たものは、「おすすめの古典」でした。それは、終わった後の飲み会で、ゲストの劇作家がおすすめしてくれたんだけど、どういう聞き方をしたんだろう?影響を受けた戯曲とかありますか?とかって聞いたんだったかな? 永井愛さんは、ピンターの『夜遊び』を挙げられて、「平面的人物」を書いちゃいけない、「球体的人物」を書かなきゃいけないって言ってくださった。松田正隆さんの時は、メーテルリンクの『室内』『群盲』を挙げられて、「映画が生まれる直前ぐらいの時代の劇作家は、演劇でしかできないことを模索していた」みたいなことを言ってくださって、このお二人の言葉は、私の中で、「人物」と「形式」に対する、どでかい指標になっております。
 要は、「月いちリーディング」からは、ブラッシュアップだけでなく、書き続けるための「勉強方法」を学んでください。

鈴木アツト (すずきあつと)
1980年東京都生まれ。03年に劇団印象-indian elephant-を旗揚げ。10年より韓国演劇人との共同制作を開始し、その第一回目の作品である『匂衣〜The blind and the dog〜』で第10回AAF戯曲賞最終候補。同作品で12年に韓国の「密陽夏公演芸術祝祭」「居昌国際演劇祭」に招聘される。12年に『青鬼』で若手演出家コンクールの優秀賞・観客賞。同年に『グローバル・ベイビー・ファクトリー』で 第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。15年に国際交流基金のアジア・フェローシップでタイに2ヶ月間滞在。同9月より文化庁・新進芸術家海外研修制度でロンドンに1年間滞在予定。
<劇団印象-indian elephant- http://www.inzou.com




 中川よしの
  私の演劇人生のエポックメイキング


 2015年5月『中の人』
ゲスト:長田育恵、土田英生
コーディネイター:丸尾聡 ファシリテイター:瀬戸山美咲
出演:小山貴司(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)、
   佐藤みゆき、橘花梨、山口智恵


 ── 地域からの参加
 「なぜ人は演劇に魅了されるのか?」
 その答えに素手で触れた一日になった。2015年5月30日土曜日、「月いちリーディング」に長野県長野市から“作者”として参加した。始まる前は「立ち直れないほど酷評されるかも」と不安だった。だが蓋を開けてみたら、それはこの上ない幸福な時間となった。

 ── 贅沢なリーディング、踏み込んだディスカッション
 まず応募作『中の人』のリーディングをしていただいたのだが、演じることのプロである出演者の皆さんによって、声になり言葉になったことに鳥肌が立った。高水準のリーディングだったから、逆に自分の戯曲の未熟さにも気が付けた。
 その後、休憩を挟んでディスカッション。当たり障りのない感想ではなく一歩踏み込んだコメントばかりで、さらには技術的なアドバイスももらえた。私のように生き辛さを感じている人間が書くネガティブな作品でも、演劇にはそれを受け入れる器があるという言葉にはハッとしてグッときた。
 この催しに応募してよかったのは純粋に「演劇が好きだ!」という熱意ある人たちにフラットな立場で助言をもらえたことだろう。長野に限らず地方の演劇界には良い意味でも悪い意味でも“馴れ合い”があると思う。だがこの「月いちリーディング」にはそういうものが一切関係のなく、“外の人”からの忌憚のない意見を聞けて、大切な財産となった。

 ── 立場を超えて存分に演劇を語れる場所
 戯曲を書くことは孤独だ。心が折れそうになることもあるが、それでも書き続けようと決意した。あの場に集まった人たちは演劇に夢中で素敵だなと感じ、そんな人のそばにいたいし、そんな人と関わり続けたいと思ったから。交流会という名の飲み会にも参加させていただいたが、嬉々として演劇について語る姿を見てその思いは強くなるばかりだった。
 貴重な出逢いをくださった関係者の方々に大いに感謝する。勇気を出して応募して本当に良かった。私の演劇人生のエポックメイキング的な日になったことに間違いはない。

  中川よしの (なかがわよしの)
1975年、石川県生まれ長野県育ち。躁鬱病のため就労支援施設に通いながら社会復帰を目指す。2008年から2009年に4本の作品で役者を経験後、戯曲に興味を持つ。2011年度劇作家協会新人戯曲賞に応募し『クビナツ』で1次選考通過。そのほかの作品に『気が狂いそうなほどの赤。』、『27の誰』など。長野市のアートスペース『ネオンホール』のブログで『週刊中川よしのの400字』という掌編小説を連載。現在、妻や娘、猫と長野市に暮らす。
<週刊中川よしのの400字 http://www.neonhall.com/blog/400/



