第28回劇作家協会新人戯曲賞

佳作決定!
新人戯曲賞は該当作なし。佳作を選出。
選評は12月中旬目処で掲載します

 

若手劇作家応援プラン!

受付中!
プロを目指す若手劇作家を対象に、一定期間の年会費を免除する制度です
ぜひご入会をご検討ください

 

2024年度「日本劇作家協会プログラム」募集

募集案内
座・高円寺で2024年度に上演する会員提案企画を募集中です!

 

リーディングフェスタ2022

短編戯曲募集!
【締切】10月30日(日)
【リーデイング出演】
安藤理樹 おぐりまさこ (空宙空地) 西山水木
福井 夏 (柿食う客) 山田百次 (ホエイ)

 

劇作家協会公開講座2022年夏

戯曲から始まるアクセシビリティ
催しは終了しました
アーカイブ公開については追ってご案内いたします

長編戯曲の改稿講座

関西支部運営企画
受講生の募集は締め切りました

 

戯曲デジタルアーカイブ

550以上のタイトルが揃った戯曲の図書館(別サイト)


戯曲デジタルアーカイブとは (当サイト内)

 

月いちリーディング

趣旨・概要・プロモーションビデオ
俳優によるリーディングと、ゲストたちとのディスカッションにより、戯曲改稿のヒントを探るワークショップです。支部運営も含め、居住地にかかわらずどこからでもご応募いただけます。

2年分のアーカイブ(YouTube)

◎ リーディングWG

リーディングWG

【23年1月28日】オンライン
沖縄支部と共同開催
ゲスト:中屋敷法仁 +1名

【23年1月28日】オンライン
戯曲募集中!締切は追ってご案内します

◎ 東北支部
東北支部FB

関西支部
関西支部FB
【2023/1/28(土)】大阪市内
戯曲募集中!

◎ 九州支部
九州支部FB

 

演劇緊急支援プロジェクト

ハラスメント対応

基本要綱と申告用のチャート
 
会員意見募集中→募集期間終了
ハラスメント防止ガイドライン(案)

 

演劇の創造現場からあらゆるハラスメントや性加害をなくしていくために私たちは発言し行動します

2022年5月13日付け発表

 

ロシアによるウクライナ侵攻に対する反対声明

2022年3月4日付け発表

AICT「ロシア軍によるウクライナ侵攻に際して」への賛同について

2022年3月7日付け賛同

 

会報『ト書き』

67号と68号の、全ページ閲覧/ダウンロードが可能です

 

劇作家協会のナカミ

インタビュー公開中!
劇作家協会の活動を紹介するインタビュー企画
公開中!
Vol.1 広報部
Vol.2 コロナ対策室
Vol.3 法務部
Vol.4 ハラスメント対策検討委員会
Vol.5 リーディング部
Vol.6 教育部

 

劇作家が知らなければいけない「著作権」の話

会報「ト書き」より、福井健策氏連載のバックナンバー公開!

 


 第25回 鶴屋南北戯曲賞

2021年を対象とする第25回鶴屋南北戯曲賞は、第1次審査でノミネートされた5作品を対象に、2022年1月18日に第2次選考会が開催され、受賞作が決定しました。

受賞作

 岡田利規 『未練の幽霊と怪物 ―「挫波」「敦賀」―』


    正賞=シエラザード像/副賞=200万円
    贈呈式は2022年3月23日(水)を予定しています。

   主催:一般財団法人 光文文化財団 
   協力:一般社団法人 日本劇作家協会 


選考委員
 選考委員は現役の演劇記者にお願いしており、第25回は下記の各氏でした。
 山口宏子 (朝日新聞) 飯塚友子 (産経新聞) 中村正子 (時事通信) 内田洋一 (日経新聞)
 内野小百美 (報知新聞) 小玉祥子 (毎日新聞) 祐成秀樹 (読売新聞)  

ノミネート作品
 2021年12月17日の第1次選考会でノミネートされた作品は以下の通りです (上演順)

 古川 健  『帰還不能点』
 上田久美子 『桜嵐記』
 岡田利規  『未練の幽霊と怪物 ―「挫波」「敦賀」―』
 内藤裕子  『灯に佇む』
 横山拓也  『ジャンガリアン』



 鶴屋南北戯曲賞とは

 平成8年7月に光文社創立50周年を記念して発足した、財団法人 光文シエラザード文化財団(現在は一般財団法人 光文文化財団)は、財団活動の一環として日本演劇界の活性化を目指し、日本劇作家協会の協力を得て、鶴屋南北戯曲賞(通称南北賞と呼称)を設定した。
 戯曲に与えられる賞のうち、従来の岸田賞が文学の世界でいえば芥川賞的性格を持つのに対して、斬新な発想と大胆な筋書きによって、当時の江戸庶民に人気を博した4世鶴屋南北の名を冠した南北賞は、直木賞的性格を持つといってよいだろう。



南北賞は年間最優秀戯曲賞というべきもので、次の条件を満たす作品の中から選ばれます。
 1.その年の1月~12月に日本国内で上演された戯曲であること
 2.日本語で書かれた新作戯曲であること(作者の国籍は問わない)