 南出謙吾
  高い目標、貪欲さを持っていけば、
  それに答えてくれるエネルギーがこの場にはあります


 2014年1月『終わってないし』
ゲスト:松本修、長田育恵
コーディネイター:石原燃 ファシリテイター:丸尾聡
出演:岡森諦(扉座)、多根周作(ハイリンド)、西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
   舞山裕子(劇団昴)、横澤有紀(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
 2015年6月『ずぶ濡れのハト』
ゲスト:桑原裕子、前川知大
コーディネイター:中津留章仁 ファシリテイター:長谷基弘
出演:板倉哲(青年劇場)、枝元萌(ハイリンド)、小野寺ずる(◽︎字ック)、
   佐藤達(桃唄309)、志水衿子(ろりえ)、高橋洋介(TRASHMASTERS)、
   竹田まどか、森尾舞(俳優座)、ゆかわたかし(昭和芸能舎)




── 職場で「月いち形式」のディスカッション!?
 これまでに二度、月いちリーディングに作品を取り上げていただきました。そのどちらもが、取り上げていただいた戯曲にとっても、劇作家としての自分自身にとっても、明確に潮目を変える一日となりました。あまりに衝撃的なので、勝手に自分でこっそり月いちリーディングを企画してしまおうかと思う位です(いいのでしょうか・・・)。実はすでに職場で「戯曲」ではなく「組織運営の戦略戦術」なんて大げさなものを題材にして、類似のことをやってしまいました。いやこれ、とても好評だったんです。

── ゲストや参加者の意見を、自分で整理整頓していけば…
 答えが一つではない、人によって受け取り方が違う、好みも違う。そういう類の題材だからこそ、こういった研鑽の場が必要とされ、生まれたんだと思います。自分が掲げた課題について、熟練のゲストから初めての参加者という幅広いいくつもの脳みそが、一緒に考えアイデアをだしていくのです。もちろん、的外れだと思ってしまうものや、受け入れ難いと思ってしまうものもありましたし、理想論だと思ってしまうものもあります。それでも、それらを紡ぎ合わせ整理整頓することで、自分の強みに自覚的になり、自分の弱みの乗り越え方のヒントを手に入れることができました。「自分の」というのは、「戯曲」と「劇作家としての自分」の両方です。

── 目的意識を明確にもって臨むべき「月いち」
 ぜひ、月いちリーディングを体験して欲しい。大切なのは、目的意識を明確に持っておくことだと思います。高い目標、貪欲さを持っていけば、それに答えてくれるエネルギーが、月いちリーディングの場にはあります。上演をしたことのない劇作家でも、戯曲賞の受賞経験のある劇作家でも関係ななく、戯曲や劇作家の、さらなる魅力を引き出すきっかけになるはずです。

── ここから上演へ!
 また、月いちの場を通して、多くの俳優や劇作家をはじめとるする演劇関係の方々や、観客と出合えること、自分の文体を体験して頂けたことも、ブラッシュアップの成果とまったく同じく、月いちリーディングを通して得られる宝となりました。上演に向けての協力者が名乗りを上げてくれたりもしました。私はこれで東京での上演への道筋を立てることができたのです。

  南出謙吾 (みなみでけんご)
1974 年、石川県生まれ。99年に大阪に移り「劇団りゃんめんにゅーろん」に所属し、2002年より座長。04年以降は脚本・演出も手がける。08年『カラベラの踊る夜に』で大阪春の演劇祭り主演男優賞。同年『みそ味の夜空と』でOMS戯曲賞最終候補。『ちゃんとした夕暮れ』は、10年の第AAF戯曲賞と11年のOMS戯曲賞の最終候補となる12年『終わってないし』でAAF戯曲賞最終候補。13年の東京転勤に伴い劇団活動を休止。15年、東京を新たな拠点として「らまのだ」を立ち上げ。伊丹想流私塾マスターコース修了。戯曲セミナー修了。
< らまのだ https://lamanoda.amebaownd.com

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2020年度のプログラム公演


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽ 10月7日(水)〜11日(日)
青年団プロデュース
『馬留徳三郎の一日』
作:髙山さなえ 演出:平田オリザ

▽ 10月28日(水)〜11月3日(日)
iaku
『The last night recipe』
作・演出= 横山拓也

▽ 11月13日(金)〜22日(日)
燐光群
『拝啓天皇陛下様 前略総理大臣様』
原作= 棟田 博
作・演出= 坂手洋二

▽ 12月2日(水)〜6日(日)
メメントC +「太平洋食堂を上演する会」
『太平洋食堂』『彼の僧の娘』

アピール・決議

  • これまでのアピール等 +

    日本劇作家協会発表のアピール 2019年12月15日付 続きを読む...
  • 日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同について +

    日本映像職能連合加盟8団体「自由な創作表現活動に関する要求書」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて +

    「文化庁『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付に対する抗議文」への賛同ついて 一般社団法人 続きを読む...
  • 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら 「表現の不自由展・その後」の展示中止についての緊急アピール 続きを読む...
  • あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール +

    ⇒ アピールのPDFはこちら あらためて「共謀罪」廃案を求める表現者のアピール 続きを読む...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

Facebook