 これまでの受賞作など  光文文化財団


 第20回 鶴屋南北戯曲賞


2016年を対象とする第20回鶴屋南北戯曲賞は、第1次審査でノミネートされた6作品を対象に、2017年1月27日に第2次選考会が開催され、受賞作は以下に決まりました。


受賞作

 蓬莱竜太『母と惑星について、および自転する女たちの記録』


    正賞=シエラザード像/副賞=200万円
    贈呈式は2017年3月23日(木)に帝国ホテルにて行なわれます。

   [主催] 一般財団法人 光文文化財団
   [協力] 一般社団法人 日本劇作家協会


選考委員
 選考委員は現役の演劇記者にお願いしており、第20回は、
  山口宏子(朝日新聞)、中村正子(時事通信)、林尚之(日刊スポーツ)、
  内田洋一(日経新聞)、内野小百美(報知新聞)、小玉祥子(毎日新聞)、
  杉山弘(読売新聞)  
 の各氏でした。

ノミネート作品
 2016年12月16日の第1次選考会でノミネートされた作品は以下の通りです (上演順)

  『夫婦』岩井秀人
  『同じ夢』 赤堀雅秋
  『嗚呼いま、だから愛。』蓬莱竜太
  『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』松尾スズキ
  『母と惑星について、および自転する女たちの記録』蓬莱竜太
  『insider-hedge2-』詩森ろば



 鶴屋南北戯曲賞とは

 平成8年7月に光文社創立50周年を記念して発足した、財団法人 光文シエラザード文化財団(現在は一般財団法人 光文文化財団)は、財団活動の一環として日本演劇界の活性化を目指し、日本劇作家協会の協力を得て、鶴屋南北戯曲賞(通称南北賞と呼称)を設定した。
 戯曲に与えられる賞のうち、従来の岸田賞が文学の世界でいえば芥川賞的性格を持つのに対して、斬新な発想と大胆な筋書きによって、当時の江戸庶民に人気を博した4世鶴屋南北の名を冠した南北賞は、直木賞的性格を持つといってよいだろう。

 南北賞は年間最優秀戯曲賞というべきもので、次の条件を満たす作品の中から選ばれます。
  1.その年の1月~12月に日本国内で上演された戯曲であること
  2.日本語で書かれた新作戯曲であること(作者の国籍は問わない)

 これまでの受賞作など  光文文化財団


 第21回 鶴屋南北戯曲賞


2017年を対象とする第21回鶴屋南北戯曲賞は、第1次審査でノミネートされた5作品を対象に、2018年1月23日に第2次選考会が開催され、受賞作は以下に決まりました。


受賞作

 岩松 了『薄い桃色のかたまり』


    正賞=シエラザード像/副賞=200万円
    贈呈式は2018年3月23日(金)に帝国ホテルにて行なわれます。

   主催:一般財団法人 光文文化財団 
   協力:一般社団法人 日本劇作家協会 


選考委員
 選考委員は現役の演劇記者にお願いしており、第21回は、
  山口宏子(朝日新聞)、中村正子(時事通信)、林尚之(日刊スポーツ)、
  内田洋一(日経新聞)、内野小百美(報知新聞)、小玉祥子(毎日新聞)、
  山内則史(読売新聞)  
 の各氏でした。

ノミネート作品
 2017年12月14日の第1次選考会でノミネートされた作品は以下の通りです (上演順)

  『食いしん坊万歳! 〜正岡子規青春狂詩曲〜』瀬戸口郁
  『60'sエレジー』      古川 健
  『アンネの日』    詩森ろば
  『薄い桃色のかたまり』岩松 了
  『鳩に水をやる』   ノゾエ征爾



 鶴屋南北戯曲賞とは

 平成8年7月に光文社創立50周年を記念して発足した、財団法人 光文シエラザード文化財団(現在は一般財団法人 光文文化財団)は、財団活動の一環として日本演劇界の活性化を目指し、日本劇作家協会の協力を得て、鶴屋南北戯曲賞(通称南北賞と呼称)を設定した。
 戯曲に与えられる賞のうち、従来の岸田賞が文学の世界でいえば芥川賞的性格を持つのに対して、斬新な発想と大胆な筋書きによって、当時の江戸庶民に人気を博した4世鶴屋南北の名を冠した南北賞は、直木賞的性格を持つといってよいだろう。

 南北賞は年間最優秀戯曲賞というべきもので、次の条件を満たす作品の中から選ばれます。
  1.その年の1月~12月に日本国内で上演された戯曲であること
  2.日本語で書かれた新作戯曲であること(作者の国籍は問わない)

 これまでの受賞作など  光文文化財団

サイト内検索

日本劇作家協会プログラム

2022年度のプログラム公演

新型コロナウイルス感染症の影響により、公演の実施状況が変更となる場合があります。
最新情報は座・高円寺のサイトでご確認ください。

▽2023年1月11日(水)〜15日(日)
劇団HOTSKY
『ほおずきの家』
作:釘本 光 演出:横内謙介

▽ 1月18日(水)〜22日(日)
演劇集団Ring-Bong
『さなぎになりたい子どもたち』
作:山谷典子 演出:藤井ごう

▽ 3月2日(木)〜12日(日)
OFFICE SHIKA PRODUCE
『ダリとガラ』
作・演出:丸尾丸一郎